里華の諦めていた足首の痛み(ここ10年くらいの古い怪我です)が

一回の治療で治って、しかも他の痛み(膝やハム)の原因が

この足首から来ていたということで、すっかり里華の10年越しの苦しみが

一気に消え去ってしまい、

昨日、私も意を決して名古屋の『いもとほねつぎに行ってきました。

はっきり言って異常に痛かったです。

私は里華とちがって痛みには弱いので、(お産は経験していますが・・・)

発狂寸前、失神寸前でした・・・。

正直、あまりの痛みに、大声でわめきながら、大笑い(狂ったように・・)してしまいました。

そしたら、そばにいた里華が「そうだよね、痛すぎて笑っちゃうよね~がんばって~」って・・・

治療が終わったら、治療室に置いてあったラケットを持たされて

「 外で振っておいで。」と、

何をどう振っても痛くない。

うそでしょ!

ありえない。

じゃ、この車のタイヤでもバックハンドで叩いてみよう。って

バンバン叩いてみたけど。

ちっとも痛くない。

治療院の駐車場でラケット振り回しながら、涙がボロボロでてきちゃったよ。


でも、信じられないよね。

膝が痛かったのも、肩も、この右肘も、

原因は右足のひとさし指と中指がねじれて機能していなかったからって・・・。

大男3人がかりで、押さえつけて私の足の指はねじられました。

そのほかにも、やまほど痛い治療がありました。

怪我が治らないで苦しんでいる方、是非行ってみましょう。

まぁ、大体お産と同じくらいの痛みです。

でも時間的には短いね。

私は、里華を産む時にはこれが52時間かかったんだから・・・。

強烈な陣痛がきてから52時間ですから、

最悪でした・・・。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・楽しいね~!ミックス!
2009年11月23日  [Web全体に公開]
・熱血・ど根性こころ。
2009年11月05日  [Web全体に公開]
【閲覧中】確かに産みの苦しみでした。
2009年10月24日  [Web全体に公開]
・残念でした。
2009年10月12日  [Web全体に公開]
・楽天ジャパンオープン
2009年10月04日  [Web全体に公開]

2件のコメント


  1. byタカアキ on 2009年10月25日 @3時49分

    リカママさんへ、

    おひさしぶりです。
    痛みがとれてよかったですね。
    里華さんも。

    日本は紅葉の季節かな?

    やっぱりテニスはなんといっても体とこころの
    バランスが一番大切ですよね。

    自分を試合中も「リラックス」させること。

    言葉で言うことは簡単ですが。

    里華さん、いままでいろんな痛みを抱えて
    試合されていたのは、つらかったでしょうね・・・

    痛みがあったり、体力が充分でないと
    折角いい感じで試合に入れても
    途中で、からだの切れがにぶくなって
    ボールがあまくなり、流れが変わったりよくする。

    小生はプロとしては試合する必要がないから、
    試合を一つ一つ、音楽の曲(歌)のように
    固有のながれがあって、わざとややひくとこも
    あったり、相手相手に合わせて、違う組み立てを
    して、試合のワームアップに直感的に相手が得意としないリズムを探ってみたり、それがこの相手にはWorkするかしないかをEnjoyしたりします。

    最初から自分のベストショットを振り出すのではなくて、リラックスして(でもひとつひとつのボールに最高の集中をはらい)、探ります。

    それでも、やっぱり体力がないと
    自分のやりたいことが、リラックスしてできなくなり、
    試合の山場で流れが変わったりする・・

    流れが変わりそうになったりする試合の
    山場は、やっぱり、その人のもってうまれた知力(Intelligence)と精神力(Hunger)と体力(体調も)が影響しますよね。おいこまれてもできるだけのリラックスをキープできるかどうか・・

    だから、やっぱり、追い込むトレーニングとかは
    大切なんだな~
    と思います。

    秋から来春にかけて
    よいことがありまうように
    お祈りします。

  2. byリカママ on 2009年11月5日 @18時51分

    タカアキさん、
    ありがとうございます。
    よいことがたくさんありますように!
    って、欲張りですかね。
    どうぞ、テニスライフうぃ満喫してください。

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。