錦織くん30位すごいですね☆


話は変わりますが先程テレビで私の好きな室伏選手が出ていたので

興味深く見ていたら すごく勉強になりました。

ご覧になった方も沢山いるかとは思いますし

ちょっとうまくまとめる自信も無いので私なりに理解した部分を。。


頭を使ってうまく体を使いこなす、そうすれば

体力的な衰えをカバーするどころかよりうまく

体を使ってハイパフォーマンスを発揮出来る。

私はまだ室伏選手のように体力的にやり尽くしたという

レベルまでいけていない だからこそ まだ伸びしろもある。

怪我をして学んだ事をいかし 怪我をしない動き方

無駄をなくし、力みを無くし、怪我を無くし

ハイパフォーマンスに結びつけていく為に

トレーニングに取り組む。






[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・台湾へ
2011年10月27日  [Web全体に公開]
・仲間
2011年10月25日  [Web全体に公開]
【閲覧中】進化
2011年10月18日  [Web全体に公開]
・強い風again
2011年10月16日  [Web全体に公開]
・風の強い日
2011年10月15日  [Web全体に公開]

4件のコメント


  1. bymaipp on 2011年10月19日 @0時18分

    すごく共感。。。あと、例えば大人になってからのスポーツには、パフォーマンスに自分らしさが出ると思うのです。
    それにしても素敵な写真☆

  2. by亀山 まさる on 2011年10月21日 @8時40分

    はじめまして。ブログ拝見して共感と言っては失礼ですが,プロの選手に対して。僕は47歳になるおじさんですが,まだまだ若い者には負けたくないとテニス頑張っていますが(負けばかりですが)体中が痛く接骨院通ってはテニスしています。ブログ拝見して、おじさんなりにいかに体に負担のかからない模範的なテニスを考えて行こうと思いました。
    藤原プロも体に気をつけて、テニス頑張ってください。
    応援しています!

  3. byたけぞう on 2011年10月23日 @22時28分

    何事も重要なのは自分に置き換えて考えてみることですよね。
    いい、いい、すごくいい、輝きが伝わってきますね。

  4. byピロミ on 2011年10月24日 @23時44分

    こんばんわ。いつもワクワクしながら楽しく拝聴してます。
    私は元アスリートです。
    パッと聞くと有り得ない様な話しですけど、実際あるんです。

    男子スケートの金メダリスト清水選手にしても、背筋の何番目を使っている
    何番目が疲れているっていうのが私も判りました。

    アスリートって華やかな文字ですが、孤独とか理解の連続ですけど
    顔をむけてる方向さえ間違いなければ絶対に良い結果出るはずです。

    経験積まれてる先輩の技を盗みながら、オリジナルに変化させ


ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。