あそこで感じる、熱い、寒い、冷たい、暖かいとは?

人間の皮膚の表面は、熱い、冷たい、痛い、触られたなどを感じる4種類の感覚点があります。
皮膚のこの4点は、それぞれで感じて、脳に伝令しています。
そのため、1度に、2ヶ所、3ヶ所から脳に伝えられる事もあります。

しかし、あそこの感覚分布を感じる点は、他と違います。

というのも、あそこの使い方が2つしかないからです。

使い方1:おしっこをする
使い方2:射精する

セックスする時、あそこがシアリス 通販勃起した状態と、おしっこをする時とでは、最大3倍ぐらい大きさに違いがあります。

小さくなっている時の感覚点は、勃起している時の感覚点と比べると3分の1ぐらいになります。
つまり、勃起時よりも小さくなっている時の方が、3倍感じるということです。

あそこは、他の肌と感覚点が違います。
亀頭以外の部分は、4つの感覚点があるのですが、かなり皮膚から深い場所にあります。

つまり、寒くなっても熱くなっても感じづらい、ということです。
鈍感なんですね。

小さくなっても、亀頭以外の部分を責められてもあまり感じないと思います。
フェラしてもらっても、感じなくないですか?

でも、小さくなっている時でも、亀頭をフェラしてもらうと感じるはずです。

ちなみに、威哥王早漏の人は、この亀頭が他の人よりも敏感に刺激を感じるからです。
あそこに炭酸水をかけると精力アップにつながる理由とは?

炭酸水

実際に、一度試して見てください。

想像するに、冷たそう!?

って思いませんか?

あとは、あのシュワシュワをどう感じるか・・・
やみつきになるかもしれません。。

実際にやってみると、亀頭に炭酸水がかかった瞬間、ビン!!と反応して、勃起します。

これを勃起反射と言います。

難しくいうと、あそこの血管が小さくなりやすくなっていたのが、勃起反射で予想外に拡張します。
これによって、血管がこじ開けられ、あそこの血管運動神経を鍛えることができます。

あと、性的な刺激をうけると、サイクリックGMPという物質が出来て、血管を拡張します。
これが拡張することで、勃起するのですが、これが阻害されると、勃起しにくくなります。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】あそこで感じる、熱い、寒い、冷たい、暖かいとは?
2017年04月15日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。