医学のうんちく/膣内射精障害
2013年3月22日
 自慰行為では射精できるのに女性の性器内だと射精できない――こんな症状を「膣内射精障害」と呼んでいます。

自慰ではイケるのに…。

 2012年、獨協(どっきょう)医科大学の研究チームは男性不妊患者549人のうち3%に当たる16人に膣内射精障害が認められることを報告しました。シアリス 通販その原因として1人でないと集中して射精ができないという心因性のほか、誤った自慰行為によるものが66%を占めました。

医学のうんちく/膣内射精障害

誤った自慰行為とは

 誤った自慰行為とは不適切な刺激方法によるものです。強く陰茎を握る自慰行為を繰り返していると通常の膣の刺激による圧力では弱すぎて射精できなくなります。一般男性が自慰行為の時に陰茎に与える握力が平均4・25キロなのに対し、膣内射精障害の男性は10キロ以上という報告もあります。
 
やりすぎも禁物です

 またエッチビデオやエロサイトで自慰行為を繰り返す生活を続けていると次第に現実と威哥王仮想現実(バーチャル)の世界がごちゃまぜになり、今そこにいる女性との性行為で快感を得ることが難しくなることもあります。

治療に「テンガ」も

 対処法としては、自慰行為に際しては手を強く握らないこと、パートナーの協力のもとで手や口を用いた射精をさせないこと、自慰行為をさせながらパートナーが上に乗る「マスターベーションまたがり性交法」などがあります。
 最近では、市販されている自慰行為補助具(テンガ)を用いた射精リハビリテーションという方法もあります。
 
性教育も再考の時代?

 心因性ならセックスカウンセリング治療が有効なことも。いずれにせよこれからの時代は思春期の性教育において、正しい自慰行為の指導や膣内射精障害の啓蒙(けいもう)が必要になるかもしれませんね。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】医学のうんちく/膣内射精障害
2017年04月19日  [Web全体に公開]
・自分一人で行うマスターベーションは
2017年04月19日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。