このたび、鷹木信悟選手が団体との契約期間が満了となる2018107日もってドラゴンゲートを卒業し、フリーとして活動していくこととなりました。
この場をお借りしてファンの皆様、関係者の皆様へご報告申し上げます。
========================
【鷹木信悟選手より】


この度、私、鷹木信悟はドラゴンゲートを離れ、今後フリーとして活動していくことを決意致しました。

以前より、ドラゴンゲートという枠に捉われず、プロレスラーとして国内はもとより世界中のレスラーたちと自由に闘っていける環境に憧れを抱いており、数年前よりこの夢の実現のため会社とも相談を重ねてきましたが、今年4月までの旧体制のドラゴンゲートではどうしてもこの夢が叶うことはありませんでした。しかしながら、この度の新体制となったことにより、7月の神戸ワールド記念ホール大会の後に改めて申し入れた結果、私の意思を尊重していただき、団体との契約が満了となる107日を持ってフリーとさせていただくこととなりました。木戸社長を始め、自身の我儘を受け入れてくれたドラゴンゲートの仲間たちに心から感謝しています。

107日の博多大会がドラゴンゲート所属として最後の試合となりますが、思えば私がデビューしたのが2004年のちょうど10月に開催された博多大会でした。これも何かの因果を感じます。

もちろんフリーである以上、ドラゴンゲートと決別するわけではなく、機会があればいつでもこのリングに戻って来たいと思っています。成長著しい今の若い選手たちが更に成長を遂げた時に迎え撃つのは私自身の楽しみでもあります。

なお、現在所属するアンチアスに関しては、新ユニットとして生まれ変わると発表された924日の大田区総合体育館大会以降は、これと距離を置いてユニット無所属となり、ファンの皆さんに喜んでもらえるようなカードの提供に貢献が出来たらと考えています。

ドラゴンゲートの所属として闘う107日までの約1ヶ月間は、精一杯ドラゴンゲートの鷹木信悟として大暴れすることでファンの皆さんに恩返ししたいと思います。

今後とも、鷹木信悟、そしてドラゴンゲートを宜しくお願い致します。
==========================
【株式会社ドラゴンゲートエンターテイメント 代表取締役 木戸亨より】

本人の言葉のとおり、数年前よりフリーとして活動の場を求める旨の申し入れがありました。4月までの旧体制においては彼の希望を叶えてあげることは非常に困難な状況でしたが、皆様もご存じのとおり現在の株式会社ドラゴンゲートエンターテイメントの新体制となった今、ようやく彼の意志を尊重し、背中を押してあげられることとなりました。

鷹木選手のこれまでのドラゴンゲートでの活躍や貢献を鑑みても、我々は当然ながら快く送り出してあげるべきだと考えます。同じドラゴンゲートの出身者として現在海外で大活躍している戸澤陽選手のように、鷹木選手もまた様々なリングで活躍してくれることを期待しています。

関係者の皆様、ファンの皆様も、鷹木選手へ今後も変わらぬ応援をいただけますよう、心よりお願い申し上げます。



[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・今後の外国人選手参戦スケジュール情報
2018年09月08日  [Web全体に公開]
・9.7 横浜大会 直前情報
2018年09月07日  [Web全体に公開]
【閲覧中】鷹木信悟選手がフリー転向へ
2018年09月07日  [Web全体に公開]
・今後の主要大会 決定分対戦カード情報
2018年09月07日  [Web全体に公開]