あ〜あせっかく同点に追いついたと思ったら・・・

 坂本選手に勝ち越し2点タイムリーヒットを打たれ

 鈴木選手にライト線タイムリー3ベースヒットを打たれ4点も勝ち越されちまった〜

 鈴木選手、高橋由伸選手、阿部選手に打たれたHR這いずれもストレート?

 鈴木選手に打たれた3ベースヒットもストレート?

 球威が無い投手の悲しさが現れとるね。

 あ〜あ涙
[Web全体に公開]
| この記事のURL

 がんばれ!スワローズで応援実況するよ

 ふるって参加してください
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 これを悪循環と言わずして、何を悪循環と言うんだむかっ(怒り)

 折角打線が繋がり、1回表ジャイアンツ内海投手の立ち上がりを攻め5得点したというのに・・・

 昨日の試合の最大のポイントは?

 と、尋ねられれば

 1回・立ち上がり・試合の先頭バッター鈴木選手ですよ。

 5点も先取得点も貰った。

 普通にやっていれば、勝ち星が転がり込んでくる試合ですよ。

 でも、その普通が出来ないと転がり込んでこない。

 普通が出来なくなる要素に、先頭バッターをアウトに出来るか否かというのが大部分を占めてくる。

 それが昨日の試合では、出来なかったばっかりに涙

 昨日のダグラス投手の出来は悪かった。

 ストレートの走り、キレ、変化球、コントロール全てがダメでした。

 ニッポン放送で解説をしていた達川光男氏も『あ〜今日のダグラスは良くないですね〜。これはジャイアンツにもチャンスが・・・。まだ試合は分かりませんよ・・・。』と言った矢先に、小笠原選手のタイムリーヒット&ラミレス選手の2ランHRが涙

 それに、押本投手の出来もね〜

 1、2球投げた段階で、、こりゃやられるな!と、思いましたよ。

 ストレートの走りが、前半戦に比べてまるでない。

 変化球も、スライダーとフォークボールしか持ち合わせていない。

 これは・・・と思っていたら、まさか脇谷選手にHRを打たれるとは・・・

 しかも2アウトから

 良くない上に、油断だね

 俺もまさか!

 と、思った位だからね

 と同時に、左のリリーフ投手がいれば・・・と思いました。

 あの場面、ある程度ストライクが入って、変則モーションの左投手がいればその投手を起用し・・・

 と言う事もあったのでしょうが(でも、代打大道選手が起用されたとは思いますがね)

 それに、良くない押本投手を2イニング目も投げさせたのかは疑問符が残るけれど、

 それもチーム事情なんだろうな

 問題なのは、7回裏7−8ジャイアンツ1点リードで、1アウト2、3塁バッター代打谷選手の場面で、荒木投手コーチはマウンドへ行き何を言ったのか?

 それが問題だ?

 『歩かせろ?ボールカウントが悪くなったら・・・?勝負しろ?初球はボールにしてから?・・・』どういった指示をしたかは分からないけど、一番ダメなのは、初球をボールにしてから・・・と言うのが一番ダメ!

 理由は、何れストライクを投げなければダメだからだ!

 初球ボール球を投げボール。
 
 ボールカウント0−1からの2球目を・・・レフトスタンドへ運ばれ・・・

 なぜ、初球をボールにしてから・・・が一番ダメなのか?

 と言うと、勝負するにしても歩かすにしても、ボールカウントが悪くなったらにしても、初球をボールにしてから・・・が一番中途半端だからだ!

 ボールカウントが悪くなったら歩かすと言うのも中途半端だけど、まだフォアボールで・・・と言う逃げ道がある。

 しかし、初球はボールにして・・・となると、その逃げ道さえもない。

 勝負しろと言うのも、思い切って打たれたのなら仕方ない。

 思い切って勝負しにいった結果が、フォアボールであったり、HRを打たれてしまっても、ベンチの指示・監督・コーチの指示なのだから・・・と言う逃げ道がある。

 歩かせろと言うのも、次のバッターで勝負・・・。

 谷選手よりは、下のレベルにある選手か調子が悪い選手。

 昨日のあの場面であれば、坂本選手。

 彼には悪いけど、谷選手よりはレベルが下にある選手だ!

 一体あの場面で荒木コーチが何を言ったのか?

 『初球をボールにして・・・とか、HRを気をつけるとか・・・』

 逃げ道を無くしたり、マイナス思考へと走らせる指示・アドバイスをしたとしたら問題だ!

 何時も思うんだけど、荒木コーチが出るタイミングが悪いように思うんだな〜

 出るタイミングが遅い場合が多い!

 かと、思えば何でこの場面で出てくるの?

 と言う場面も・・・。

 高田監督の采配は支持するけど、荒木投手コーチは・・・

 荒木投手コーチの指導力に疑問を持ちますね。

 ライオンズ時代の評判も良くないし、

 彼が発掘した?

 と言うか、育てた投手がいたでしょうか?

 見出した投手がいたでしょうか?

 そりゃ、スカウトの力量が一番ですが・・・

 私の中では、かなりの割合で荒木投手コーチの指導力に疑問を持っています。

 あ〜今日は何が何でも勝ってくれよ〜

 頼むからさ〜
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 3試合連続1回に失点し

 3試合連続2〜8回までは、無得点に抑え

 3試合連続サヨナラ負け

 オイ!お前ら

 ちり紙交換じゃないんだから

 3試合連続サヨナラ負け

 しかも2試合続けて押し出しフォアボールはなかろう

 3連戦で唯一違ったといえば、昨日の試合は4−2とリードして勝ちパターンで林昌勇投手が登板しながら・・・

 昨日の林昌勇投手は良くなかったね。

 テレビのスポーツニュースを見ていたけど、腕が下がっていて、何時もより腕の振りが鈍く、ストレートの走り・キレ・変化球・コントロール全てが悪かった。

 あれじゃ〜やられて当然だね

 先週の土曜日依頼の登板だから、中4日

 リリーフ投手としては空き過ぎたね

 その辺が影響したかな?

 それにしても・・・

 昨日の負けは痛すぎる

 あ〜やっぱり・・・

 クライマックスシリーズ進出なんて

 欲をかいたばっかりに・・・

 先取得点を挙げたのに・・・

 すぐさま今岡選手に同点2ランHRを打たれた石川投手にも責任の一端はあると思いますよ

 結局この3連戦

 昨シーズンのスワローズ負けパターンそのものでした

 相手に先取得点を与える

 1回に失点する(立ち上がりに失点する)

 何とか打線が奮起し、同点或いは逆転するも

 終盤リリーフ投手が打ち込まれ、

 7〜9回の間に逆転され負け涙

 優勝しようとしているチームとクライマックスシリーズを狙おうとしているチームの差

 成熟したチームと発展途上チームとの差

 それが出てしまったね

 一部で高田監督の采配云々をしている人がいるけど

 それは違うと思う

 HRを打てるバッターがいない

 ここぞと言う時に、期待に応えられるだけのバッターがいない

 チームの雰囲気が悪い時・イマイチの時、快刀乱麻のピッチングを見せる先発投手が見当たらない

 無い無いずくしだ

 あの戦力で、今日までクライマックスシリーズ進出という夢を見せてくれただけでも良しとしなくちゃいけない。

 どう考えたって、あの戦力で優勝しろ!と要求する方が間違っているし、今シーズンは若手選手の底上げのシーズンだったのは分かっていたはずだ!

 問題なのは、HRを打てる選手を補強してこなかった球団フロント・編成に問題がある。

 リグス選手もガイエル選手もまともに働かなかった。

 であれば、新たな外国人選手を補強・・・長打の打てるバッターを・HRを打てるバッターを・・・と言う事になるけど、補強したのは中途半端に打てる野手と先発投手だからな〜。

 先発投手は良いにしても、中途半端に打てる選手は獲得する必要は無かった。

 足の速い選手・中途半端に撃てる選手ではなく、多少のリスクを背負ってしまうとはいえども長打の打てる選手・HRを打てる選手を補強してほしかったですね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 アハハアハハハ

 笑わせてくれるぜ!

 あそこまで酷いとはな

 15安打で四死球7個も頂いて、得点が僅かに3点

 残塁が15個

 タイガースも12個の残塁と、似たり寄ったりだけど

 酷過ぎて

 頭に血が上り・・・

 と言うよりも、上がりっぱなしで、あれ以上上がってしまうと

 プツンと、脳の血管が切れてしまいそうで

 それを誤魔化す為に、笑うしかないはむかっ(怒り)

 タイガースに、プレゼントしてやったね白星を

 だから言っただろう

 対ジャイアンツ戦8連敗中の時に

 相手に先取得点を与えてはならない

 昨日の試合もそうでした。

 実力が無いのだから

 実力が有ったら、あんな無様な試合はしません

 あまりにも打て無さ過ぎです。

 長打を打てるバッターがいません。

 HRを打てるバッターがいません。

 昨日、ラジオで解説をしていた板東英二氏までもが『こんなチームの監督はやりません。堪らんもの・・・。』と発言されてしまうほど酷い試合内容でした。

 思い出すな〜

 スワローズとタイガースが、デッドーヒートの優勝争いをしていた平成4年(1992年)9月11日、つまり16年前の今日甲子園球場で行われたタイガース対スワローズ18回戦は、昨日の試合とウリ2つの試合展開でした。

 しかも、両チームが昨日のスワローズみたいな拙攻を繰り返す試合展開で、9回裏例の八木選手のHRか否かで37分間試合が中断すると言う大トラブルまで発生し、終わってみれば延長15回3−3の引き分けに終わった試合を思い出しましたよ。

 試合時間はなんと、6時間26分!

 試合開始が11日午後6時で、終了したのが翌12日午前0時26分と言う長さ!

 当時ラジオでその試合を聴いていたけれど、疲れてへたり込んでしまったのを思い出しましたよ。

 実況の朝日放送武周雄アナウンサーが『今日の試合は歴史に残る試合になるかもしれません!』と、絶叫し9回裏のタイガースの攻撃を終え、延長戦・CMに雪崩れ込んだ時には、何をオーバーな事を言って・・・と思っていたら、ニュースステーションのキャスターを務めていた久米宏氏も『何をそこまでオーバーに・・・』と、CMの前に言っていましたっけね!(ラジオ聴いていたんだ久米宏も)
 だから余計に疲れがドット・・・。

 もう2度とこんな試合は勘弁してほしい。

 疲れる・疲れるだけじゃないむかっ(怒り)

 本当に勘弁してほしい

 高田監督の心中お察しいたします
[Web全体に公開]
| この記事のURL

42件中 26~30件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>