ま〜ラッキーな勝ち方といえば、そりゃ確かに・・・

 8安打3得点残塁10と聞くと相変わらず繋がらない打線・あと1本が出ない打線というのには変わりは無いけれど、何せ青木選手&宮本選手がいない打線なのですから、得点能力が下がっても仕方が無いと思うのです。

 やっぱり昨日の試合の勝因は、勝ち投手にはなれなかったけど先発川島投手の好投でしょううれしい顔

 7イニングを投げ被安打5、無四球、奪三振4、失点1で勝ち投手の権利を得て押本投手にマウンドを譲った。

 その押本投手が、相川選手にHRを打たれ同点にされて勝ち投手の権利を消失あせあせ(飛び散る汗)

 個人的に思うんですかど、最近押本投手は不調・登板する度に打たれている、失点している様な気がします。

 やはり前半戦酷使されたツケ・疲れが溜まってきているのが理由ではないでしょうか?

 押本投手というのは、どちらかというとコントロールがアバウトな感じがする投手で、ストレートの速さとフォークボール或いはスライダーで打者を打ち取る・三振に斬って取る投手だと思うので、ストレートの速さが無くなってくると打ち取る・打者をアウトにするのは容易ではないと思います。

 最近の押本投手を見ていると、春先に比べてストレートの速さが無くなってきている様に思えて仕方がありません。
 
 となると、必然的にコントロールがあまり無い・アバウトな押本投手の場合、打たれてしまう・失点してしまう可能性が高いように思えるのです。

 高田監督の投手起用を見ていると、先発投手が6回まで投げた場合は、7回松岡投手・8回押本投手・9回林昌勇投手と言う様に、イニングで投手起用を固定化・拘り過ぎている様な気がします。

 北京オリンピック期間中は、青木選手&宮本選手がいません。

 となると、青木選手&宮本選手がいても得点能力が低いのに、今その2人がいない!

 にも拘らず、不調なリリーフ投手を起用して失点を重ねてしまっては、致命傷になりかねません。

 どうか高田監督、北京オリンピック期間中は柔軟な投手起用・継投をお願いしたいのですが・・・。

 だけど、この冒頭のラッキーな勝ち方と言えば勝ち越し点もね〜うれしい顔

 相手ベイスターズ寺原投手のワイルドピッチによるもの。

 相手の自滅ですよ!

 そこに至るには、飯原選手の好走塁が有ったようですが、高田監督が目指す足を使った野球・機動力野球で勝利をもたらしたと言う事にしておきましょううれしい顔

 だけど、10回裏1アウト1塁バッター相川選手の場面の送りバントは助かったな。

 1塁走者は、俊足の石井琢朗選手。

 ボールカウントによっては、ヒットエンドランや石井選手の足・能力を持ってすれば盗塁も十分考えられたし、相川選手は前の打席でHRを打っている選手。

 ベイスターズ大矢監督の采配に助かられた?

 とは言わないまでも・・・。


 兎に角昨日の勝利は、ラッキーでした。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 あ〜なんてこった〜

 柔ちゃんは金メダルを逃して銅メダルに終わるし

 サッカーなでしこJAPANもバレーボールも水泳も全部ダメやん

 挙句が、星野JAPANの壮行試合ですよ

 1つのミスプレーをきっかけに10失点ですよ

 1イニングにですよむかっ(怒り)

 そりゃ確かに、川上投手の出来がイマイチだった

 悪かったとはいえですよ

 1イニング10失点とは・・・(川上投手は、9失点で自責点は5。残りの1失点は、田中投手。)

 しかも1アウトも取れずに・・・

 1つのミスプレーというのは、セリーグ選抜平野選手のバントヒットを狙った打球を素早く処理したセカンド西岡選手の送球が、悪送球になってしまったのがきっかけでした。

 国際大会の様な・日本シリーズやクライマックスシリーズ・首位攻防戦等の所謂伸るか反るかの大試合では、1つのプレーが・ミスがこんな結果を招いてしまうのか!

 というのをマザマザと見せられてきましたが、昨日の壮行試合はまさにそういう試合でした。

 星野監督は、試合終了後ファンの前に挨拶をし『北京では、こんな無様な試合をしません・・・』と言っていましたが、正直不安ですね。

 あの西岡選手のプレーは、雑と言われても仕方がありません。

 急造のセカンドだと言うのは百も承知です。

 しかし、あれはいただけないプレーです。

 星野JAPANのメンバーの中には、荒木選手も選ばれています。

 あのプレーを見せつけられると・・・。

 そう言えば、ドラゴンズの落合監督が先日こんな事を言っていたそうです。

 『どうして、日本一のセカンド荒木を使わないんだ!使わないのなら出さなきゃ良かった!』と話されたそうです。

 私もその意見に賛成ですね。

 いくら機動力を使いたい。

 西岡選手の足が魅力的・足を絡めた攻撃を仕掛けたいとは言っても・・・。

 てな訳で、あくまでも私個人的理想星野JAPAN先発オーダーを作ってみました。

 8 青木
 4 荒木
 9 稲葉
 3 新井
 D 村田
 5 森野
 7 GG佐藤 
 2 阿部&里崎
 6 川崎
 P ダルビッシュ

 で、如何でしょうか?

 なんと言っても初戦のキューバ戦

 この試合は、このオーダーで行ってほしいですね。

 捕手は、阿部選手で行くのか里崎選手で行くのか甲乙つけ難いですね。

 正直不安が残る壮行試合でしたね。

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 これでいいのだ!

 あ〜先日漫画家の赤塚不二夫さんが亡くなられたから?

 いえいえ、昨日我らがスワローズの高卒ルーキー由規投手が、ジャイアンツ球場で行われたイースタンリーグ対ジャイアンツ戦に先発登板しました。

 6イニングを投げ、被安打7、失点&自責点4という結果に終わり敗戦投手になりました。

 ま〜これで当分1軍昇格は無さそうですね。

 立ち上がりに4連打され、失点を重ねたものの3回以降は抑えていたみたいだね。

 その証拠に試合中盤には、149キロの速球を投げ込んでいたとか・・・。

 でも、立ち上がり捕まってしまった理由は、1軍昇格がかかっていた為力んでしまったのが真相のようだ。

 この前このブログに書いたとおり、彼を1軍に昇格させるのはまだ早い。

 今シーズンは、2軍・イースタンリーグで修行を積ませるべきで、下手に・中途半端な形で1軍に昇格させれば、折角良い素質を持った選手が開花させる事無く終わってしまうと思うからです。

 それは、高井投手(まだ現役だけど)が英才教育の名の基に、彼がルーキーの年にしかも4月にチーム事情・英才教育という名の基に、1軍に昇格させたら・・・。

 御存知の様に、泣かず飛ばずの中途半端な選手に・・・涙

 彼の様な前例があるのですから、由規投手はじっくり育ててほしいです。

 今シーズンは、2軍でしっかりとプロ野球選手の体作りに専念してもらいたいです。

 彼に対する期待は、私を含めるスワローズファンのみならず、スワローズ球団や球界全体が期待しているのですから尚更です。

 ちゃんと育ててくれよ!スワローズの2軍の首脳陣達!

 お願いしますよ!本当に

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
はぁ〜貧打で負けました(_´Д`)ノ~~

痛いねぇ!スミ1かぁ

8安打で得点は、僅かに1点では…。

先発館山投手が、7イニングを投げ2失点の好投も報われず、負け投手に(T_T)/~

やっぱり、福川選手のリードを触れなくちゃいけませんねぇ!

1‐1の同点で迎えた7回表1アウト走者無しバッターデラロサ選手の場面で、インコースのシュートをレフトスタンドにHRを打たれ場面の配球は、“疑問符”をつけざるを得ない。

理由は、今日の試合の過去の打席において、アウトコースのスライダーに全くタイミングが合っていなかった事とHRを打たれない配球を考えれば、アウトコースの出し入れで良かった・充分だったのに…。

裏を書いた?意表を突いた?見せ球?

何れにしても、HRを打たれては“いけない場面”だった事に間違いない場面で、『“ボール球”を投げる“つもり”だった。』等という、“つもり”という言葉が多く出ている様では、何時まで経っても勝てるチームにはなれません。

館山投手は、“スワローズのエース級”・完投能力が有る投手ですから、好投しても“あの1球”が、悔やまれてなりません。

彼位のレベルの投手なら、防げていた・防いで欲しかったデラロサ選手のHRでした。

8安打して1得点しか出来ない打線が…と、思われますが、青木選手&宮本選手がいない今・現状を考えると、打線どうのこうの・野手陣に多くは言えませんよ!

兎にも角にも、投手陣の踏ん張り・失点を1点でも少なくしないと…。

あ〜あ!5位転落かぁ(_´Д`)ノ~~

でも、投手陣の踏ん張りとは言っても、限りがある。

青木選手と宮本選手か戻ってきた時には、“投手陣が崩壊”していた等という、“悪夢”が展開しなきゃ良いけどなぁ(_´Д`)ノ~~(‾□‾;)!!(T_T)/~
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 はあ〜痛いね〜

 2試合続けて勝ち試合を落としてしまうとは・・・

 一昨昨日は、最大得点差5点差を守れず・・・

 そして、昨日は守りのミスで・・・

 本当、トホホですよ涙

 2−0とリードしていた7回に、ここまで2安打と好投していた石川投手が、T・ウッズ選手にバックスクリーンに放り込まれ2−1に迫られ、8回代わったばかりの押本投手が捕まり・・・。

 いや、守りのミスにつけこまれて・・・。

 そのミスとは?むかっ(怒り)

 8回表、先頭バッター代打立浪選手のなんでもないレフトライナーをスルーしてしまった飯原選手の守備は、いただけない。

 あれさえなければ勝っていたのだ!

 確かに、1回に先制となるレフト線を破るタイムリー2ベースヒットと、5回に追加点となるレフト前タイムリーヒットを含む4安打を打っているけど・・・。

 あの場面でのエラーというか、ミスは許されないよ。

 飯原選手は俊足で、長打力も秘めていてバッティングも期待出来る。

 守備範囲も広い!

 だけど、バッティングも守備もここぞという場面で力が発揮出来ないでいる。

 特に守備では、昨日の場面でもそうだけど・・・。

 あの状況で、『照明が目に入ったとか言って、打球を後ろにやってしまうようでは使えないな〜。』

 飯原選手の守備といえば、ガトームソン投手がノーヒットノーランを達成した時の守備も危なっかしかったよね。

 最初バックして、慌てて前進して事なきを得たけど・・・。

 あの時も、おいおい何やってんねん、とむかっ(怒り)た様な?

 その時の教訓が生かされなかった飯原選手には、がっくりだ!

 もう2度とそういう事が無い様に、練習に励んでほしい。

 と同時に、どの角度からだと照明が目に入ってしまうとかの備えをしていたのか・・・。

 そういった類の備えをしていれば、防げていたミスなのでは?

 と、悔やみきれないミスプレーだった。

 あのミスで昨日の試合を勝てなかった最大の原因

 勝っていた試合を引き分けに終わらせてしまった

 と言っても過言ではないし

 4安打したから良いやとか、ドンマイとかではすまされないのだ!

 その後の試合展開は、言わずもがな

 チャンスは作れど、得点出来ず・・・

 2−2の引き分け

 スワローズにとっては引き分けは、負けに等しかった

 それ位、痛い引き分けでした。


 やっぱり、クライマックスシリーズ進出なんて、夢のまた夢だな〜

 
 『クライマックスシリーズ進出なんて、言う事自体おこがましい』事を実感した試合でしたね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

35件中 26~30件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 >>