スワローズが交流戦の開幕を5‐4でライオンズを下しました。

まぁ、スワローズの事は明日にします。

オリックスバファローズのコリンズ監督が、“辞意”を表明した。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
琴欧洲がやりました。

朝青龍を寄り切りで敗り全勝を守った。

明日の対戦相手は、白鵬。

明日勝ってこそ“今日の勝利”が、意味をなす。

何が何でも勝てよ琴欧洲!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
それにしても酷い試合だ!

それは、マリーンズ対ジャイアンツ戦の事だ。

12‐11でジャイアンツが最大得点差6点を跳ね返しての勝利だが、酷い試合だ!

辛うじてまともな投手は、両チーム合わせてジャイアンツ豊田投手とマリーンズ高木投手位なもので、後は目を開けられない位酷い。

特に、マリーンズのリリーフ投手は駒不足は目に余る。

それと、マリーンズオーティズ選手の守備範囲の狭さには困ったものだ!
特に5回阿部選手の打球は、プロのレベルならば追いついて欲しかった打球だ!

あの打球を捕っていたら、ワンサイドでマリーンズが勝利していたものを…。

まぁ、ぼやいても仕方がないが…。
彼の守備力ではあれが精一杯だったのだから…。

今日の試合は、豊田投手&クルーン投手がいたジャイアンツと、8、9回を任せられる投手がいなかったマリーンズの差が試合の明暗を分けたという事ですね。

マリーンズは、まともな野球は出来ないね。
あれだけリリーフが悪けりゃ、オーティズ選手の様な守備範囲が狭い選手を起用しちゃいかんね。

ある程度点差が開いたり、同点でも守備固めを起用した方が得策だね。
じゃないと“ストレス”が溜まる。

スワローズファンの俺でさえ溜まったんだから…。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今朝の東京は、非常に強い雨が降ったかと思えば、今度は風が強く吹き、私が住んでいるアパートの周りでも、物が風に飛ばされていたり、植木鉢が倒れていたり等…台風の影響が、モロ出ています。

さて、本題に入りますが色々と話題が有りますね。
サザンオールスターズが無期限休業だとか、中国・四川の大地震の被害が甚大だった等…暗いニュースばかり。

そんな中明るいニュースと言えば、先日のスワローズ青木選手の“熱愛発覚”に続き今度は、ジャイアンツ野間口投手が、あの“カリスマモデル”の押切もえさんとの“熱愛発覚”。

羨ましいのぅ!トンと、おいらには縁が無いからのぅ(>_<)

まぁお二人とも…いや、二カップル共成就・結婚するのかな?

それはさておき、大相撲は久しぶりに盛り上がってきたじゃない!
初場所も春場所も、朝青龍&白鵬の両横綱が、早々にぶっち切ってしまい、他の力士がついていけなかったけど今場所は、全勝で白鵬と“琴欧洲”の二人で、それを1敗で朝青龍が追う展開!

初場所も春場所も、始まる前は盛り上がったけど、始まったら大関陣がボロボロ負けて盛り下がってしまった(>_<)

今場所位は、千秋楽横綱同士結びの一番相星決戦ではなくて、他のバリエーションで迎えたいですねぇ。

さて、結末は如何に?
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 ふ〜よく勝ちましたね〜スワローズはうれしい顔

 序盤再三に渡る拙攻の繰り返しで、どうにもならないくらい悪かった杉山投手を打ち崩せず、得点は僅かに2得点のみ。

 そうこうしているうちに、桧山選手の犠牲フライと鳥谷選手のタイムリーヒットで同点にされました。

 今日の試合を観ていて感じた事は、流石首位を走っているだけあるな!強いなタイガースは!と感じさせられた試合でしたね。

 タイガースはきっちりとした野球をやっているのに対し、スワローズと来たら・・・。

 1,2回の満塁のチャンスを逃した場面や、3回1アウト1,3塁の場面での増渕投手のスクイズ失敗はそれを象徴している。

 特に、増渕投手のスクイズ失敗はいただけない。
 あの場面はスクイズも十分有り得る・スクイズしかない・いつスクイズをさせるか?という場面で、初球スクイズを命じた高田監督。
 ど真ん中の速球をフライを打ち上げてしまってはいけません。
 何が何でも転がしてほしかった。

 同点に追いつかれてしまった原因を自ら作ってしまったのだ。

 それに比べてタイガースは、6回ノーアウト2,3塁桧山選手の場面でレフトへの犠牲フライで得点しただけではなく、2塁走者金本選手が3塁へ。
 この走塁は見事であるし、スワローズ側からすれば反省点の1つに挙げられるだろう。


 それにしてもよく勝ったよ。

 今日みたいな試合展開で、よく勝利しました。

 福地選手のバットがチームを救いました。

 まさか福地選手がHRを打つとは思わなかったけれど、低目のスライダー?フォーク系?の球をうまく救い上げてのバッティングは見事でした。

 タイガースの誤算は、先発した杉山投手とウィリアムス投手の不出来。

 スワローズ側は、毎度おなじみの拙攻の繰り返し。

 ただ気になるのは、田中浩康選手のバッティングですね。

 開いて打ち(左足を引き気味)にいってる。

 ちょっと下降線を描き始めたかな?

 2日おいて、明々後日から交流戦だ!

 最初の対戦相手は、ライオンズだ!

 去年なら易々と、3タテを喰らっていたであろうスワローズ。

 そこを踏ん張って、1勝2敗で乗り切ったスワローズ。

 さ〜交流戦で巻き返しを図るぞ!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

61件中 26~30件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>