よくこの雨のなか試合を強行したねぇ。

で、スワローズが勝てば文句無いけれど、畠山選手のエラーに始まり、リグス選手のエラーで勝ち越し点のきっかけを献上しくさる始末。
畠山選手は、リオス投手の立ち上がりに悪送球でタイムリーエラー。
もともと彼はスローイングに課題がある選手。
畠山選手自身もそうなんだけど、スワローズベンチが注意を促す等の措置・何時もよりも慎重に…という心がけが有れば防げたミスだし、リグス選手にしても相手に決勝点を与えるきっかけのエラーも同様だと思います。

選手の中に、今日試合やるの?なんて気持ちが有ったとしたら、戦う前から勝敗は決していたと言われても仕方がありません。

でも、私自身が今日の試合は、“中止の公算大”等と言っていたので、兎や角言えたものでは有りませんけどね(>_<)

今日の敗戦でついに、貯金が無くなってしまいました。

開幕3連戦の頃は、1番川島慶三選手の活躍もあり打線が繋がっていたけれど、怪我で戦線離脱後のスワローズ打線は、繋がりの無い打線になってしまった事と、先発投手がピリッとしない。
合格点を与えられるのは、石川投手と村中投手の両左腕投手で、リオス投手や増渕投手、館山投手は不合格ΩÅΩ;

昨シーズンと違い、ある程度リリーフ投手陣が充実している点を踏まえると、先発投手は7回3失点というのが目安になると思います。
その観点からいくと、開幕以来先発投手陣に関しては、リオス投手然り、ルーキー加藤投手然り、スワローズ首脳陣・ファンの期待を大きく裏切ってしまったと言えると思います。

スワローズがAクラス・3位以上・クライマックスシリーズ出場を果たす為には、何が何でも先発投手の整備が急務である。

それが出来なければ、クライマックスシリーズ出場等、とてもじゃないが無理な話。

そういった意味でも明日の試合は、スワローズにとって大きな分岐点となる試合だと思います。

明日の試合は、村中投手が先発かな?
プレッシャーがかかると思うけど、何とか結果を出してほしい!

頑張れ!村中投手!!
奮起せよ!スワローズ打線!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 今朝の東京は、昨日からの雨が降りしきっています。

 しかも、風も強く雨量の方も多い。

 まるで外は台風が来た時のように雨・風共に強くて雨の骨が折れてしまうほど・・・。

 なので、今日も中止になる可能性・公算が非常に高いと思います。

 しかしこれで雨で中止は何試合目だ?

 先週のカープ戦2試合と、今週のベイスターズ戦と今日も・・・となると、4試合か〜。

 9月後半〜10月にかけて連戦続きになってしまうな〜。

 これが後々響かなきゃ良いけどな涙
[Web全体に公開]
| この記事のURL
セリーグ唯一行われた名古屋ドームドラゴンズ対ジャイアンツは、グライシンガー投手〜クルーン投手のリレーで1‐0でジャイアンツが勝利した。

唯一の得点となった高橋由伸選手のHRは見事であったが、気になる点がある。

それは、ジャイアンツの打者陣が速い球に振り遅れている事・打ち損じている事。
ボール球を見極められていないのではなく、ど真ん中の甘い球をファウルしたり、打ち上げてフライアウトになったり…。
その傾向は、高橋由伸選手や小笠原選手等…。
速い球・ストレートに対応出来ているのは、ラミレス選手ぐらいなもの。
私には、そうなった理由が分かりませんが、バッティングコーチに理由が有るのでは、と推測します。

個人攻撃をするのは本望では有りませんが、伊勢&内田コーチの2人が昨シーズン限りで辞任しました。

篠塚コーチは、バッティングフォームの指導で、村田コーチは球種・狙い球と担当を分けているなら分かるけど、もしそうではないとしたら…。
あまり言いたくは有りませんが、村田コーチにバッティングフォームの指導が出来るのか?大いに疑問です。

今のジャイアンツ打線は、ある程度速いストレート・速球を投げる事が出来て、変化球・縦の変化球の制球力が有れば、試合を作る事が出来る様に思います。
ジャイアンツは、当分の間投手が最小失点で抑えていかないと勝つチャンスが生まれません。
ジャイアンツに勝つには、本当に今のうち!
取りこぼさない様にしないとね。

最後にスワローズの話。
今日行われる予定だった対ベイスターズ戦が中止になったけど、明日行われる予定の対タイガース戦も中止かな?
今シーズン初対決だけど…やっぱり自然には勝てないのかな?
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今日行われる予定だった神宮球場のスワローズ対ベイスターズ戦は、雨の為中止となりました。

合わせて、スカイマークスタジアムバファローズ対ホークス&甲子園球場タイガース対カープ戦も雨の為中止に!

昨日は見るも無惨な負けっぷりでしたが、今日の水入りでなるか気分転換!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
なんだい

酷いねぇこりゃ!

先発館山投手が4回被安打7、失点3でKO

挙げ句が、5回からリリーフ登板したルーキー加藤投手が火ダルマに、萩原投手と共に合わせて9失点しくさる始末。

萩原投手然り、ルーキー加藤投手然り、制球力が全く無い!
特に、ルーキー加藤投手は酷過ぎるのではないでしょうか?
我々ファンの期待が大き過ぎるのかな?
まだ、加藤投手はプロのレベルに達していないと言う事が、今日の結果で明らかになったと思います。

投げる球を見ても、投球フォームを見ても、体つきを見ても、それら全てがプロのレベルに達していない、と酷評されても仕方が無い!
なので加藤投手には、暫く2軍で研鑽を積んでもらいたいと思います。

ただ、不安だよなぁ!

慶応大学OBでプロ野球で活躍した人があまりいないんだよなぁ!

慶応大学OBで活躍した人をランク付けしてみました。
ジャジャン
第1位 平光清
元東京6大学野球審判&高校野球審判+社会人野球審判の後、昭和40年セリーグ審判。平成4年引退。

って、第1位は審判かい!
だっていないんだもん。 平光さんは、アマチュア時代には、東京6大学野球の審判としても活躍し、甲子園の高校野球にも審判として出場し、都市対抗野球にも審判として出場し、尚且つ東京五輪の公開競技だった野球で球審を務めたのが認められ、セリーグの審判に。
平光さんが凄いのは、2軍経験無し。
即戦力として、長年審判されていました。

第2位 高橋由伸

言わずと知れたジャイアンツの主力打者。
気掛かりな事は、怪我に弱い点だけ?

あとは…思い浮かばないなぁ!

他にもいるにはいたけど、あまりパッとしなかったんだよなぁ。

しかし、1試合に21安打?22安打?何れにしても打たれ過ぎだ
[Web全体に公開]
| この記事のURL

70件中 21~25件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>