第7戦まで縺れ込んだ今年の日本シリーズは、ライオンズが制しました。

 昨日このブログにて、いくつかのポイントを挙げました。

 まず、両チームの先発投手ですが・・

 ジャイアンツは内海投手と言うのは、外しませんでした。

 しかし、ライオンズはまさかまさかの西口投手先発でした。

 正直ね。

 こりゃ、ジャイアンツのワンサイドかと思いましたよ。

 正直ね。

 でも、ならんかった。

 内海投手も立ち上がりを攻められピンチを作ったけれど、うまく切り抜けられた。

 一方の西口投手もピンチを招いた。

 しかも、制球難だった。

 力みまくっていた。

 しかし、ジャイアンツ打線も捕らえきれず1アウト満塁でワイルドピッチによる1得点のみ。

 1イニングで西口投手を降板させるのか?

 と、思いきや・・・

 2イニング目も続投させるも、坂本選手にライナーでレフトスタンドへ運ばれ2失点目。

 初球、2球と変化球でボールになり、ストレートを狙い打たれてのHR!

 ほら、言わんこっちゃないむかっ(怒り)

 土壇場で、奇襲などと言う姑息な手段を用いるからだ!

 と憤っていたのだ!

 しかし、3回以降は流れが変わった!

 ライオンズは、石井一久投手・涌井投手・星野投手と継ぎ込み必死の継投策が実った。

 なんとこの3投手は、3〜7回まで1人もランナーを出さなかったのだ!

 その間打線は?

 5回やっとこさ期待に答えたのだ!

 そう、打てる気配すらなかったボカチカ選手に特大HRが飛び出したのだ!

 しかも、2アウトから・・・

 石井一久投手の代打でね。

 このHRで、息を吹き返したライオンズ!

 ジャイアンツにとっては、痛恨のHRとなってしまったのだ!

 6回1アウトの場面でジャイアンツは、内海投手から西村投手へとスイッチした。

 そう、第2のポイントとなるリリーフ投手の投入だ!

 私に目には、このリリーフ投入・継投は少し早いように思えた。

 しかし、泣いても笑っても最後の試合と言う事を考慮すると・・・

 有りかな?

 そして、問題の8回を迎える。

 7回からジャイアンツは、越智投手を登板させる。

 7回ピンチを作るも切り抜け、8回も彼を続投させた。

 その8回表、ライオンズの先頭バッター片岡選手がデッドボールで出塁。

 おっ!

 これは・・・

 試合のポイントになるな?

 一体どんな作戦を?

 と、思いました。

 普通バント・送りバントですよね。

 でも、違った!

 いや驚いた!

 片岡選手が、栗山選手の初球盗塁を試みて悠々成功!

 この場面を文化放送で聴いていたが、解説の豊田泰光氏曰く『驚いたの一言。』に続いて、『まあ〜エンドラン位は有るかな? とは、思っていたけれど・・・まさか盗塁だとは・・・。』と解説。

 その直後に、栗山選手は送りバントをきっちり決め1アウト3塁とチャンスを広げた。

 1アウト3塁一打同点のチャンスでバッターは、中島選手。

 1回同様の場面で、ショートゴロに終わり絶好の先制機を逸しているライオンズ。

 彼にとっても、ライオンズにとっても、運命の一里塚?の場面で・・・

 初球のボール球を引っ掛けサードゴロ。

 当然ジャイアンツ守備陣系は、前進守備。

 小笠原選手がバックホーム・・・

 そこでまた驚いた。

 確かに打球がボテボテで、緩かったけど・・・

 片岡選手は、悠々ホームインしたのだ!

 あのスタートの速さと来たら・・・

 ライオンズは、ノーヒットで同点に追いついたのだ!

 あの場面での盗塁といい、この走塁といい、衝撃的でしたね。

 その後・・・

 越智投手を続投させた。

 それが裏目に出たのだ!

 続くオカワリ君中村選手を ベンチの指示で歩かせ野田選手を迎えた。

 スタメンでは、銀仁朗選手がマスクを被っていたが、途中から野田選手に代わっていたのだ。

 中村選手を歩かせた理由の1つに、長打・HRを警戒したものと思われるが・・・

 それもこれも、野田選手を打ち取れたらの話だ!

 その野田選手を歩かせてしまった越智投手。

 交代では?

 じゃ〜誰だ?

 あれ?

 続投か?

 尾花投手コーチが出て行ったけど・・・

 まだ続投か?

 この場面も文化放送で聴いていたが・・・

 豊田泰光氏の解説曰く『もう交代でしょう。私が監督なら代えるね。ストライクを投げるのに汲々としてる。』

 解説の豊田氏も、越智投手の続投には驚いていらっしゃいました。

 で、結果は裏目。

 そう、シリーズ男の平尾選手にセンター前にタイムリーヒットを打たれてのである。

 打たれたボールカウントも2−3で、最悪でした。

 投球と同時にスタートを切りますからね。

 それにしても、解せませんよね。

 昨日このブログで、ライオンズ涌井投手・ジャイアンツ上原投手がどんな場面で登板するかもカギ!と書いたけれど・・・

 その肝心な上原投手が、ベンチ入りさえしていないとはね〜

 逆転を許した直後に、豊田投手へスイッチ

 もう遅いって・・・

 シーズン68試合の登板が

 今までの好投が

 苦労が

 あの1球で・・・

 吹き飛んでしまった

 彼にはあまりにも荷が重過ぎた

 過度な期待を賭け過ぎてしまったのである。

 岸投手にも似た様な場面が有りました。

 第6戦にね。

 でも、彼には逃げ道が有った。

 そう、打たれたら負け!

 抑えたら勝ち。だけどまだあと1勝

 そう、後もう1つ勝たなくちゃいけない

 勝ったら日本一!負けたらリーグ優勝も吹き飛んでしまう!

 と言う場面ではないのだ!

 勝ったら第7戦へ!負けたら終わり!

 と言う場面だったのだ!

 その分岸投手は、開き直れたかは分からないけど・・・

 少なくとも、越智投手には心に余裕が無かった。

 有ろう筈が無い。

 だって、勝てば日本一!

 負ければ・・・

 で、ライオンズは・・・

 8回から抑え投手のグラマン投手を起用し

 パーフェクトピッチング

 そうジャイアンツ打線は、坂本選手のHR以降パーフェクトピッチングを許してしまったのだ!

 ジャイアンツ打線は結局、岸投手のカーブに幻惑され調子を落とし、敗れ去ってしまったのだ。

 そして、もう1つのポイント

 代打の切り札阿部選手を起用する事無く敗れ去ったのだ。

 一方のライオンズは、ボカチカ選手をスタメンから外し、代打で起用したらHR!

 石井義選手は、見逃し三振をしたけれど・・・

 赤田選手は豊田投手から3ベースヒットと・・・

 そこらへんも明暗を分けたかな?

 最後になります。

 本当に今年の日本シリーズは、日本シリーズらしい白熱した試合でした。

 ジャイアンツ、ライオンズ共によく頑張りました。

 良い試合を見せてくれました。

 ただ残念な事は、両チーム共怪我人が続出しフルオーダー・万全な体制・戦力で戦えなかった事。

 おめでとう!

 埼玉西武ライオンズ!

 絶対に、来シーズンはスワローズがその立場に立って見せるぞ!

 と、今日はこのへんで
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 ついにと言うべきか

 今年の日本シリーズは、ファンの期待に答え第7戦へ縺れ込んだ。

 今年のシリーズを評して、ハプニングシリーズと言えるのではないでしょうか?

 理由?

 それは・・・
 
 両チームに怪我人が続出して、試合そのものに出場出来ない主力選手がいる事。

 ジャイアンツでは、阿部選手。(打つのみ)

 ライオンズでは、ブラゼル選手にGG佐藤選手。そして、昨日の試合からは、細川選手と・・・。

 それ以外にも、ハプニングが続出!

 そんな今年の日本シリーズも、今日で決着がつく。

 昨日の試合を観ていて感じた事は・・・

 ジャイアンツ高橋尚投手、ライオンズ帆足両先発投手が、佐藤球審の非常に狭いストライクゾーン特に、低目の両サイド(特に変化球)に苦しめられていたようだ。

 特に高橋尚投手は、シーズン中滅多にパリーグの審判とはジャッジを受ける機会が少ない。

 有るとするならば、交流戦かオールスターゲーム位。

 それ以外だと、オープン戦で非常に狭かったストライクゾーンに戸惑っていたように思えた。

 それは、ライオンズの投手も一緒なんだけど、もう慣れてしまっているんだよね。

 ライオンズの投手陣は。

 パリーグの審判は、セリーグの審判と比べストライクゾーンが狭いとされている。

 特に、ベテラン審判にその傾向が強いとされている。

 そのストライクゾーンの傾向が、昨日の佐藤球審は強く出たと言う訳だ。

 それにしてもジャイアンツ打線は、岸投手のカーブを打てませんでした。

 第4戦に引き続いて、してやられてしまいました。

 縦のカーブ、昔で言うドロップといわれる球に、手も足も出ませんでした。

 それプラス、原監督は焦っていたと言うか・・・

 3点を先制された1回裏ノーアウト1塁バッター寺内選手の場面で、1塁走者鈴木選手を走らせました。

 結果、盗塁失敗。

 痛かったですね。

 鈴木選手のスタートの切り方を見ていると、盗塁と言うよりはむしろヒットエンドランのようなスタートの切り方でした。

 でも、寺内選手はバットを振らなかった。

 う〜ん

 サインの見落としか?

 それとも、鈴木選手が見間違えたのか?

 実に、中途半端な作戦でした。

 最後に、今日の試合のポイントを幾つか?

 まずは、両チームの予想先発投手から・・・

 ジャイアンツが内海投手で、ライオンズが石井一久投手で間違いないでしょう。

 一部の人にライオンズは、西口投手という声も有りますが、最後に来て奇襲・これまでの流れを考慮すると西口投手の先発と言うのは、無いと思います。

 ここへ来て、ジャイアンツ・ライオンズ両チームに、あまり打てそうに無い・この球を投げられたらこのバッターは打てそうに無いと言う選手がいます。

 ジャイアンツは、李選手と小笠原選手。

 ライオンズは、後藤選手とボカチカ選手と銀仁朗選手。

 李選手は、インコースに速い球・ストレートを投げていれば、小笠原選手は縦の変化球を投げていれば、大丈夫かな?

 打ち取れそうな、その可能性が高いと思います。

 後藤選手もインコースのストレート系・シュートのボール球を空振りするし、ボカチカ&銀仁朗選手に至っては・・・。

 まあ〜何れにしても、ジャイアンツ内海投手、ライオンズ石井一久投手の立ち上がりが、第1のポイントだね。

 それを乗り切ったら・・・

 リリーフ投手・2番手以降の投手だね。

 今日が泣いても笑っても、最後の試合。

 となると・・・

 総力戦だ。

 ジャイアンツは上原投手、ライオンズは涌井投手をリリーフ投手として起用する可能性が非常に高いように思う。

 問題は、どういった場面で起用するかだ。

 早いイニングになるのか?

 中盤以降になるのか?

 抑え投手として登板するのか?

 イニングの途中からになるのか?

 ここが2つ目の注目点ですね。

 3つ目は・・・

 代打ですね。

 ジャイアンツは、阿部選手をどの場面で起用するのか?

 ライオンズは、赤田選手をどの場面で起用するのか?(もしかしたらスタメンも)


 が、カギですね。

 あ〜忘れてはいけない

 ジャイアンツ大道選手とライオンズ石井義選手もね。

 以上3つのポイントを挙げたけれど

 今日の第7戦は、どちらのチームが勝利するにしても序盤で・遅くとも試合中盤で試合の趨勢を決しているように思う。

 ワンサイドゲームになる可能性が、かなりの確立で有る様に思います。

 さて、どんな試合展開になるか?

 楽しみ!

 ジャイアンツは、岸投手が出てこない。

 ライオンズは、ジャイアンツのリリーフ投手陣に大分疲れが出てきている。

 と言うのが、心のよりどころかな?

 何れにしても、良い試合を観せてくれよ。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
 今朝のスポーツ紙は、筑紫哲也氏死去のニュースで持ちきり!

 小室哲哉容疑者詐欺罪で逮捕に続き、てつやさんは、今週は厄週?だったのかな?

 うん?何なんだこの騒がしさは?

 こんな朝早くから

 珍しいよな〜

 警官がいっぱいいるぞ!

 しかも、私服警官まで・・・

 お〜背広を着た警官まで・・・

 ん?

 両津勘吉像の第3弾が今日お披露目するのだが・・・

 何で、こんなに大規模な警備を・・・

 え〜!麻生太郎内閣総理大臣が、ご臨席を賜る\(^^)/(◎皿◎)ナンデスト!!

 わざわざ、亀有まで・・・

 って言うか、好きなんだね〜

 漫画が・・・

 朝から騒然としている亀有からのリポートでした。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 う〜ん

 ジャイアンツが先に王手をかけましたか〜

 それにしても痛かったですね〜

 中島選手と細川選手の怪我による戦線離脱はあせあせ(飛び散る汗)

 それが、もろに出た試合となってしまいましたね

 しかし、怪我をした選手を責めても仕方がありません

 問題は・・・

 昨日の試合に関しては、ベンチワークの差が出た試合でしたね。

 それは?

 原監督と渡辺監督の采配・・・

 ちょっとした気配りというか・・・

 まず原監督は、打撃不振の李選手をスタメンから外し、阿部選手を5番に上げ起用した事が1つ。
 
 先発した上原投手を早目に見切りをつけリリーフ投手を送った事。

 9回1アウト1,3塁のチャンスで、代打谷選手を起用したり・鈴木選手にスクイズをさせた事。

 それに対して、渡辺監督は・・・

 7回阿部選手に同点打を打たれ、尚1アウト1塁で亀井選手、脇谷選手と左バッターが続くのにも拘らず交代させなかった。

 左投手がいなかったのか?

 と言うと、そうではなく星野投手・三井投手・グラマン投手と3人もベンチ入りしていた。

 いくらエースだからとは言え、中4日・あの寒さ・プレッシャーを考慮したら阿部選手に打たれた時点で限界だったのではないか?(あの場面ではブルペンで、星野投手がやっていたのかな?何れにしても代打は起用されたと思うけど)

 それに、阿部選手に打たれた事も・・・あの場面の守備位置にも・・・疑問が残る。

 と言うのは、ラミレス選手の激走で1アウト2塁と言うチャンスを作った。

 第1打席で、バックスクリーンへHRを打っている。

 その前の打席でも、あわや2打席連続HRか?!と言うライトフライ

 あの場面、最悪歩かせても良かったのではないか!

 それに、何故セカンドの守備位置が1〜2塁間を空けていたのかが解せない。

 阿部選手は最悪でも進塁打を打ちたい、ファーストゴロかセカンドゴロで走者を3塁に進塁させたいと言う気持ちで打席に入ったに違いないのである。

 だったら、1〜2塁間を狭めておくのが正解だったのでは?

 それに、外野手・ライトの守備位置もいただけない。

 確かに、阿部選手に長打力が有ります。

 1塁に走者がいるのなら分かるけど、中間守備だったね。

 ライトの守備位置が

 テレビで見たけれど、セカンドをもっとファーストよりに、ライトをもっと前に守らせるべきだなあ〜

 ゴロで1〜2塁間を抜かれるのが嫌だな〜

 そんな感じの打球が飛びそうだな〜

 と、思いながら見ていたら・・・

 案の定・・・

 まあ〜結果論と言ってしまえば、そうなんですが・・・

 あの場面で、あの守備位置でゴロで1〜2塁間を抜かれた場合確実・より高い可能性でに失点してしまう。

 だったら、1〜2塁間をゴロで抜かれないように手立てをしておく必要があったし、もし抜かれた場合でも2塁走者を3塁で留め置く或いは、ホームでアウトにできる守備位置まで前進させないと・・・。

 たとえ、あのような打球が三遊間或いは、投手の頭を越えヒットになったとしましょう。

 三遊間&投手の頭を越えた打球の場合は、スタートが遅れる場合がある。

 三遊間の場合は、打球が抜けてから確認して或いは打球を避ける為、投手の頭を越える打球に関しては、当然の如く頭を越してから・・・。

 それに対し1〜2塁間の打球に関しては、打った瞬間に打球が右方向にゴロを打った瞬間にスタートを切る事が出来る。

 なので、ゴロで1〜2塁間を抜けた打球の場合は、最も2塁走者がホームインしやすいのだ。

 う〜ん。そこらへんも考慮してほしかったな。

 これで、ジャイアンツが日本一に王手をかけたか〜

 それにしても、ライオンズのバッターって

 バットを振り回し過ぎだね。

 フルスイングをするのは良いけど・・・

 今年のシリーズを見る限りでは、無闇にバットを振り回しているのに過ぎない様な気がしますね。

 あれだけ、完全なボール球を打っていては・・・

 今日移動日で、明日第6戦か!

 一気に決められてしまうのかな?

 それだけは勘弁を!

 第6戦の予想先発投手は、ジャイアンツが高橋尚投手で、ライオンズが帆足投手?もしかしたら西口投手?と予想します。(東京ドームの相性云々で帆足投手だと思うけど)

 まあ〜両先発投手の出来・不出来だよね。

 細川選手&中島選手無理してでも出て来いよ!

 泣いても笑っても

 最大あと2試合だからな!

 もうひとふん張りだ!

 

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 いや〜

 それにしても、ライオンズ岸投手のピッチングは見事でした。

 日本シリーズ初登板・初先発・初完封という偉業を達成しました。

 長い日本シリーズ史上12人目の偉業とか・・・

 打たれたヒットは、僅か4本

 3塁ベースを踏ませぬ、ジャイアンツ打線に隙を与えない完璧なピッチングでした。

 ジャイアンツは、完敗でした。

 全く勝てる可能性の無い試合でした。

 それだけに、普通ならさほど影響の少ない負けだったのだが・・・

 それが、微妙に?違うように思うのだ。

 それは・・・

 オカワリ君こと中村選手に2試合連続HRを打たれてしまった事。

 しかも、2本もHRを打たれてしまった事。

 さらに付け加えれば、苦手とされるインコースの速い球を狙い打たれてしまったHRだ!

 非常に不味い事態・最悪な事態を招いてしまったのかもしれないよ、ジャイアンツは。

 何しろ今年の日本シリーズは、阿部選手が肩の怪我で使えない。

 打つ事は出来ても、投げる事が出来ない。

 彼に代わって出場している鶴岡選手は、インコースを多目に・徹底して攻めて来た。

 その事は大いに結構な事だが、問題も有る。

 それは・・・

 相手が意識する事。

 狙い球として、打つコースを決めて・ヤマを張っているという事だ。

 そうすると、どうなるのか?

 相当厳しく攻めないと、打たれてしまう可能性が高くなるし・・・

 厳しく攻め過ぎれば、中島選手のようにデッドボールを与えてしまうのだ。

 昨日の中村選手の1本目のHRは、インコース高目の難しい球だった。

 あの球を、レフトスタンド上段まで運ばれてしまった事は、ジャイアンツにとっては計算外だったのではないか?

 だけど私は思う。

 中村選手は、今シーズン打率こそ.244だったものの46本塁打、101打点と活躍し、初めてHR王のタイトルを獲得している。

 タイトルを獲得したという意味が、どういう事を意味しているか素人なので分からないが、こういう事を意味しているのではないか。

 並大抵の事じゃ、タイトルなんて獲得出来ませんよ。

 しかも、HR王というタイトルでしょう。

 確かに、苦手のコース・球種は有る事でしょう。

 しかし、その球を投げようとした投手が投げ損なった球を打ち損じせずに打った結果或いは、その球を要求どおりに投げたけれど、その球にヤマを張っていて打ったHRが有ったからこそHR王というタイトルを獲得出来たと思われる訳で、苦手な球種・コースだからといって、何時までも打てない訳ではないと思う。

 もし、ジャイアンツバッテリーがこの球さえ投げていれば・球種さえ投げていれば、大丈夫・打ち取れる等と安易に考えていたりしたら、また打たれてしまうよ。

 そろそろ、アウトコースの球を・・・

 変化球を多めに混ぜていかないとね。

 それは兎も角、今日の第5戦がジャイアンツにとってもライオンズにとっても大事な試合になりそうですね。

 ジャイアンツが上原投手で、ライオンズが涌井投手の先発と予想されます。

 第1戦の再現ですね。

 言うまでも無く、両先発投手の出来・不出来がカギ、試合の趨勢を決めると思います。

 今年の日本シリーズは、4戦全てにおいて先に先発投手が先にマウンドを降りたチームが、負けています。

 と、なると

 今日の試合も?

 と、思いたくなります。

 あ〜それにしても・・・

 意外だったな〜

 岸投手の好投は!

 昨日、2桁得点をにらんだ戦いだなんて書いてごめんね。岸投手[すいません]

 やっぱり、優勝するチームのレベルは違うね〜

 第4戦に先発する投手のレベルが、4安打完封するんだもの。

 あ〜参った!参った!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

25件中 16~20件目を表示


<< 1 2 3 4 5 >>