勝った!勝った!勝ちました!

 7−4で勝ちました。

 スワローズの先発は、村中投手ではなく川島投手。

 5回を投げ被安打4、奪三振8、失点4と良いのか悪いのか非常に分かりづらい内容。

 私が見るに、良い球と悪い球の差が有り過ぎたというか、差が有るのだと思います。

 それと、今日の試合の反省点として、ラミレス選手に4安打されうち2本がHR!(川島投手が2本のHRを打たれた。)

 明日以降大きな課題だと思います。

 さて、今日の試合の明暗を分けたのは5回表のスワローズの攻撃だと思います。

 1アウト1塁バッター畠山選手ボールカウント2−3からの6球目を空振り三振も、青木選手が2塁盗塁成功し、2アウト2塁のチャンス!

 でも、この三振。

 大いに不満の残る三振でしたね。

 コースも高さも完全なボール球。

 もし見送っていれば、フォアボールだったのにむかっ(怒り)

 と思っていたけれど、武内選手が救ってくれました。

 ジャイアンツ2番手越智投手から、高目の変化球を打ち右中間突破のタイムリー3ベースヒットで5−4と勝ち越しわーい(嬉しい顔)

 4回裏に4−1リードしていた試合を、ラミレス選手の一振りで同点にされた直後だっただけに大きかった。

 さらに・・・続く田中浩康選手を敬遠させたジャイアンツ原監督の采配には驚かされたが、おかげで2アウト1,3塁とチャンスが広がり、ウィルソン選手の場面を迎える。

 私には、この采配の意図が分からない。

 1,3塁となれば、一塁手はベースにつくし、どうしてもヒットゾーンが広がってしまうし、1塁走者は足の速い田中浩康選手という事を考えれば、盗塁という事も考えられる。

 そうしたら案の定、田中浩康選手が2塁盗塁を決め、2アウト2,3塁とチャンスを広げ、ウィルソン選手がファースト小笠原選手の頭上を越すラッキーなタイムリーヒットで2点を追加し7−4と再び3点のリードを奪った。

 このタイムリーヒット以降、両チームは打線が沈黙しそのままスワローズが7−4で押し切った試合だったけれど、イーグルス野村監督がシーズンが始まる前に『ジャイアンツの原監督は、試合中ベンチ裏でコーヒーでも飲んで待っていれば良い。何もしなくても勝つチームで羨ましい・・・。ただし、原監督が采配を揮ったらジャイアンツは負ける!』と、断言。

 今日の試合はまさにそういう試合になってしまった。

 スワローズの収穫は、川島投手がそこそこ投げられた事と、2番手で登板した五十嵐亮太投手の出来が久しぶりによかった事。

 これは大きい。

 それにジャイアンツ打線は、ラミレス選手以外は不調でラミレス選手の前に走者をださなければ、大量失点する心配がないという点です。

 まあせいぜい失点しても3点くらいかな?(今日は4失点だったけど)

 困れば、ラミレス選手を歩かせれば良い訳ですからね。(9回以降1点リード或いは同点で満塁の場面では無理だけど)

 うまくすると、スワローズがジャイアンツ相手に開幕戦以来となる3連戦3連勝するかも!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

46件中 46~46件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10