『休む勇気も必要だ!』この言葉を言ったのは、武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)だ!

私は、この言葉を言いたいと思う力士が一人います。

それは、一体誰かと尋ねられれば?

琴光喜だ!

琴光喜は、今日も日馬富士に敗れ9敗目(ノд<。)゜。

大関という地位にありながら、負け越すという“愚行”いや、大関の名を汚してしまった。

琴光喜は、場所直前に足に激痛が走り緊急入院!

その為に、仕上げの稽古が出来なかったという。

それで、この有様だ!

だったら、武蔵川理事長が『休む勇気も必要だ。』という発言に同調し、前半で“休場”すべきだったのでは?と、思います。

私が見るに琴光喜の相撲は、大関の相撲ではない。
いや、お金を支払って見に来て下さるファンに対して、失礼な相撲内容だ!

初場所が始まる前、この武蔵川理事長の発言は、朝青龍に向けられた発言かと思われたが、始まってみれば彼(朝青龍)ではなく、琴光喜に向けられた発言?になってしまった(ノд<。)゜。

今日も朝青龍は、琴欧洲に勝ち全勝を守り、昨日・日馬富士に敗れた白鵬も魁皇を下し1敗を守った。

残念ながら今場所も、両横綱の優勝争いとなってしまった。(両横綱共に出場した場合)

番付を見れば当然の事とはいえ、情けないねぇ!

もう少し、大関陣が頑張ってくれるのではと、期待していたのに…。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1