はぁ〜貧打で負けました(_´Д`)ノ~~

痛いねぇ!スミ1かぁ

8安打で得点は、僅かに1点では…。

先発館山投手が、7イニングを投げ2失点の好投も報われず、負け投手に(T_T)/~

やっぱり、福川選手のリードを触れなくちゃいけませんねぇ!

1‐1の同点で迎えた7回表1アウト走者無しバッターデラロサ選手の場面で、インコースのシュートをレフトスタンドにHRを打たれ場面の配球は、“疑問符”をつけざるを得ない。

理由は、今日の試合の過去の打席において、アウトコースのスライダーに全くタイミングが合っていなかった事とHRを打たれない配球を考えれば、アウトコースの出し入れで良かった・充分だったのに…。

裏を書いた?意表を突いた?見せ球?

何れにしても、HRを打たれては“いけない場面”だった事に間違いない場面で、『“ボール球”を投げる“つもり”だった。』等という、“つもり”という言葉が多く出ている様では、何時まで経っても勝てるチームにはなれません。

館山投手は、“スワローズのエース級”・完投能力が有る投手ですから、好投しても“あの1球”が、悔やまれてなりません。

彼位のレベルの投手なら、防げていた・防いで欲しかったデラロサ選手のHRでした。

8安打して1得点しか出来ない打線が…と、思われますが、青木選手&宮本選手がいない今・現状を考えると、打線どうのこうの・野手陣に多くは言えませんよ!

兎にも角にも、投手陣の踏ん張り・失点を1点でも少なくしないと…。

あ〜あ!5位転落かぁ(_´Д`)ノ~~

でも、投手陣の踏ん張りとは言っても、限りがある。

青木選手と宮本選手か戻ってきた時には、“投手陣が崩壊”していた等という、“悪夢”が展開しなきゃ良いけどなぁ(_´Д`)ノ~~(‾□‾;)!!(T_T)/~
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 はあ〜痛いね〜

 2試合続けて勝ち試合を落としてしまうとは・・・

 一昨昨日は、最大得点差5点差を守れず・・・

 そして、昨日は守りのミスで・・・

 本当、トホホですよ涙

 2−0とリードしていた7回に、ここまで2安打と好投していた石川投手が、T・ウッズ選手にバックスクリーンに放り込まれ2−1に迫られ、8回代わったばかりの押本投手が捕まり・・・。

 いや、守りのミスにつけこまれて・・・。

 そのミスとは?むかっ(怒り)

 8回表、先頭バッター代打立浪選手のなんでもないレフトライナーをスルーしてしまった飯原選手の守備は、いただけない。

 あれさえなければ勝っていたのだ!

 確かに、1回に先制となるレフト線を破るタイムリー2ベースヒットと、5回に追加点となるレフト前タイムリーヒットを含む4安打を打っているけど・・・。

 あの場面でのエラーというか、ミスは許されないよ。

 飯原選手は俊足で、長打力も秘めていてバッティングも期待出来る。

 守備範囲も広い!

 だけど、バッティングも守備もここぞという場面で力が発揮出来ないでいる。

 特に守備では、昨日の場面でもそうだけど・・・。

 あの状況で、『照明が目に入ったとか言って、打球を後ろにやってしまうようでは使えないな〜。』

 飯原選手の守備といえば、ガトームソン投手がノーヒットノーランを達成した時の守備も危なっかしかったよね。

 最初バックして、慌てて前進して事なきを得たけど・・・。

 あの時も、おいおい何やってんねん、とむかっ(怒り)た様な?

 その時の教訓が生かされなかった飯原選手には、がっくりだ!

 もう2度とそういう事が無い様に、練習に励んでほしい。

 と同時に、どの角度からだと照明が目に入ってしまうとかの備えをしていたのか・・・。

 そういった類の備えをしていれば、防げていたミスなのでは?

 と、悔やみきれないミスプレーだった。

 あのミスで昨日の試合を勝てなかった最大の原因

 勝っていた試合を引き分けに終わらせてしまった

 と言っても過言ではないし

 4安打したから良いやとか、ドンマイとかではすまされないのだ!

 その後の試合展開は、言わずもがな

 チャンスは作れど、得点出来ず・・・

 2−2の引き分け

 スワローズにとっては引き分けは、負けに等しかった

 それ位、痛い引き分けでした。


 やっぱり、クライマックスシリーズ進出なんて、夢のまた夢だな〜

 
 『クライマックスシリーズ進出なんて、言う事自体おこがましい』事を実感した試合でしたね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1