ま〜ラッキーな勝ち方といえば、そりゃ確かに・・・

 8安打3得点残塁10と聞くと相変わらず繋がらない打線・あと1本が出ない打線というのには変わりは無いけれど、何せ青木選手&宮本選手がいない打線なのですから、得点能力が下がっても仕方が無いと思うのです。

 やっぱり昨日の試合の勝因は、勝ち投手にはなれなかったけど先発川島投手の好投でしょううれしい顔

 7イニングを投げ被安打5、無四球、奪三振4、失点1で勝ち投手の権利を得て押本投手にマウンドを譲った。

 その押本投手が、相川選手にHRを打たれ同点にされて勝ち投手の権利を消失あせあせ(飛び散る汗)

 個人的に思うんですかど、最近押本投手は不調・登板する度に打たれている、失点している様な気がします。

 やはり前半戦酷使されたツケ・疲れが溜まってきているのが理由ではないでしょうか?

 押本投手というのは、どちらかというとコントロールがアバウトな感じがする投手で、ストレートの速さとフォークボール或いはスライダーで打者を打ち取る・三振に斬って取る投手だと思うので、ストレートの速さが無くなってくると打ち取る・打者をアウトにするのは容易ではないと思います。

 最近の押本投手を見ていると、春先に比べてストレートの速さが無くなってきている様に思えて仕方がありません。
 
 となると、必然的にコントロールがあまり無い・アバウトな押本投手の場合、打たれてしまう・失点してしまう可能性が高いように思えるのです。

 高田監督の投手起用を見ていると、先発投手が6回まで投げた場合は、7回松岡投手・8回押本投手・9回林昌勇投手と言う様に、イニングで投手起用を固定化・拘り過ぎている様な気がします。

 北京オリンピック期間中は、青木選手&宮本選手がいません。

 となると、青木選手&宮本選手がいても得点能力が低いのに、今その2人がいない!

 にも拘らず、不調なリリーフ投手を起用して失点を重ねてしまっては、致命傷になりかねません。

 どうか高田監督、北京オリンピック期間中は柔軟な投手起用・継投をお願いしたいのですが・・・。

 だけど、この冒頭のラッキーな勝ち方と言えば勝ち越し点もね〜うれしい顔

 相手ベイスターズ寺原投手のワイルドピッチによるもの。

 相手の自滅ですよ!

 そこに至るには、飯原選手の好走塁が有ったようですが、高田監督が目指す足を使った野球・機動力野球で勝利をもたらしたと言う事にしておきましょううれしい顔

 だけど、10回裏1アウト1塁バッター相川選手の場面の送りバントは助かったな。

 1塁走者は、俊足の石井琢朗選手。

 ボールカウントによっては、ヒットエンドランや石井選手の足・能力を持ってすれば盗塁も十分考えられたし、相川選手は前の打席でHRを打っている選手。

 ベイスターズ大矢監督の采配に助かられた?

 とは言わないまでも・・・。


 兎に角昨日の勝利は、ラッキーでした。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1