はぁ〜相手から頂いたような・貰ったような4得点・4点差を守れず負けΩÅΩ;

本当嫌になりますは。

福川選手のリードについて批判をしたくは無いのですが、6回裏ノーアウト1、3塁バッターラミレス選手で、スワローズベンチは増渕投手に代えて五十嵐亮太投手を起用。

その高田監督の采配もひとクサリやりたいけど…問題は、この場面での配球ですよ。

4点リードしていて、何故ストライクが入りずらいフォークボールを3球も続けたのか?
五十嵐亮太投手の武器・持味は何なのか?
どういったタイプの投手なのか?を考慮すれば、3球続けてフォークボールを選択する・投げさせるとは…。

あの場面で一番いけないのは何なのか?
分かり切っているはずだ。

そう、フォアボールでしょう!

仮にあの場面でラミレス選手にHRを打たれてもまだ1点スワローズがリードしている。

しかも、ラミレス選手にフォークボールを3球続けた結果がレフト前タイムリーヒットを打たれ繋がれ、亀井選手のダブルプレーと阿部選手のボールカウント2‐0からフォークボールをライト前にタイムリーヒットを打たれ1点差にΩÅΩ;

特に、阿部選手に打たれたタイムリーヒットもフォークボールで、五十嵐亮太投手のストレート・速球に振り遅れていただけにねぇ。

五十嵐亮太投手は、制球力・コントロールを武器にしているのではなく、速球・ストレートを武器にし、そこにフォークボールを如何に組み合わせていけるかが勝負の投手であり、いきなり3球も続けてフォークボールを投げさせた時点で、無様な試合になるのは見えていたね。

それに、松岡投手か7回2アウトから打たれた木村選手とラミレス選手のHRの打たれ方もねぇ!

木村選手には、フォークボールをうたれ、ラミレス選手には、ストレートを打たれ…。

2人とも狙い打ちされたHRですよ(`´)

前の打席で、インコースのストレートを増渕投手かライト線に2ベースヒットを打った木村選手…。

なので次の打席は、変化球、スライダー・フォークボールを狙っていたものと思われるのに…。

もう少し冷静なリードをしてほしかったですねぇΩÅΩ;

ラミレス選手への配球は…もう、良いでしょう。

打たれたのは、ストレートですから…。

私が何を言おうとしているか、お分りでしょう。

木村選手に打たれたHRは、フォークボール…ラミレス選手に打たれたHRは、ストレート…。

6回以降福川選手の頭はパニック状態ですよ!

だったら、ベンチで福川選手に助け船・バッテリーコーチがサインを出すなりしてあげれば良いのに…。
高田監督をはじめとする首脳陣は、福川選手をレギュラー捕手にしたいと、思うなら助け船を出してほしい。

あの古田敦也だって、最初の頃は、そうしていたのですから…。

古田敦也1人でスワローズの黄金時代を築いたわけではありません。

サインを出していた訳ではありません。

野村監督が5年目の平成6年位迄は、試合の要所・大事な場面でサインを出していたそうです。

福川選手や川本選手に対しても、同じ事をしても良いと思うのですが…。

福川選手があれだけ叩かれりゃ…パニック状態になるのも頷ける。

相手とじゃなく、スワローズベンチと勝負をしだしたら終わりだよ。

折角、レギュラー捕手にしたいとして起用しているのだから、配慮が必然だよ。

いくら、育てる為・他人の助けを借りない様に…とはいえ、福川選手には荷が重過ぎるよ。

大事な選手を潰してしまって良いのかい?

そこまでして、育てたいと思う選手なら、配慮も必要だよ。

何とかしないと…。

それは、川本選手についても同様だよ!

本当何とかしてほしいよΩÅΩ;
[Web全体に公開]
| この記事のURL
プロ野球人気・ジャイアンツ人気の低下が叫ばれる昨今、テレビだけでなくラジオにも異変が…。

今日、東京ドームで行われるジャイアンツ対スワローズ戦のラジオ中継は、文化放送とラジオ日本のみ!

TBSラジオは昨日に引き続き、ニッポン放送は今日・明日と、阪神甲子園球場で行われるタイガース対ドラゴンズ戦を中継!

時代は、変わりましたなぁ!

一時期文化放送とニッポン放送が、ジャイアンツ主催試合の中継を締め出されていた時期が有ったけど、それ以外でこんな事が起きるなんてねぇ…。

やっぱり勝たないといかんねぇ。

今日のスワローズの予想先発投手は、増渕投手かぁ。

少なくとも5点取らないと勝てないなぁ!

兎に角今日の試合は、“打線の奮起”が必然ですね。

昨日みたいに6安打では、如何ともし難いね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1