よし!高田野球の真髄みたり!

今日の試合は、そんな感じの試合でしたねぇ!

福地選手の2度にわたるファインプレーに…。

9回に見せた機動力野球!

実に見事な試合でした。

そして、石川投手がよく踏ん張りました。
よく投げました。

タイガース・ボーグルソン投手、スワローズ石川投手の投げ合いは、昔のジャイアンツ槇原投手と、カープ大野投手の投げ合いを彷彿とさせる、息詰まる投手戦で、手に汗握る大投手戦でした。

そんな試合は、タイガースが8回から久保田投手へと、スイッチ。

2イニング目に突如として制球を乱し、9回表先頭バッター福地選手をフォアボールで歩かせ、続く宮本選手が送りバントを成功させ1アウト2塁で、バッター青木選手の場面を作り、結果フォアボールで繋ぎ、続く畠山選手もフォアボールで1アウト満塁と、更にチャンスを広げ…。

バッターは、田中浩康選手を迎える。

実は、畠山選手の打席でスワローズベンチは、ダブルスチールを敢行し、成功させてのフォアボールで1アウト満塁バッター田中浩康選手の場面を迎えた。

この場面で、高田監督はスクイズのサインを送った。

1アウト満塁で、バッター田中浩康選手、ボールカウント1‐0から2球目に、そのサインを送った。

久保田投手の投球は、フォークボールで、ショートバウンドし、矢野選手がボールを前に弾いている間に、3塁走者福地選手が先制となるホームベースを踏んだ\(^O^)/

記録は、盗塁…。

つまり、“トリプルスチール”三重盗が記録された(1塁走者・2塁走者共にスタートしていた)。

結局田中浩康選手は、ピッチャーゴロだったが、久保田投手が本塁へ悪送球し、更に2点追加!

合計3得点、3‐0として、ほぼ試合の趨勢を決めた格好となったo(^∇^o)(o^∇^)o

最後は、林昌勇投手が鳥谷選手にヒットを打たれたものの、後続を断ち3‐0で、シャットアウトリレーo(^∇^o)(o^∇^)o\(^O^)/

いや、驚いたね!

9回表の高田監督の思い切った采配は!

結局9回表スワローズは1イニング6盗塁し、プロ野球記録を更新した訳でしょう!

高田野球の真髄・真骨頂を見た感じがします。

だけど、試合そのものは苦しい試合でした。

この3連戦、スワローズもタイガースも打線の状態は、下降線。

となると、1点が非常に重い1点になります。

その1点をどうやって取りに行くか?防ぎに行くか?が、試合の趨勢を決める。

2〜3点の勝負と、試合開始前秘かに、試合展開をシュミレーションしていた私にとっても、ほぼ読みどおりの展開に、ハラハラ・ドキドキしていたけれど、本当に、勝てて良かった\(^O^)/

今日カープが、ベイスターズに8‐9で敗れた為、スワローズが4位浮上o(^∇^o)(o^∇^)o

明日は、その対カープ3連戦が始まります。

今日の勝ちを生かす為にも、明日の試合を何が何でも勝ってくれよスワローズ!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先程野茂英雄投手が、引退を表明。

MBSタイガースナイター・ニッポン放送ショーアップナイターを聴いていたら、実況の仙田和吉(MBS)アナウンサーが、実況中にそのニュースを読み上げていました。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 は〜なんて情けないチームなんだ涙

 発展途上だから仕方が無いのか?

 それにしたって情けないむかっ(怒り)

 タイガースと同じ8安打しながら、タイガースは2得点!

 一方のスワローズは、無得点(ノ◇≦。)

 本当に情けないね〜

 しかも失点は、4回裏赤星選手の打球を宮本選手がエラーしたものによる失点涙

 村中投手は、7回を被安打6、奪三振5、与四死球2、失点1(自責点0)に抑えていたのに負け投手でしょう涙

 とことんついてないね。

 彼は運に見放されてしまってるよ。

 5月3日の対ジャイアンツ戦といい、昨日といい・・・。

 昨日の試合の最大の敗因は、8回表の1アウト満塁のチャンスを逃してしまった事だね。

 特に、青木選手の三振は痛いむかっ(怒り)

 計算外だよ

 最悪でも犠牲フライ・内野ゴロの間・ゲッツー崩れの間でも得点出来そうなケース。

 それが三振だなんて涙

 しかも3球三振

 クリンナップが、この有様では・・・。

 んで、2アウト満塁とした所で藤川投手を起用したタイガース岡田監督。

 畠山選手には悪いけど、役者が違うは!

 1枚も2枚も・・・いやそれ以上に相手の方が上。

 打てる気配が無かったよ。

 結果は、ご存知の如く空振り三振に倒れTHE・END涙

 

 さて、今日北京オリンピック日本野球代表チームのメンバーが発表されます。

 その中で、おそらく代表選手入りするであろう選手の中に、不安要素が出てきました。

 その選手とは?

 新井選手と上原投手。

 新井選手は腰痛が悪化し、ついに昨日の試合ではスタメン落ち。

 新聞報道によると新井選手は、左腰椎関節炎と診断されたようだ。

 新井選手は今日の試合もスタメン落ちし、暫く様子を見るという事になりそうだ。

 
 一方の上原投手だが、こちらは更に深刻度を増す。

 昨日の札幌ドームで行われた対ドラゴンズ戦で登板したけど、滅多打ち・つるべ打ちされ逆転負け!

 昨日の原監督の采配には、?がつく采配だったけど、それはさておきストレートは走らないは、フォークボールは落ちないは・・・では、相当厳しい感じがします。

 それに、今まで抜群であったアウトコース低目へのコントロール・制球力が影を潜めてしまっている事。

 これは如何ともし難い。

 抑えは藤川投手で充分・大丈夫だ!という声が聞こえてきそうだが、私はそうは思わない。

 理由は、藤川投手のストレートは速いが、速い球を打ち返すことの出来る打者は多いのが国際大会の特徴だ!

 特に、アメリカの選手・マイナーリーグの選手は要警戒だ!

 今回のオリンピックを糧に、メジャーリーグ入りを目指すからだ!

 だとすると・・・。

 如何にアウトコースの低目に制球良く、投げられるか・投げる事が出来るかがカギ!

 そうなると藤川投手の場合は、コントロール・制球力がアバウトなので、一抹の不安を覚える。

 当然アウトコース低目ばかりではなく、インコースの高目や・真ん中低目に落ちるフォークボールも大事だけどね。

 星野監督は、相当頭を痛めたと思いますよ。

 どういうメンバー構成にするかで・・・。 
[Web全体に公開]
| この記事のURL

3件中 1~3件目を表示


1