はぁ、こんなに1点が重いとは…。

8回1アウト満塁で、青木選手がウィリアムス投手に、空振り三振(´Д`)
続く畠山選手も、藤川投手に代わり空振り三振(>_<)

あ〜あ!青木選手だよ(`´)

痛いねぇ!青木選手の三振は!

せめて、犠牲フライを打ってほしかった!

あ〜あ(´Д`)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 昨日ジャイアンツが旭川でドラゴンズに負けた時点で、タイガースに全勝マジック52が一瞬点灯したけど、スワローズがタイガースに6−0で勝利した時点でそのマジックが消滅しました。

 しかし、どうしたものでしょう。

 一昨昨日といい、昨日といい、今までの不振ぶり・打線が繋がらなかった打線が繋がって来たじゃないですか!

 とは言っても、昨日の試合では2回迄でしたが・・・。

 いや〜それよりも川島投手が打線の援護があったとはいえ、2試合連続の好投を見せてくれました。

 昨日は、手術後最長イニングとなる8イニングを投げ投球数124、被安打6、与四死球1、奪三振3、無失点の好投。

 昨日の川島投手は付け入る隙がなかったようです。

 彼の復活は大きいですよ。

 しかし、打線も繋がったね。

 繰り返しになるけど。

 1回表タイガース岩田投手の立ち上がりを攻め、2アウト満塁から飯原選手がレフト線に走者一掃の3点タイムリー2ベースを打ち3点を先制し、続くウィルソン選手が岩田投手の前にバントヒットを狙い、相手のエラーを誘い追加点を挙げ、気が付けば打者10人で4得点を奪う猛攻!

 続く2回表にも、青木選手のライトオーバーのタイムリー3ベースヒットと、田中浩康選手のショートゴロ併殺崩れの間に追加点を挙げ合計6得点。

 投げても川島投手が、7回まで2塁ベースすら踏ませないほぼ完璧なピッチング!

 あと1〜2点追加点を挙げていれば、本当に完璧な試合だったんだけど・・・。

 そこは優勝を狙うだけのチームですよね。

 タイガースは!

 7回まで2塁ベースを踏ませないピッチングを見せていた川島投手も、8回1アウト満塁バッター新井選手というピンチを招くも、空振り三振に仕留め、続く金本選手もライトフライに打ち取りピンチを切り抜けた。

 完封か!

 9回も行くのかな?

 と、思ったけれど・・・。

 9連戦の初戦・病み上がりという事も有り、9回は五十嵐亮太投手にマウンドを譲ったけど、彼が(川島投手)バンバン投げられた日にゃ〜左団扇とは言わないまでも、奇跡の?クライマックスシリーズの夢ではない!

 充分可能性が出てきた訳で・・・。

 それプラス、五十嵐亮太投手も大分良くなってきたじゃないですか!

 ストレートの速さが戻ってきて、フォークボールも落ちるようになってきた。

 連戦が続くこの7月。

 この7月を乗り切る事が出来れば、何とかなると思うのですがね。

 さて、13日から始まった大相撲名古屋場所ですが・・・。

 残念な事に、綱取りがかかっていた琴欧洲は早くも2敗目を喫してしまいました。

 初日に苦手としている安美錦に敗れ、昨日も豊ノ島に敗れ綱取りは絶望的となった。

 結果が出るのには、あまりにも早過ぎた。

 また千秋楽横綱同士相星決戦か?

 それが実力なのなら仕方がないけど・・・。

 もう少ししっかりしないとね!

 大関陣よ!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1