昨日の試合は先発石川投手が好投し、3回畠山選手のタイムリーヒットで挙げた2得点を守るべく奮闘したけど、結局彼には勝ち星がつかず・・・。

 だってさ!

 ドラゴンズの先発投手が、川上憲伸投手で打ち難い・得点を挙げる事が難しいのは分かる。

 だけど、5回までに8安打していて2得点とはむかっ(怒り)

 挙句が、7回石川投手がドラゴンズ打線に1アウト3塁から英智選手にライト前タイムリーヒットを打たれた所で松岡投手と交代した。

 その松岡投手が中村紀洋選手にセンター前ヒットを打たれ1アウト1,3塁のピンチを広げ、続く平田選手の打席でワイルドピッチで同点に追いつかれた!

 だが、スワローズはついていたのだ!

 このワイルドピッチになったのがボールカウント2−3からの球で、フォアボール目の球だった。

 2−3だったという事もあって、中村紀洋選手が投球と同時にスタートを切っていた。

 その中村紀洋選手が2塁を大きくオーバーランし、福川選手の送球によりタッチアウトになった。

 このプレーはついていたという他無い。

 しかし、私は思うんです。

 あの場面でフォークボールを投げさせて・・・。

 ワンバウンドした松岡投手の投球を何が何でも止めてほしかった。

 でも止められなかった。

 大きく弾いてしまったが故に、同点に追いつかれてしまった。

 あの中村紀洋選手の走塁ミス、オーバーランによるアウトが無ければ負けていた事でしょう。

 昨日のあの場面をテレビのスポーツニュースの映像で見ていたけど、福川選手は止めには行っています。

 キャッチャーのプロテクター(お腹の辺り)に当たり、大きく弾かれました。

 用具にケチをつけるつもりは有りませんが、大きく弾くプロテクターだな、と思いました。

 プロ仕様ならば、多少の衝撃を受けてもボールをあまり弾かない、プロテクターを使用しているはずなのに・・・と思ってしまいました。

 多分というか、ほぼ間違いなくあまりボールを弾かないプロ仕様のプロテクターを使用しているものだと思うけど、何とかならないものかね〜。

 福川選手には、あの投球を止められる技術・遠くへ弾かない技術・前にこぼす技術が無いのかね〜。

 それより気になるのが、高田監督の采配だ!

 8回1アウト満塁のチャンスで、福川選手に代打ユウイチ選手を起用した。

 結果は、高く弾んだファーストゴロで3塁走者畠山選手が本塁でフォースアウトになった。

 このシーンをラジオで聴いていたのだが、『3塁走者が足の遅い畠山選手で助かりました。』といった趣旨のコメントを解説の稲葉光雄氏がしていらっしゃいました。

 私は何で代走を出さないのか疑問(畠山選手が、ヒットを打った時点で)に思っていました。

 この本塁フォースアウトで、あ〜この回もまた無得点か・・・と諦めかけていた所で、松岡投手の代打飯原選手が、サード森野選手のグラブを掠め頭上を越す2点タイムリーヒットを打ち勝ち越し点を挙げた。

 本当やっとですよ。

 やっとこさの追加点。

 相変わらずの、拙攻ぶりにはヘキヘキしますね。

 だけどさ。

 今日のサンスポに、“高田采配ずばり”なんて書いてあったけど、畠山選手に代走(8回の場面で)を送らなかった采配は如何なものでしょう?

 同点だから出せなかった。

 もしあの場面得点出来なくて、もし畠山選手が入っていた打順にチャンスが回って来たら・・・という人もいる事でしょう。

 でも、私はあの場面で勝負を賭けてほしかった。

 だって、ユウイチ選手のファーストゴロは、足の速さが普通レベルの選手であればホームイン出来たんでしょう!
 飯原選手がタイムリーヒットを打って救ってくれたけど・・・。

 もし、飯原選手が凡退していたら・・・と思うと、ゾッとしますよ!

 いや、確実に負けていた事でしょう!

 で、9回に畠山選手がヒットを打った所で、やっと代走城石選手を送ったでしょう!

 弱いんだから、一か八かの賭けに出ても良いと思うんだけどな〜。

 最後に、リグス選手が解雇されましたね。

 残念ですね〜。

 だけど、これで良いのでしょうかね〜。

 リグス選手もガイエル選手も今シーズンは大不振です。

 私は、ガイエル選手の方が打つ望みが少ないという気がしてならないのですが・・・。

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1