はぁ、こうも試合のポイントポイントでミスが出たらダメだわな(`´)

まず、村中投手が立ち上がり田中賢介選手のファーストゴロの打球でベースカバーを怠り・いや、スタートが遅れ内野安打にしてピンチを広げ、無駄な失点をファイターズに許し、その後立ち直ったものの、5回2アウトから連打を喰らい又しても5回持たずして7失点KO(>_<)

あ〜返す返すもあの3日の対ジャイアンツ戦での“好投を無にしてしまった”つけが、響いてしまったかな?

それと、5回裏2‐7と5点負けているけど、1アウト満塁ボールカウント0‐3のチャンスで、何故田中浩康選手は打ちに行ったんだ(`´)

あの場面は、絶対待て・ウェーティングだろう。
これは、日本もメジャーリーグでも、4番バッターだろうが9番バッターだろうが、変わらないと思うのだが…。

で、結局犠牲フライによる得点で尻窄み(>_<)

ニッポン放送で解説をしていた関根潤三氏は『見送ってれば、ボール球。何故バットを振ったか!』とコメント。

私は、この0‐3からの強打を我が耳を疑った位だ。
結局この1球が、試合の雌雄を決してしまった。

あの球を見送っていれば、4点差に迫り尚満塁で武内選手・畠山選手と続き、もしかしたらあのダルビッシュ投手を潰せたかも、KO出来たかもしれないのだ。

彼は、当たり前の状況判断も出来ないのか(`´)

ダルビッシュ投手の様な投手を潰す・KOする為には、一気に潰さないと“絶対にダメ”なのに…。

これの何がスモールベースボールだ?!(`´)

ジャイアンツだって、黙って待て・ウェーティングだ(`´)

それを田中浩康選手が打ちにいったばっかりに、反撃ムードを冷ましてしまった。

こりゃ、村中投手の“好投を無にしてしまった”のに続いて、今日の田中浩康選手の1アウト満塁0‐3からの“強打・打ちにいったバッティングは、“今シーズン”が終わる迄言い続ける事柄が増えてしまった。

はぁ4連敗かぁ。

ダルビッシュ投手を、少しだけ慌てさせただけに終わってしまった(>_<)

断っておくが、今日の試合の最大の敗因は、村中投手の7失点で有る事は間違いない事実なのですがね。

でもでも…あの状況で、強打・打ちにいった田中浩康選手のバッティング・状況判断は、許しがたい(`´)

今日は(`´)(`´)(`´)(`´)(`´)マックスモードなのだ!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1