昨日まで我がスワローズは34試合を消化し、16勝18敗勝率.471という成績。

 開幕の対ジャイアンツ3連戦を3連勝し勢いに乗るかと思われたが、その後はピタッと打線の方が音沙汰無し涙

 ここまで戦ってきた高田監督率いるスワローズを見ていると、幾つか感じる事が有る。

 これは、野手陣に怪我人が出ている事。

 開幕直後に、1番を打っていた川島慶三選手が好調なスタートを切ったのに・・・今は復帰したものの一時期戦線離脱。
 そして現在は、青木選手が右脇腹を痛め戦線離脱涙
 しかも、戦線離脱は長引くらしい。復帰は早くて交流戦後半?下手すりゃ、交流戦が終わってから?なんて話もあり、暫く苦戦が強いられそうだ。

 さて肝心の高田監督の采配だが、私は一言言いたい。

 もう少し思い切った采配を、大胆な采配を執っても良いのでは?と、思います。
 残念ながら我がスワローズは、弱小チームです。
 なので、オーソドックス・セオリーどおりの采配を揮ったとしても、あまり意味が無いと言うか、勝てないのではないか?もっと奇襲を使った方が良いのでは?と、思います。

 特に、昨日の試合の9回裏先頭バッター宮本選手がフォアボールで出塁し、ノーアウト1塁となった所で畠山選手を迎えました。
 すると高田監督は、送りバントを命じました。
 う〜ん。どうなんでしょうか?あの場面で、一発長打の有る畠山選手。
 イチかバチか打たせてみても良かったのでは?
 あの場面で送りバントが成功して、一打(タイムリーヒット)が出ていたとしても同点止まり。
 だったら、畠山選手に打たせてみても良かったのでは?
 それが、ダブルプレーに終わってしまったとしても・・・。
 あの場面で、畠山選手に送りバントをさせるよりも・・・スワローズの中で、一発・長打を打てる可能性が高い選手なのですから、打たせてほしかったな〜、と思うのは俺だけでしょうか?

 それと、攻撃陣。先発オーダーの起用法ですか。中途半端な使われ方をしている選手が多い様に思います。

 特に、リグス選手。彼の起用のされ方には疑問符がつきます。

 リグス選手は、スタメンで起用されたナンボの選手です。

 代打で1打席の結果を求めるよりも、スタメンで起用し4〜5打席の結果で求めた方が良い選手だと思います。

 そりゃ確かに、守れないは・走れないは・同じ様な内容で三振する事は承知しています。
 でも、ある試合でスタメンで起用され4打席回ってきたとしましょう。
 そのうち3打席は、同じ様な内容で三振・凡退を繰り返したとしても、残りの1打席で試合を決める一打を打ってくれれば良いのです。
 いや、1打席結果を出してくれれば御の字です。
 リグス選手はそういう活躍をしたじゃないですか!
 4月12日東京ドームで行われた対ジャイアンツ戦で豊田投手から逆転3ランHRを右中間に、4月25日対ドラゴンズ戦で朝倉投手から右中間突破のタイムリー2ベースヒットを打ったじゃないですかむかっ(怒り)

 確かに、股関節の状態が思わしくないと聞きます。

 その影響で・・・。

 と思いますが、どうにかならないですかね。

 今の様に中途半端が一番いけないと思いますよ。

 それが出来ない(リグス選手をスタメンで起用する)のなら、中途半端な起用(リグス選手を代打で起用する)の仕方を止めたら良いと思います。

 それは?



 リグス選手を解雇すべきです。

 それが出来ますか?

 それが出来るなら早くやった方が良いですよ。

 それが出来ないなら、リグス選手をスタメンで起用すべきです。

 ガイエル選手を4番に起用しなけらばならない打線なんて、たかがしれてるむかっ(怒り)

 相手に見下されてしまっている。

 あ〜しんどいな〜。

 折角、リリーフ投手陣が整ったと思ったら・・・涙


 さて最後になりましたが、今週は交流戦前の最後の6連戦。

 その6連戦の先発投手予想を書き込みたいと思います。


 13日 対ドラゴンズ戦 リオス投手
 14日 対ドラゴンズ戦 館山投手
 15日 対ドラゴンズ戦 川島投手
 16日 対タイガース戦 村中投手
 17日 対タイガース戦 石川投手
 18日 対タイガース戦 リオス投手

 と予想します。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1