うぇ〜ん(>_<)結局サヨナラ負けかぁ。

打線は頑張ったんだけど…。
ガイエル選手とリグス選手がねぇ…。
それと、リオス投手だなぁ!
5イニングを投げ被安打7、失点3という結果だし、ガイエル選手&リグス選手は、打てそうな気配が無い(>_<)今日の試合は、外国人トリオが足を引っ張ってくれましたなぁ!

今日の試合で痛かったのは、8回5‐5の同点に追いついて尚1アウト1、2塁バッター田中浩康選手の場面で、ショートゴロ併殺打(T_T)/~

あと1本が出ていればねぇ!

で、最後の新井選手のサヨナラHRは、ラジオによると変化球らしい。

どうして、ストレートじゃなかったのかな?
現状の新井選手は、アウトコースにストレートを投げれば、長打が打てる状態では無かったのに…。
でも、松岡投手はストレートが持ち味の投手ではないので、仕方ないか(T_T)/~

松岡投手が打たれた事よりも、新井選手にサヨナラHRを打たれた配球よりも、そこまでに至る経緯。
つまり、リオス投手のピッチングや平野選手に逆転打を打たれた五十嵐投手のピッチング、ガイエル選手とリグス選手の不振に問題が有るのかと思います。

特に、リオス投手は未だに調子が上がらず…。
そろそろ見切りをつける時が来たかな?

ん〜。もう1〜2回様子を見て決めますかぁ?
せいぜい待ててもGWが終わる迄だな。
我慢出来るのは。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 いや〜試合展開が早い事早い事、もう終わってしまいましたわーい(嬉しい顔)

 今日の試合は、スワローズが石川投手でタイガースがアッチソン両先発投手の投げ合いで始まりました。

 試合は、4−1でスワローズが勝利しました!わーい(嬉しい顔)

 それにしても、今日の試合はおいしい試合展開でした。

 タイガース先発アッチソン投手が勝手にこけてくれたからです。

 だって、初回の1失点だって先頭バッターの青木選手を歩かして2塁盗塁を決められ、川島慶三選手の送りバントで1アウト3塁とし今日の試合で3番に入った田中浩康選手がセンター前にタイムリーヒットで先取得点を挙げ、3回には、1アウトから青木選手がセカンドゴロを打つも平野選手のエラーで出塁し、そこから川島慶三選手がセンター前ヒットし、田中浩康選手のサードゴロで2アウト2,3塁というチャンスを作りバッターガイエル選手という場面で、タイガースアッチソン投手と矢野選手のバッテリーに立て続けにバッテリーエラーが出て労せずして2点を追加わーい(嬉しい顔)
 続く4回にも福地選手のレフト線のヒットを足がかりに2塁盗塁成功とチャンスを広げ、福川選手が左中間突破のタイムリー2ベースでさらに追加点。

 投げては石川投手が、8回被安打5、1失点の好投で、最後は林昌勇投手が締め4−1で逃げ切った。

 今日の試合の石川投手は、左右打者のアウトコースへの制球が良く、ビシバシ決まっていました。

 今日の試合のポイントは、タイガースアッチソン投手のピッチングと金本選手とフォード選手のバッティング不振でしょうね〜。

 特に、1回2アウト満塁のチャンスを逃してしまったタイガース。

 もしこの場面で石川投手が打たれていたら試合展開も変わっていた事でしょうが・・・。

 その2アウト満塁というピンチ(スワローズ側から見て)を切り抜けられたのは、金本選手の三振に有ったと思います。(2アウト満塁の場面で打席に立ったのは、鳥谷選手でしたが)
 4球のうち2球甘い球が来ましたが、その球を何れも見逃して結局最後はアウトコースのボール球に手を出し空振り三振。
 先週行われた対ジャイアンツ戦から観ていて感じる事なんですが、金本選手のバッティングの状態があまりよくない気がします。
 そこへ持ってきて、フォード選手がからっきしダメ。
 現状のタイガース打線を考慮すると、4失点以上すると言うのはあまり考えにくい状況にあるかと思います。

 今日の試合の最大のポイントは、アッチソン投手のピッチングでした。

 私は今日初めて彼のピッチングを観たのですが、走者がいる時といない時との差が激し過ぎます。

 走者がいない時は、“ん、これは打つのが難しそうだ”と言う速い球・キレのある球を投げますが、走者がいる時のピッチングは酷い。
 走者がいなかった時と違って、“球速・キレ・制球”全てが、走者がいない時と比べて落ちてしまう。

 スワローズ戦にアッチソン投手が登板してきた時には、走者を出して足で掻き回す作戦を取れば攻略出来る様に思いました。

 ところで今日の試合、高田監督が動きました。

 打線を大きく入れ替えました。

 青木選手を1番バッターに据え、川島慶三選手を2番に、田中浩康選手を3番に抜擢。

 初回ものの見事に、打線の入れ替えが的中し先取得点を挙げました。

 だけど青木選手はまだまだですね。

 4回福川選手のタイムリー2ベースで追加点を挙げ尚1アウト1,3塁と言うチャンスで、高目のボール球に手を出し浅いライトフライに倒れた場面。

 当分、青木選手の不調が続きそうな気がします。

 今日の試合を見てそれが唯一の気がかりな点ですかね。

 さあ〜明日だ!明日!

 明日こそ良いピッチングを見せてくれよリオス投手!


 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 今日は、近所のネットカフェにてテレビ観戦。

 石川投手5回まで無失点。

 打線も田中浩康選手のタイムリーヒットや相手バッテリーの自滅で4得点わーい(嬉しい顔)

 このまま逃げ切れるか!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 今週の先発予想

 29日 対タイガース戦 石川投手
 30日 対タイガース戦 リオス投手
 1日  対タイガース戦 館山投手

 3日  対ジャイアンツ戦 村中投手
 4日  対ジャイアンツ戦 増渕投手
 5日  対ジャイアンツ戦 石川投手

 6日  対ベイスターズ戦 リオス投手
 7日  対ベイスターズ戦 館山投手
 8日  対ベイスターズ戦 川島投手

 9日  対カープ戦    村中投手
 10日 対カープ戦    増渕投手
 11日 対カープ戦    石川投手

 と予想します。    
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 野球というスポーツは、相手より1点でもより多く得点したチームが勝利する。

 だけど、他のスポーツと違って攻撃するチームのみに得点が与えられる。

  つまり、いくら守ったとしても守備側チームには、”得点は与えられない”スポーツなのだ!

 だから、野球は“点取りゲーム”だ!

 いや逆に相手チームに“得点さえ与えなければ負けない”スポーツなのだ!

  よく、野球はこの2つの意見のぶつかりあって、議論の的となる。

 何を藪から棒に・・と思われるかもしれません。

 それは、昨日甲子園球場で行われたタイガース対ジャイアンツ戦の事ですよ。

 結果は、ご存知の如く4−3でタイガースがサヨナラ勝ちをしました。

 新聞紙上では、クルーン投手の乱調を大きく取り上げられていますが、私はそこまでに至る経緯に問題があったと思います。

 と言うのは、7回表ジャイアンツは、1アウト3塁と言う場面で内海投手に打順が回ってきました。

 そこで原監督が、内海投手に代わり代打谷選手を起用しました。

 結果は、その采配が的中しセンター前にタイムリーヒットを放ち3−1とリードを広げましたが、私はこの采配に疑問に持ちました。
 
 確かに追加点を取れた事は大きい。

 しかし、豊田投手は腰痛で戦線離脱しクルーン投手へ継げる投手がいない・・・。

 となると・・・どうしても7、8回に起用する投手に不安がある。

 だったら、7、8回登板する投手よりも安定感・信頼感のある内海投手に投げさせた方が、長い目で見たら正解だったのでは?

 と、思ったからです。

 で、結果はその不安が的中し・・・エラーで3塁まで進塁した赤星選手が3塁において、代打今岡選手のライト前タイムリーヒットで2−3と一点差にした。

 クルーン投手が登板する前の投手・・・内海投手からクルーン投手への継投の間に登板した投手は、門倉投手、藤田投手、山口投手と3人の投手が登板したが、合格点を挙げられるのは藤田投手だけで、門倉投手と山口投手は、とてもじゃないが制球に不安があり合格点をあげられるピッチングではなかった。
 この3投手で1失点に抑えられたのがむしろ不思議な位で、ラッキー・タイガース打線の拙攻に助けられたと言っても過言ではない。

 で、頼みの綱のクルーン投手が自滅した格好で・・・逆転サヨナラ負けを喫したジャイアンツ。

 昨日の負けは相当響くだろうな〜

 私は今日このブログで、このタイトルで更新したのか?と言うと・・・野球と言うスポーツは、“点取られんゲーム”ではないだろうか!

 如何にして、相手チームの得点を防いでいくスポーツなのではないか!と思ってこのブログを更新しました。

 如何な者でしょうか?

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL

70件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>