引き分けか〜

 スワローズもタイガースも打てないね〜

 ここぞと言う場面であと1本が・・・

 スワローズもタイガースも出ませんね〜

 これで、タイガースとジャイアンツの引き分けの数が並びましたね〜

 スワローズは、一昨日0−5とリードされていた試合を引っ繰り返し勢いの乗って試合に臨んだけど・・・

 昨日は・・・

 だけど、驚いたね〜

 加藤投手先発とはexclamation×2

 イースタンリーグ優勝を決めた試合で先発した彼だったけど、2軍も愛する人のためのHPにも書いたけれど、まだ1軍で活躍出来るレベルに達していないし、そんな状況で投げさせるとは、ましてや先発させるとは、思いもしませんでした。

 その様なレベルの投手を、KO出来なかったタイガース打線の状態も・・・

 さて、セリーグの優勝争いに目を向けると・・・

 ジャイアンツは、クルーン投手の自滅・独り相撲でドラゴンズに敗れ、首位タイガースと2位ジャイアンツの差が0.5ゲーム差に広がった。

 しかし、困ったものだね〜

 クルーン投手は

 投げさせてみないと分からん

 ボールがあっちこっちへと、とっちらかってしまう

 昨日の試合では、フォアボール・フォアボール・ワイルドピッチで、挙句がHRを中村紀洋選手に打たれTHE・END失恋

 独り相撲の、最悪パターンじゃないですか

 原監督が、一瞬映し出されていました。

 場面的には、ストライクが入らず汲々としている場面で・・・

 どんな表情をしているのかな?

 と、見てみたら・・・

 苦笑いしてましたよ

 そりゃ、そうでしょう

 呆れていたんですよ

 あれだけ速いストレートが有るのに、ストライクが入らない

 力んでしまってね。

 クルーン投手は、時々160キロを越すストレートが投げられるのにも拘らず、何故メジャーリーグに昇格出来なかったのか?

 それは、ニッポン放送で解説をしているデニー友利氏曰く『クルーン投手は、チキンハートなんですよ。メジャーリーグのスカウトの中では、そう判断されています。』との事。

 なるほどね。

 あのストレートが有れば、メジャーリーガーだって、そう簡単に打てやしない。

 そう、心の問題ね。

 これで、セリーグもクライマックスシリーズ進出チームが全て出揃いましたね。

 そう、昨日ドラゴンズが勝利し決定しました。

 最後に、昨日ファーム日本一を賭けスワローズとホークスが対戦しました。

 結果は、1−5でスワローズが負けました涙

 残念ながら、高市投手が守備の乱れを有ったけど、事実上の優勝決定戦対ジャイアンツ戦の様な好投を見せられなかったようです。

 しかし、優秀選手賞に引退を表明した真中選手とはね〜

 心中複雑過ぎます



[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1