本当に楽しみですよね。

 ジャイアンツとライオンズとの間で争われる日本シリーズは!

 ライオンズが、西鉄と名乗っていた時代を含めると10回目の顔合わせになるとか・・・。

 そのうちライオンズが日本一になったのは、昭和31〜33年、58年、62年、平成2年の6回。

 ジャイアンツが日本一になったのは、昭和38年、平成6、14年の3回と、ジャイアンツにとっては分が悪い対戦相手。

 しかし最近2回のシリーズでは、ジャイアンツが日本一に輝いています。

 この、ジャイアンツとライオンズと戦い・日本シリーズには因縁めいたものが有りまして・・・

 昭和31〜33年の戦いは、ライオンズ率いる三原監督がジャイアンツを追われ九州・福岡の地から、宿敵ジャイアンツを倒せるか?

 昭和58年のシリーズは、ジャイアンツ藤田監督対ライオンズ広岡監督のジャイアンツOB同士対決とか、昭和62年の衝撃の走塁とか、平成2年まさかの・・・。
 平成6年槙原投手の好投とか?

 色々ありました。

 そこで、色々振り返ってみようかと思います。(VTRでね)


  " target="_blank">昭和58年金森選手サヨナラヒット

  " target="_blank">昭和62年辻選手好走塁

  " target="_blank">平成2年まさかの・・・大追跡

  " target="_blank">平成6年ジャイアンツ日本一

  " target="_blank">平成14年ジャイアンツ4連勝

 その中で最も印象に残っているのは、昭和62年の辻選手の走塁かな?

 当時は衝撃的でした。

 この辻選手の走塁は、計算し尽くされた走塁でした。

 クロマティー選手の緩慢な守備をついてのね。

 果たして今年のジャイアンツ対ライオンズの戦い・シリーズはどうなるのでしょうか?

 また衝撃的な事でも起きるのでしょうか?

 起きてしまいそうで怖い?

 では、今日はこのへんで
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1