ジャイアンツがクライマックスシリーズを制し、日本シリーズ出場が決まってしまったかぁ!

おめでとうジャイアンツ!

やっぱり、貴方は強かった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 セリーグクライマックスシリーズ第2ステージ第3戦が、昨日行われました。

 私は、この試合に勝利した方がクライマックスシリーズを制す・日本シリーズ出場を決める。

 そういった戦いになる試合だ。

 と、書いたけど・・・

 結果は、引き分けでした。

 引き分けという結果に、私は大きな疑問を持つざるを得ません。(後述)

 昨日の試合で、色々ありました。

 ダブルスチールあり、送りバントの構え一転強打させたり、抑え投手を思い切ってイニングの途中で代えてみたり・・・

 その中でも、疑問・納得できない事が有りました。

 それは・・・

 6回2アウト2,3塁、3−2ドラゴンズ1点リードで迎えバッター李選手の場面だ!

 このイニングの川上投手は、ノーアウトから3連打され1点を失い1点差に詰め寄られるものの、小笠原選手とラミレス選手を何とか打ち取ってからだった。

 初球、アウトコースのストレートでボール。
 2球目、アウトコースのフォークボールが甘く入り左中間へ逆転3ランHRされた。

 私は、この場面嫌な予感がしたんだよな〜

 李選手は当たっていないけど・・・

 一発長打が有るし・・・

 李選手のネクストバッターが、彼(李選手) よりもさらに輪をかけ不振な状態の高橋由伸選手。

 敬遠もあるかな?

 勝負するなら、インコースのストレートを思い切って攻められるかだな〜

 でも、投げ損なって一発は怖いし・・・

 その、投げ損なってというのが、インコースのストレートを投げさせなかった・躊躇させたのでしょう。

 何故?インコースのストレートを思い切って?

 それは、李選手がインコースのストレートを打てないから。特に、右投手の投げるインコースのストレートを打った場面を最近見た事が無い。

 少なくとも、ここ2シーズンは打っていない様な気がします。

 その代わり、変化球はよく打っていますが・・・。

 何で、あの場面でアウトコースのフォークを投げてしまったのかな?

 と、疑問だらけですよ。

 第一、亀井選手に打たれた2ベースヒットもアウトコースのフォークボールじゃなかったでしょうか?

 だったら何故に・・・

 終わってしまった事ですから、今更何を言っても始まらない。

 う〜ん。

 最後にもう1つ。

 このクライマックスシリーズの制度そのものに疑問ですね。

 まずは、3位のチームが出場する事。

 これは言わずと知れた、下手したら勝率5割を切るチームが出場し、日本一に!というのはおかしいし・・・

 ペナントレースの価値・意義って何?

 という疑問も巻き起こるし・・・

 延長戦そのものが、シーズン・ペナントレースと一緒の12回というのもね〜

 昔パリーグは、プレーオフ制度を取り入れていました。

 そう、前期・後期の2シーズン制でね。

 その時の延長戦のルールは、ペナントレースが試合開始から3時間を超えると新しいイニングに入らない(雨中断等を含む)と言うルールで、プレーオフは、試合開始から4時間を超えると新しいイニングに入らないと、より引き分け試合を作らない(シーズン中・ペナントレースの時よりは、引き分け試合を無くす)ルールでした。

 クライマックスシリーズのような、大事な試合での引き分けは、しらけさせると言うか、空しさだけが残り、スッキリしませんね。

 せめて、日本シリーズ並みに15回までやってくれないものでしょうかね〜

 はあ〜これで、ジャイアンツが王手か〜

 ドラゴンズの救いは、山口投手を3イニングも投げさせた事位かな?

 少なくとも今日は、ワンポイント以外で使われる事は無い。

 しかし、クルーン投手は危なっかしい。

 もう、クライマックスシリーズの登板は無いかも。

 ジャイアンツの日本シリーズ出場が、今日決まってしまうのか〜?

 今日決めないと最終戦まで縺れるぞ〜

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1