やっと決まりました。

 思いのほか苦戦しましたね。

 ライオンズの日本シリーズ出場が決定しました。

 でも、苦戦というものでもないか!

 昨日も打線が爆発し、投げても先発涌井投手が7回2アウトまでパーフェクトピッチング!

 言う事無し

 文句のつけようの無い試合展開でした。

 おめでとう!

 埼玉西武ライオンズ

 やっぱり貴方達は強かった!

 去年の5位という成績・結果が異常だった。

 日本シリーズでも思う存分実力を発揮してくれよ。

 話は変わって・・・

 セリーグクライマックスシリーズ第2ステージが始まりました。

 結果は、4−3でドラゴンズが勝利しました。

 なんと重たい雰囲気の試合なんで御座いましょうか。

 試合時間が、4時間5分ですもの

 テレビ&ラジオ観戦の私でしたが・・・

 疲れてしまったせいか、今朝寝坊してしまった涙

 あ〜恥ずかしい

 それはさておき

 ジャイアンツにとっては、最悪とも言える試合展開でした。

 それは、クルーン投手が例によっての自滅?

 いや、打ち込まれてしまっての敗戦!

 ジャイアンツにとっては、一番恐れていた展開での敗戦が・・・

 いきなり

 初戦で起きてしまった。

 終わってしまった事は仕方が無いけれど、

 ただの1敗以上の敗戦ではない事は確かですね。

 それに、先発したグライシンガー投手の不振・不出来もさる事ながら、野手陣の中でも不振・状態が底・調子が良くない・絶不調と思われるバッターが2人もスタメンに名を連ねているのが痛い。

 それは、李承燁選手と小笠原選手です。

 李承燁選手は、インコースの速い球についていけず(シーズン中からそうでしたが)

 小笠原選手は、バットが下から出ていてスイングの軌道がどうもよろしくない。

 李承燁選手と小笠原選手の状態どちらがより深刻かと尋ねられれば、小笠原選手ではないかと思う。

 どちらの選手も間違ったら・・・

 というのが有るけれど・・・

 仮に間違ったとしても、小笠原選手の方が打ち損じてくれるというか、その可能性が高いからである。

 で、昨日の試合明暗を分けたとは?

 と言うと・・・

 いくつか有るけれど・・・

 そのいくつかを挙げたいと思います。

 まずは・・・

 5回1アウト1,2塁でT・ウッズ選手のショートゴロを野選・フィルダースチョイスを誘った場面ですね。

 素晴らしかったですね。

 走塁が。

 そう、1塁走者の荒木選手の走塁がねえ!

 リードオフもそうだけど、スタートも早かった。

 坂本選手が、2塁へ投げた事自体は正しいし・・・

 投げるべきたったと思う。

 しかし、それを上回った荒木選手の走塁は見事・プロのプレー・お客さんがお金を支払ってみる価値のあるプレー・走塁でした。

 それと、8回裏1アウト満塁バッター代打高橋由伸選手の場面でしょう。

 でもね。

 実を言うとこの場面。

 あろう事か、私の携帯ラジオが反逆?

 いや、電池切れを起こしましたね

 肝心な場面が聞けなかったんですよ。

 慌てて、電池を変えている間に・・・

 ショートゴロ併殺打に倒れていた涙

 あ〜何たる不手際を・・・

 この場面を迎えて・・・

 1アウト満塁バッター高橋由伸選手を迎えてどう思ったか。

 さあ〜これで一気に勝ち越し・満塁HRか?

 それとも、三振に斬って取ってやるぞ?

 いやいや、一気にゲッツーだ?

 押し出しもあるかも?

 と、ファンの間では色々駆け巡ったかと思います。

 で?

 私はどんな事を思っていたかと言うと・・・

 今シーズンの高橋由伸選手は、意外と脆い。

 特に、縦系の変化球についていけない。

 速い球にも振り遅れる傾向が有るので・・・

 三振かな?

 と、出てきた瞬間に思いました。

 いや、大量失点のピンチ一転、うまくしたら0点・無失点で切り抜けられるかも・・・

 と、思いました。

 結果は、ショートゴロ併殺打でした。(その直後にラジオが聞けるようになった。涙

 ドラゴンズ内野守備陣系は、当然の如く前進守備でしたが、井端選手はセカンドゲッツーを狙いにいきました。

 状況的には、ホームゲッツーを狙いにいくのがセオリーなんですがね。

 理由は言うまでも無く、ゲッツー崩れで失点を防ぐ為ですがね。

 しかも、あの守備は前進守備で後ろに下がりながら2塁ベースを踏み、

 ダブルプレーにしたのですから

 凄い!

 参りました!

 の、プレーですよ!

 相手・ジャイアンツにとってはね!

 それプラス、ジャイアンツにとってはクルーン投手が打ち込まれて負けてしまった。

 これは予想以上に大きい!

 痛い敗戦ですよ!

 ジャイアンツにとってはね。

 でも幸いな事に、

 ドラゴンズには、昨シーズンまでみたいな絶対的な守りの野球・投手がいないだけに、ジャイアンツは救われる。

 と、同時にドラゴンズは捨てゲームを1試合作れる。

 今シーズンのドラゴンズは、6連戦(しかもずっと同じ相手)となると、先発投手が足りなくなる。

 必然的に、捨てゲーム。

 能力の落ちる投手を先発投手で起用せざるを得ないのである。


 それだけに、ドラゴンズの昨日の勝利は大きかったように思います。

 今日はジャイアンツが上原投手で、ドラゴンズが朝倉投手?(サンスポの予想では)小笠原投手?(私の予想です)と予想されています。

 あ〜2試合目・2戦目で、先発投手が読めないだなんて・・・

 昨シーズンもそうだったけど

 今シーズンと昨シーズンの違いは、投手のレベルの違いだよな。

 今シーズンと昨シーズンを比べて、ドラゴンズの先発投手陣のレベルが多少落ちている気がする。

 その分ジャイアンツが有利だけど・・・

 阿部選手の怪我と・・・

 昨日の鈴木選手の怪我がどう出るかだよね〜

 今日ジャイアンツが負けるとなると・・・

 3位のチームが、日本シリーズ出場と言う公算が高くなるような気がします。

 今日の試合が見ものですよ。

 大事ですよ。

 今日の試合のポイント?

 それは・・・

 言うまでも無く・・・

 ジャイアンツ&ドラゴンズの先発投手と継投時期ですね。

 特に、先発投手の出来・不出来は、試合の趨勢そのものを大きく決めてしまう可能性があるのでね。

 大いに注目して下さい。

 長々とした文になりましたので、今日はこのへんで・・・ 
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1