ゴールデングラブ賞が昨日発表されたのか〜

 我がスワローズからは、石川投手と青木選手が受賞しました。

 2人も受賞しましたか〜

 しかし、日本シリーズ直前の発表というのも釈然としないというか・・・

 あっ!そうそうフィリーズのワールドチャンピョンが先程決まりましたね。

 おめでとうございます[乾杯][拍手][クラッカー]
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 日本シリーズが明後日から始まるというこの時期に、ドラフト会議をやるのは如何な者かと・・・。
 
 スワローズは、一体誰を指名するのか?

 思うような補強が出来るのか否か?

 心配だな・・・

 さて、日本シリーズ開幕まであと2日となりました。

 そこで、ジャイアンツ&ライオンズの総合的な評価をしてみました。

 評価は10段階です。


       ジャイアンツ   ライオンズ

 先発投手   8          7 
 中継ぎ投手  7.5        7.5
 抑え投手   7          8

 内野守備   7.5        7
 外野守備   7.5        8.5

 長打力    9          8.5
 走塁&盗塁  8          8.5
 打撃力    9.5        9
 

 総合力    8          8 

 と言う様な形・私なりの分析です。

 ん?


 全くの五分じゃないか!

 どうして、こういう分析をしたかと言うと・・・

 先発投手は、ジャイアンツの方が安定感が有るので、差をつけました。

 それプラス、イマイチ読みきれないライオンズの方が能力的に落ちるかな?

 と、分析しました。

 中継ぎ投手・・・

 これは、勝ちパターンでない投手が登板すると・・・

 両チーム共に大量失点してしまいかねない投手陣ですよね。

 なので、五分にしました。

 抑え投手ですか・・・

 クルーン投手が私の目には、不安・シリーズの雰囲気にのまれなきゃ良いが・・・と、思うので差をつけさせて頂きました。

 内野守備ね〜

 この部門は、共に不安有り。

 ジャイアンツは、セカンドの守備に・・・

 ライオンズは、サードかな?

 ジャイアンツは、セカンドに関してはレギュラーポジションを獲得したと思われる選手がいない事。

 したがって、不安定と判断し・・・

 ライオンズは、サード中村選手・おかわり君の守備に不安有りと判断しました。

 外野守備は、ライオンズの方がやや上。

 それは、肩ですね。

 それと、ジャイアンツはラミレス選手の守備に不安が有ります。

 それに、ライトの守備位置もセカンド同様レギュラーポジションを奪取した選手はいないように思います。

 報道によれば、本来その守備位置に入るべき高橋由伸選手が腰痛の悪化でシリーズは出場しないとの事。

 残念ですね〜

 ジャイアンツにとって、痛手にならなければ良いのですがね。

 長打力に関しては、ほぼ互角と思いましたが・・・

 それでもジャイアンツを評価を上にしたのは、主力選手の状態がシーズン終盤上がってきた事を理由に上にしました。

 走塁&盗塁は、ライオンズがやや上。

 ジャイアンツは、鈴木選手の役割が大きい。

 彼がいなかったら、圧倒的にライオンズが上にいく所でした。

 打撃力、この部門もあえてジャイアンツを上に評価しました。

 それは、長打力と同じとちょっと実践から離れてしまっているライオンズの方がやや落ちるかな?

 と、判断した為です。

 しかし、報道によると・・・

 第1戦の先発投手が、ジャイアンツは上原投手だという。

 う〜ん

 これは、如何な者でしょうかね〜

 上原投手は、中4日では無理でしょう・・・

 第1戦で先発する投手は、出来れば中4日、或いは中3日でいって貰いたいと思うのが、普通ではないでしょうか?

 上原投手の足の状態を考慮すると・・・

 う〜ん・・・
 
 この選択が、どう出るかですよね。

 シリーズの明暗を分けるような気がします。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 本当に楽しみですよね。

 ジャイアンツとライオンズとの間で争われる日本シリーズは!

 ライオンズが、西鉄と名乗っていた時代を含めると10回目の顔合わせになるとか・・・。

 そのうちライオンズが日本一になったのは、昭和31〜33年、58年、62年、平成2年の6回。

 ジャイアンツが日本一になったのは、昭和38年、平成6、14年の3回と、ジャイアンツにとっては分が悪い対戦相手。

 しかし最近2回のシリーズでは、ジャイアンツが日本一に輝いています。

 この、ジャイアンツとライオンズと戦い・日本シリーズには因縁めいたものが有りまして・・・

 昭和31〜33年の戦いは、ライオンズ率いる三原監督がジャイアンツを追われ九州・福岡の地から、宿敵ジャイアンツを倒せるか?

 昭和58年のシリーズは、ジャイアンツ藤田監督対ライオンズ広岡監督のジャイアンツOB同士対決とか、昭和62年の衝撃の走塁とか、平成2年まさかの・・・。
 平成6年槙原投手の好投とか?

 色々ありました。

 そこで、色々振り返ってみようかと思います。(VTRでね)


  " target="_blank">昭和58年金森選手サヨナラヒット

  " target="_blank">昭和62年辻選手好走塁

  " target="_blank">平成2年まさかの・・・大追跡

  " target="_blank">平成6年ジャイアンツ日本一

  " target="_blank">平成14年ジャイアンツ4連勝

 その中で最も印象に残っているのは、昭和62年の辻選手の走塁かな?

 当時は衝撃的でした。

 この辻選手の走塁は、計算し尽くされた走塁でした。

 クロマティー選手の緩慢な守備をついてのね。

 果たして今年のジャイアンツ対ライオンズの戦い・シリーズはどうなるのでしょうか?

 また衝撃的な事でも起きるのでしょうか?

 起きてしまいそうで怖い?

 では、今日はこのへんで
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 ジャイアンツとライオンズとの間で争われる事となった今年の日本シリーズは、一体どんな展開を見せるのか?

 楽しみですね。

 しかし、開始が11月1日からとなると、寒いですよね〜

 特に西武ドームでの試合は、極寒の中試合が行われる事でしょう。

 さて、私なりのシリーズの予想を・・・

 と、ちょっとその前に・・・

 こんなアンケートを実施しています。(SPORAのアンケートだよ)

 そう、題して日本シリーズ!

 ジャイアンツ?ライオンズ?どちらが日本一になるのか?

 このアンケートは、1日の夕方まで受け付けているのですが・・・

 圧倒的にライオンズ有利という見方が、されていますね。

 と言うか、アンチジャイアンツファンの方が多いようです。

 何しろ、16票中1票しかジャイアンツ日本一と予想されて方がいらっしゃいません。

 何たる不思議?
 
 いや、アンチジャイアンツファンなら当然かな?

 それでは、私なりの予想を・・・

 このシリーズ・・・

 今年のシリーズのカギとなるのは、先発投手だと思います。

 先発投手の出来が明暗を分けると思います。

 と言う事なので、第1〜7戦までの両チームの先発投手を予想してみました。


 ジャイアンツ

 第1戦 グライシンガー投手
 第2戦 上原投手
 第3戦 高橋尚投手
 第4戦 内海投手
 第5戦 グライシンガー投手or東野投手
 第6戦 上原投手orグライシンガー投手
 第7戦 高橋尚投手or上原投手

 
 ライオンズ

 第1戦 涌井投手or石井一投手
 第2戦 同上
 第3戦 帆足投手or岸投手
 第4戦 同上
 第5戦 涌井投手・石井一投手・西口投手
 第6戦 涌井投手or石井一投手
 第7戦 涌井投手・石井一投手・帆足投手・岸投手

 と予想してました。

 って?ライオンズは全然予想出来ていないジャンむかっ(怒り)

 すみません[すいません]

 ちょっと説明させて下さい。

 ほぼライオンズの第1戦の先発投手は、涌井投手で間違いないと思うのですが・・・

 2つの理由で、石井一投手になる可能性があると思います。

 それは、石井一投手の経験とグライシンガー投手とのエース直接対決を避けたいと言う思惑が有るからです。

 はっきり言ってしまえば、第2戦重視と言う奴で・・・

 第1戦で、涌井投手或いは石井一投手が先発する事は間違い無いと思います。

 したがって第2戦は、第1戦で先発しなかった方の投手が先発すると思います。

 第3〜4戦も同様です。

 理由は異なりますが・・・

 第3戦で先発しなかった方の投手が、第4戦で先発すると思います。

 つまり・・・

 第3戦帆足投手が先発なら、第4戦は岸投手が・・・

 第3戦が岸投手なら、第4戦は帆足投手という様にね。

 第5戦は、西口投手の怪我の回復具合によって変わると思います。

 回復しているならば、西口投手で・・・

 していなければ、第1戦の先発投手が・・・

 と言う事になると思います。

 一方のジャイアンツですが、こんなもんでしょう!
 
 入れ替わるとしたら、第3戦と第4戦ですね。

 第5戦グライシンガー投手or東野投手となっているのは、ジャイアンツが3勝1敗の時のみ東野投手先発で、それ以外の場合はグライシンガー投手でしょう。

 はっきり言って、ジャイアンツの方が先発投手は読みやすいですね。

 で?

 私の予想は?


 う〜ん

 4勝2敗でライオンズかな?

 理由?

 それは・・・

 ジャイアンツは、クルーン投手だよな〜

 日本シリーズ独特の雰囲気に呑まれなきゃ良いけど・・・

 チビリ・チキンハートだしな〜

 ジャイアンツもライオンズも、打撃・攻撃力のあるチーム同士のシリーズ

 打ち合いになる事が多いのでは?

 という前評判だけど・・・

 それはどうかな?

 それに、機動力も使える同士の対決。

 私が思うに、打撃戦になるとしたら第4戦以降の様な気がする。

 何も根拠は無いけどね。

 さあ〜どんな戦い・試合を見せてくれるか楽しみですね。

 最後になりましたが、日本シリーズの地上波のテレビ中継の予定を掲載したいと思います。


 第1、6〜7戦 日本テレビ系列

 第2〜5戦   テレビ朝日系列

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 う〜ん

 2匹目の土壌はいませんでした〜

 やっぱり・・・

 ジャイアンツがクライマックスシリーズを制しましたね。

 このクライマックスシリーズを見ていて、ドラゴンズの守りの野球が昨シーズンと比べて落ちていたということが浮き彫りになりましたね。

 それは、8回先頭バッター寺内選手がレフト線をゴロで破る2ベースヒットを打ちました。

 野球のセオリーでは、競っている場面で(昨日の試合では2−2)塁線をゴロで抜かれ長打にしてしまう事は、タブー・有ってはならない事とされています。

 それだけの事を見ても、ドラゴンズらしくないというか・・・守りの野球が昨シーズンと比べて落ちていたことを象徴したプレーだったのではないでしょうか?

 それに、谷繁選手のリードの冴えもイマイチでしたね。

 一昨日も昨日も、肝心な場面で配球に疑問を持たざるを得ないケースがありました。

 特に、8回ラミレス選手に打たれたHRの配球は・・・

 何故、HRバッターに・・・

 ノーアウトとはいえ、1塁が空いているのに・・・

 初球からストレートを投げさせたのか?

 確かに、チェン投手が投げていた時は成功したけれど・・・

 4番バッターで、5年連続100打点以上マークしているバッターが、1試合で同じ失敗を繰り返すなんて考えられないよ。

 まあ〜兎も角今年の日本シリーズは、ジャイアンツのライオンズとの間で争われる事になりました。

 この顔合わせは6年ぶりで当時いた選手といえば、ジャイアンツは高橋由伸選手と高橋尚投手と上原投手?位かな?(あと二岡選手もいたか)

 ライオンズは・・・う〜ん・・・西口投手くらいしか思い浮かばないな〜

 ジャイアンツ?ライオンズ?どちらが日本シリーズを制しますか!

 楽しみだな?
[Web全体に公開]
| この記事のURL

37件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 >>