日本シリーズ第1戦を見て感じた事、それは・・・

 今年のシリーズは、縺れそうだ。

 そういう感想を持ちました。

 それを、第2戦を見て確信しました。

 ライオンズもジャイアンツも打線が繋がらない

 得点能力が落ちている。

 バッターの調子が良くない・実戦から少し遠ざかっている影響があってか、本調子ではない。

 そんな感じが見て取れました。

 だけど、東京ドームというのはよくボールが飛びますね〜

 昨日も2本のHRが飛び出したけど・・・

 その2本とも価値有るHR!

 4回中島選手の2試合連続HRも

 そして、言わずもがなのラミレス選手のサヨナラHRも!

 ここでは、9回ラミレス選手のHRについて書きたいと思うけれど・・・

 打ったラミレス選手は流石!とは、思うけれど・・・

 あのHRは防げたよね。

 第一9回頭からライオンズの投手が、岡本投手と聞いて・・・う〜んこれは・・・

 と、思いました。

 それは、ジャイアンツのサヨナラ勝ちの予感が・・・

 と言うのが、有りました。

 私の印象では、岡本投手はよく大事な場面でHRを打たれる印象を持っていたからです。

 その印象そのままに・・・

 打たれてしまった訳で・・・

 そのラミレス選手のHRを打たれる予感と言うか・・・

 前兆現象なるものが有りました。

 それは、デッドボールの影響で退いた小笠原選手に代わり寺内選手の初球でした。

 ど真ん中の抜けたスライダーを見逃してくれたおかげで、事無きを得ましたが・・・

 見ていてヒヤッとしました。

 寺内選手を三振に仕留め1アウト

 私がここで考えた事とは?

 ここで、ラミレス選手と無理に勝負しなくて良い、最悪フォアボールでも・・・と、思いました。

 理由は、ラミレス選手は足が速いわけではなく盗塁と言う可能性は低い。

 有るとしたらヒットエンドラン位で、亀井選手も寺内選手も使ってしまっているし、谷選手もスタメンで起用され6回に退いている。

 と、なると・・・代走も起用されないであろうと言う読みでした。

 にも拘らず・・・

 スライダーが抜けてど真ん中に・・・

 打たれて当然のサヨナラHRでした。

 岡本投手と細川選手のバッテリーがどういう意図で、スライダーを投げさせたのか?

 カウントを稼ぎに行ったのか?

 ボール球で誘いに行ったのか?

 実に中途半端な球でした。

 それに付け加えれば、岡本投手は昨シーズンまでドラゴンズに在籍していた投手。

 ラミレス選手は、岡本投手の特徴を良く知っている投手。

 そこも、ラミレス選手に有利に働いた・サヨナラHRを打たれてしまった原因ではないのか?

 これで、1勝1敗のタイ!

 明日、西武ドームで仕切り直しか。

 第3戦はライオンズが石井一久投手で、ジャイアンツが内海投手か。

 普通に行けば、3〜4点の勝負かな?

 両先発投手共に、立ち上がりだね。

 試合・シリーズのポイント?

 それは、4番バッターだね。

 まだ本領を発揮してないよ。

 ラミレス選手は、サヨナラHRを打ったけど本調子とはいえないと思う。

 中村選手はまだノーヒット!

 4番バッターの復調もシリーズの鍵を握りそうだ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 ついに開幕した今年の日本シリーズは、例年より遅めの11月1日スタートうれしい顔

 去年の11月1日と言えば、ドラゴンズ山井投手のパーフェクトピッチングをしていたのにも拘らず落合監督が、岩瀬投手に交代させあの采配は如何に?と、物議を醸し出したあの采配からはや1年が経った日でもあったのだ。

 さて肝心の試合展開は、ジャイアンツ上原投手、ライオンズ涌井投手の先発で始まり、ライオンズ先発涌井投手が8イニングを被安打1、失点1、に抑え勝利投手となった。

 上原投手も7イニング被安打5、失点2の好投も後藤選手と中島選手にHRを喫し好投が報われなかった。

 私が思うに、上原投手も涌井投手もシーズン中の上のレベルのピッチングであった。

 しかも、10段階評価で評価すれば、上原投手が10で、涌井投手はそれ以上だったのではないか!

 それ位良いピッチングをしていました。

 だけど、2−1という差がついてしまったのは何故か?

 それは・・・

 ストレートの速さ・球威という点だと思う。

 上原投手も涌井投手もストレートの走り・速さ・球威は申し分無かった。

 だが、上原投手はご存知の如く下半身・足の故障を抱えているが故に・スタミナという点で不安が残る。

 それが、如実に現れた格好だ。

 それプラス、昨日のライオンズ打線は上原投手のストレートに的を絞っていたように思われる。

 それは、立ち上がりからそうでストレートが来るとボール気味の球でも振り回していた傾向があった。

 ただ昨日の上原投手は、ストレートに球威があった為1回り目は振り遅れ傾向にあったが、2回り目にはちゃんと照準を合わせ振り遅れないでいた。

 その振り遅れていなかったバッティングは、3回片岡選手のファウルと4回中島選手のファウルの仕方を見れば一目瞭然だ。(共にインコースのストレート)

 思い切って振って、大きくレフトへのファウルだったからだ。

 その傾向を見逃してしまったのか?

 ジャイアンツが、ラッキーなラミレス選手のタイムリー2ベースヒットで先取点を挙げた直後に、後藤選手に喫したHRは、インコースのストレートを投げさせようとしたのが甘く入りバックスクリーンまで運ばれてしまったものだ。

 6回2アウトから打たれた中島選手のHRも同様だ。

 インコースのストレートを要求したけれど、これも甘く入り打たれてしまった。

 何故甘く入ってしまったか?

 それは、4回中島選手に与えたデッドボールが起因しているように思われるが、上原投手はアウトコースの低目・アウトローのストレートを投げる事、フォークボールを自由自在に操れる事を考えれば、アウトコースのストレートかフォークボールでも良かったのではないか?

 いや、フォークボールにした方が良かったように思う。

 この日本シリーズは、阿部選手がマスクを被る事が出来ないのが痛い。

 打席には立てるようだが・・・

 もし、阿部選手が健在ならば・・・

 と、思わされた試合だった。

 それに比べ、涌井投手は打てる隙を与えなかった。

 ストレートの早さ・球威・キレ・変化球とどれをとっても、今シーズン一番の出来だったのではないか?

 確かに、何球か甘い弾はありました。

 それを打ち損じたり、見逃してくれたり等有りましたが、打たれようが、打たれまいが、表情1つ変えず・淡々と投げる姿には驚かされましたね。

 やっぱりこれは、横浜高校時代に培われた事なのでしょうかね?

 9回1イニングはグラマン投手にマウンドを譲ったけれど、それは中4日で第5戦に先発させる為で、中4日で投げさせられる目処がついたライオンズは勝利した事と共に、大きかった様に思う。

 ジャイアンツとすれば、ラミレス選手が2度のチャンスにダブルプレーに倒れた事が痛かった。

 1つは、6回1アウト1,2塁でアウトコースのスライダーを打ちに行きピッチャーゴロ併殺打。
 
 もう1つは、9回1アウト1塁でアウトコースのシュートをこれまたピッチャーゴロ併殺打に倒れゲームセット。

 打ち気にはやっていた?

 う〜ん

 何とも言えないけれど、そう言われても仕方が無かったですね。

 ラミレス選手は基本的に、インコースは強い。

 逆に、アウトコスは弱い。

 特に、アウトコースへ流れるストライクからボールになる横の変化球とアウトコースよりに落ちる球にはね。

 それをうまく投げられた事が、彼を併殺打に仕留めた原因だと思います。

 さて今日第2戦が行われるけど、どんな試合展開がなされるのか楽しみだな。

 ジャイアンツが高橋尚投手で、ライオンズが帆足投手?

 と予想されていますが、どうなのかな?


 最後に、マニアックな?情報を1つ。

 それは・・・


 この日本シリーズで、スワローズOBの有隅昭二審判員(セリーグ)と津川力審判員(パリーグ)が、共に日本シリーズ初出場を果たしました[クラッカー]

 有隅審判員は第3戦で、津川審判員は、第4戦で球審を務めます。

 注目してね。

 特に津川審判員は、パリーグ史上最短タイの8年目での日本シリーズ初出場となります。(平成2年山本隆造審判に並ぶ)


 因みに、今日の球審は初出場となる丹波幸一審判員(パリーグ)が務める予定です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 今日から待ちに待った日本シリーズが、始まります。

 昨日、監督会議が行われました。

 その中で、ジャイアンツ原監督が予告先発を提案したのだという。

 結果は、勿論の如く却下されたが・・・。(渡辺監督が申し出を断った為)

 私は、この行為に疑問を感じざるを得ない。

 このブログで、戦力的にはほぼ互角と書きました。

 しかし、底力を考慮すればジャイアンツの方が圧倒しているように思う。

 だったら、ジタバタせず・・・

 にも拘らず、何故予告先発原監督の方から行ったのか?

 提案したのが、渡辺監督ならいざしらず・・・

 解せないね。

 理解し難いね。

 大体こういう事を提案した方が、下・負けている様な気がする。

 それは、野村対森の最初の日本シリーズ対決の時(平成4年スワローズ対ライオンズのシリーズ)に、野村監督が盛んに森監督を挑発し、記者陣に求められた記念撮影の時でさえVサインをして写真に納まろうとする等していた。

 その時野村監督が発した言葉の中に、『こういう事をするのは、弱いチームの監督がする事。』と、わざわざ記者陣を前に発言し、これまた森監督を挑発?いや?ホンネ?

 当時物議をかもし出したものだ。

 それを思い出してしまった原監督の予告先発提案だった。

 シリーズが始まる前は、ライオンズ渡辺監督の方がどっしりしている様な気がする。

 ジャイアンツは、ドラゴンズを意識し過ぎたが故にスワローズに開幕3連戦3連敗を喫してしまった失敗が生かされていないようである。

 あっ、そうか!

 先発投手が読みきれない?

 順番が読みきれないから提案したんだ!

 なるほどね。

 ジャイアンツ打線は、確かに強力ではあるけれど左投手用と右投手用とオーダーが代わりますからね。

 でもね。

 ここまで来て、監督がジタバタしちゃいかん。

 特にジャイアンツは!

 シリーズが始まる前の勝負では、ライオンズが勝利しているように思う。

 今年のシリーズが、どの様な結果に終わるかは分かりませんがね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 日本シリーズが明後日から始まるというこの時期に、ドラフト会議をやるのは如何な者かと・・・。
 
 スワローズは、一体誰を指名するのか?

 思うような補強が出来るのか否か?

 心配だな・・・

 さて、日本シリーズ開幕まであと2日となりました。

 そこで、ジャイアンツ&ライオンズの総合的な評価をしてみました。

 評価は10段階です。


       ジャイアンツ   ライオンズ

 先発投手   8          7 
 中継ぎ投手  7.5        7.5
 抑え投手   7          8

 内野守備   7.5        7
 外野守備   7.5        8.5

 長打力    9          8.5
 走塁&盗塁  8          8.5
 打撃力    9.5        9
 

 総合力    8          8 

 と言う様な形・私なりの分析です。

 ん?


 全くの五分じゃないか!

 どうして、こういう分析をしたかと言うと・・・

 先発投手は、ジャイアンツの方が安定感が有るので、差をつけました。

 それプラス、イマイチ読みきれないライオンズの方が能力的に落ちるかな?

 と、分析しました。

 中継ぎ投手・・・

 これは、勝ちパターンでない投手が登板すると・・・

 両チーム共に大量失点してしまいかねない投手陣ですよね。

 なので、五分にしました。

 抑え投手ですか・・・

 クルーン投手が私の目には、不安・シリーズの雰囲気にのまれなきゃ良いが・・・と、思うので差をつけさせて頂きました。

 内野守備ね〜

 この部門は、共に不安有り。

 ジャイアンツは、セカンドの守備に・・・

 ライオンズは、サードかな?

 ジャイアンツは、セカンドに関してはレギュラーポジションを獲得したと思われる選手がいない事。

 したがって、不安定と判断し・・・

 ライオンズは、サード中村選手・おかわり君の守備に不安有りと判断しました。

 外野守備は、ライオンズの方がやや上。

 それは、肩ですね。

 それと、ジャイアンツはラミレス選手の守備に不安が有ります。

 それに、ライトの守備位置もセカンド同様レギュラーポジションを奪取した選手はいないように思います。

 報道によれば、本来その守備位置に入るべき高橋由伸選手が腰痛の悪化でシリーズは出場しないとの事。

 残念ですね〜

 ジャイアンツにとって、痛手にならなければ良いのですがね。

 長打力に関しては、ほぼ互角と思いましたが・・・

 それでもジャイアンツを評価を上にしたのは、主力選手の状態がシーズン終盤上がってきた事を理由に上にしました。

 走塁&盗塁は、ライオンズがやや上。

 ジャイアンツは、鈴木選手の役割が大きい。

 彼がいなかったら、圧倒的にライオンズが上にいく所でした。

 打撃力、この部門もあえてジャイアンツを上に評価しました。

 それは、長打力と同じとちょっと実践から離れてしまっているライオンズの方がやや落ちるかな?

 と、判断した為です。

 しかし、報道によると・・・

 第1戦の先発投手が、ジャイアンツは上原投手だという。

 う〜ん

 これは、如何な者でしょうかね〜

 上原投手は、中4日では無理でしょう・・・

 第1戦で先発する投手は、出来れば中4日、或いは中3日でいって貰いたいと思うのが、普通ではないでしょうか?

 上原投手の足の状態を考慮すると・・・

 う〜ん・・・
 
 この選択が、どう出るかですよね。

 シリーズの明暗を分けるような気がします。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 本当に楽しみですよね。

 ジャイアンツとライオンズとの間で争われる日本シリーズは!

 ライオンズが、西鉄と名乗っていた時代を含めると10回目の顔合わせになるとか・・・。

 そのうちライオンズが日本一になったのは、昭和31〜33年、58年、62年、平成2年の6回。

 ジャイアンツが日本一になったのは、昭和38年、平成6、14年の3回と、ジャイアンツにとっては分が悪い対戦相手。

 しかし最近2回のシリーズでは、ジャイアンツが日本一に輝いています。

 この、ジャイアンツとライオンズと戦い・日本シリーズには因縁めいたものが有りまして・・・

 昭和31〜33年の戦いは、ライオンズ率いる三原監督がジャイアンツを追われ九州・福岡の地から、宿敵ジャイアンツを倒せるか?

 昭和58年のシリーズは、ジャイアンツ藤田監督対ライオンズ広岡監督のジャイアンツOB同士対決とか、昭和62年の衝撃の走塁とか、平成2年まさかの・・・。
 平成6年槙原投手の好投とか?

 色々ありました。

 そこで、色々振り返ってみようかと思います。(VTRでね)


  " target="_blank">昭和58年金森選手サヨナラヒット

  " target="_blank">昭和62年辻選手好走塁

  " target="_blank">平成2年まさかの・・・大追跡

  " target="_blank">平成6年ジャイアンツ日本一

  " target="_blank">平成14年ジャイアンツ4連勝

 その中で最も印象に残っているのは、昭和62年の辻選手の走塁かな?

 当時は衝撃的でした。

 この辻選手の走塁は、計算し尽くされた走塁でした。

 クロマティー選手の緩慢な守備をついてのね。

 果たして今年のジャイアンツ対ライオンズの戦い・シリーズはどうなるのでしょうか?

 また衝撃的な事でも起きるのでしょうか?

 起きてしまいそうで怖い?

 では、今日はこのへんで
[Web全体に公開]
| この記事のURL

11件中 6~10件目を表示


<< 1 2 3 >>