残念ながら星野JAPANは、3位決定戦でもアメリカに敗れ去り4位に終わった。

 予選リーグから9試合で4勝5敗と負け越した。

 他のネットや世論の動向を見ると、星野監督の采配云々を批判する人は多い。

 しかし、私は思う。

 監督だけが悪いのではない

 この惨敗を、星野監督に1人に責任を押し付けるとしたら

 WBCでも同じ失敗を繰り返すであろう。

 いや、日本野球界全体が、今どうあるべきかを考える時期にさしかかっていると思う。

 と言うのは、最近こそ仲は良くなっているものの、今現在もプロとアマがいがみ合っている・良好関係とは言えない状態にある。

 それが今回のような惨敗、結果を招いたと断言する。

 あまりにも、プロ野球・社会人野球・大学野球・高校野球・軟式野球等の日本野球界が、自分の利益ばかりに眼が行き、底辺まで野球を広げようとか、世界に野球を広めようと言った意識が全く見えてこない。

 だから北京オリンピックを最後に、競技種目から削除されてしまうのだ!

 だから今回の惨敗と言う結果を招いたのだ!

 下記の画像を見て下さい

 組織図

 日本野球界は、実に複雑です。

 日本野球連盟と言うのは社会人野球で、日本学生野球協会と言うのは大学野球と高校野球が、それぞれの組織に属しています。

 大学野球と高校野球が属している組織が、一緒だから・・・。

 でも微妙に違うんですよ。

 いがみ合ってるとは言わないけれど、向いている方向が、明らかに違うような気がします。

 私は思うんですよ。

 この際だから、プロ野球をトップにした野球組織を日本内に一刻も早く作り上げないといけない。

 作り上げなければ、日本の野球そのものが廃れてしまうと。

 でもね。

 今回のオリンピックの反省もせずね。

 WBCの監督は、星野仙一でリベンジだ!

 なんて言っているうちは、ダメだね。

 一体誰がそうさせているのだ?

 言わせてもらうけど、アテネの反省が生かされていない。

 アテネの時は、長嶋茂雄氏でした。
 
 可哀想に、オリンピックの重圧に押し潰されて病に伏してしまったじゃないですかむかっ(怒り)

 そのアテネの監督を何故長嶋茂雄氏になったのか?その理由が・・・

 お金・スポンサーの絡みと言うんですから・・・

 日本は、オリンピックで金メダルを獲得する為に選ばれたのではないと言うのですから、驚きです。

 しかも彼は病に伏し、アテネで采配を揮える様な状態ではない事が分かっていたのに、いや揮えなかったのに、新たな監督選考もせず、監督代行としてコーチであった中畑清氏に押し付けたりと・・・。

 もう無茶苦茶ですよ。

 やって来た事が。

 それを誰も文句を言う人がいない。

 ファン以外は!

 日本野球界は、一部の何も野球を知らない、野球を食い物にする、日本野球界にとって相応しくない人達が牛耳っているのか?

 しかもその人達に逆らうと、冷や飯を食わされるどころか、追放される危険性・いや、されてしまうでしょう。

 そんなんで良いのか?

 星野監督が、オリンピック代表監督に就任した経緯だって長嶋茂雄氏と変わらないであろう。

 どうして、星野仙一氏が監督になったのかの経緯から洗い直す必要も有るし

 コーチの人選もね〜

 仲良しクラブじゃないですか

 田淵幸一氏と山本浩二氏ですよ

 彼らには悪いけど、コーチとしての能力が・・・

 人選といえば、選手もね。

 このブログで、投手で言えば左のリリーフ投手を1〜2人と野手では、トッポイ・強かな選手を選んでほしかったと書いたけどそのとおりで、いかにも皆正直というか、素直過ぎると言うか・・・。

 反発精神のある選手を選んでほしかったね。

 それに、怪我人が多過ぎたね。

 最終メンバーに選ばれた選手の中の殆どが、何らかの故障を抱えていて爆弾を抱えたまま北京へ連れて行き、その選手を5人まで入れ替えられたのにそれもせず・・・。


 兎にも角にも、なぜ北京オリンピック星野JAPANが惨敗したのかを分析してからWBCの監督・コーチの選考に入らないと、同じ失敗を繰り返す事になる。

 それは、今おかれている日本野球界全体を見渡して、悪い所が有れば抜本的に見直す。

 改革せねば・・・

 東国原知事じゃないが、『どがんかせんといかん』と立ち上がってくれる人出てこないかな?

 最後に、北京オリンピック野球を見ての感想

 まずは、韓国代表チーム金メダルおめでとう

 だけど、今回も酷かったね

 審判のジャッジが

 ルールの適用を間違えるは、ストライクゾーンはバラバラだは

 決勝戦で、前回のアテネ大会に続き退場者を出してしまいました。

 アテネの決勝戦では2人で、北京では1人。

 審判と韓国の捕手が喧嘩してました。

 ルールの適用ミスというのは、日本とアメリカの試合で起きました。

 予選の方ですよ。

 ありましたよね。

 3アウト事件。

 3アウトになったのにも関わらず、チェンジにならず

 1球投げた所で星野監督が抗議し、認められチェンジに・・・。

 いくら国際大会だから何が起きるか分からないからと言っても・・・

 ありゃないし

 第一、1球投げてしまっているのだからアピール権・抗議権も消失しているのに

 あろう事か認めてしまうと言う、二重のルール適用ミスを犯すなんて

 有り得ん

 キューバ戦での星野監督の退場取り消し?取り消してない?

 実に、曖昧なジャッジには閉口させられました。

 WBCでも何か起こりそうな気がするけど、来年の大会には日本の審判も多く参加するそうで大丈夫かな?

 あ〜でもメジャーリーグの審判は参加しないかも!

 HRか否かの判定に、VTRを導入を巡ってコミッショナーサイドと審判労組が激しく対立しているらしいし、1999年の悪夢の再現にならなきゃ良いけどね。

 コミッショナーサイドが、日本みたいに予備審判の導入を受け入れてくれれば賛成にまわると言う話も有りますが・・・。

 

 

 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
あ〜腹立たしぃ(`´)

2‐6で逆転負け

8回に“安全パイ”の李選手に、岩瀬投手がHRを打たれてTHE・END(_´Д`)ノ~~

挙げ句が、GG佐藤選手が痛恨の落球(`´)

日本選手のあんな姿は、見たくなかった。

星野監督の采配云々よりも、“人選”に問題が…。

あと、もう1〜2人左投手リリーフ投手がいれば、不調の岩瀬投手を使い続ける事は無かっただろうし、野手にしても、“トッポイ”…せこい選手、強かな選手が、残念ながら宮本選手と荒木選手以外は、見当たらなかったのは、“国際試合”で勝ち抜く意味で、痛かった。

個人的には、マリーンズのサブロー選手と今江選手が選ばれなかったのは…。

確かに、選ばれなかった理由に怪我が、起因しているけれど…。

まぁ、バッターがあれだけ“カンカラカンカラ”振り回していては…。

日本との2試合を見ていて、韓国はスモールベースボールが徹底されていたのに対し、日本は“個人任せ”で野球をした差が、今回の様な“結果”を招いたと断言して良いと思います。

星野JAPANは、“現状のスワローズ”と似ている・“スワローズを見ている様”で、歯痒さだけが残った北京オリンピック星野JAPANだった。

明日、銅メダルを賭け3位決定戦が行われるが、何度も言うが、チーム単位で相手投手を打ち崩す術を用いないと、銅メダルすら逃すという“屈辱”を味わう事になる。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 い〜ぞ!スワローズ?

 いや雷様

 夕方から降った

 試合開始直後から降った雨によりノーゲーム

 先発が石川投手だったので

 勝てそうな試合だったのに・・・

 と思われるかもしれないけれど

 一昨々日・一昨日の体たらくを考えれば、ノーゲームになって良かった

 目を覆うばかりの貧打で、負けていたかもしれないからだ!

 い〜ぞ!というタイトルのは裏腹に、村中投手が左肘の張りを訴え、1軍選手登録を抹消された。

 う〜ん涙

 代わりに、佐藤賢投手が昇格するとか・・・

 もしかしたら、もしかするね

 由規投手が、近々1軍選手登録される可能性が出てきましたね

 嬉しい様な、まだ早い様な

 ちょっと複雑


 って、ここまで全然良い事なんて書いてないじゃんむかっ(怒り)

 忘れちゃいませんよ


 日本ソフトボールチームが、宿敵アメリカを下し金メダル獲得!!!ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

 いや〜やってくれましたよ

 彼女たちは

 特にエース上野投手は、準決勝・3位決定戦・決勝戦の全てに先発登板し、413球力投で金メダルを獲得しました。

 特にアメリカ戦では、シドニーで決勝戦でサヨナラ負け

 アテネでも敗れ

 北京では、予選はコールド負け

 準決勝では延長・タイブレーカーの末、競り負けて・・・

 3度目の正直で宿敵アメリカを下した

 それにしても上野投手は凄かった

 2日間で3試合全ての試合に先発し、413球も投げた。

 しかも1人で投げきった

 まるで、昭和30年代の杉浦投手や稲尾投手を彷彿させるようですよ

 テレビで見ていたけれど

 よく守りきりました

 1回と6回の1アウト満塁の大ピンチを無失点で切り抜けた事

 踏ん張れた事が勝利に大きく結びつきました

 もう、ヒヤヒヤでした

 さっき、昭和30年代のプロ野球を例に出したのでアメリカと日本を当時のチームに例えると

 アメリカは言うまでもなく、ジャイアンツで

 日本は、ホークスではないか

 と、思います。

 当時は、ジャイアンツが強くて

 ホークスは、ジャイアンツ相手に日本シリーズで負けてばかりいました。

 そんな中、昭和34年ホークスは宿敵ジャイアンツ相手に4連勝し悲願の日本一になったのです。

 その時行われたパレードが、未だに語り継がれている涙の御堂筋パレードというものでして・・・

 上野投手が、杉浦投手とダブって見えてしまった(当時はまだ生まれていないし)という、オールド野球ファンもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 さあ〜話は変わって、星野JASPAN

 ソフトボールの勢いを借りて

 韓国を撃破し

 悲願の金メダルを獲得してほしいですよね

 その為には、1にも2にもチーム単位で相手投手を打ち崩す、チームバッッティングと、捕手のリードだよな

 肝心な場面で配球ミス

 タイブレークの初球を、ど真ん中・ストライクを投げさせた配球・失敗は、2度とやらないでほしい

 星野監督は『あの場面はベンチで、指示していれば良かった。』とコメントしたが、私から言わせれるとそんな指示を出さなくても、ボール球から入るのは常識だろ(`Д´)と思うのですがね。

 つまらんミスは、即命取り

 肝に銘じてほしい
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 あ〜もう〜むかっ(怒り)

 一体どういう事なんだむかっ(怒り)むかっ(怒り)

 スワローズも星野JAPANも

 似たような試合ばっかしやがってむかっ(怒り)

 スワローズはご存知の如く、3安打で完封負けを喫し

 星野JAPANもアメリカ相手に、10回まで3安打しか打てず完封・無得点で、タイブレークへ!

 アメリカは、タイブレークをキューバ戦で経験済みで、日本は初体験。

 ま〜似たチームだは!

 スワローズと星野JAPANは!

 チャンスになると弱い!

 いつも同じようなパターンで打ち取られる!

 ヒットの数の割には、得点が少ない!

 チームとして、相手投手をどう打ち崩すのかが見えてこない!

 球種?打つ打球方向?インコース或いはアウトコースのどちらを打つのか?

 といった、チーム単位でのバッティングが見えてこない

 捕手のリードが・・・

 それぞれの文頭に、スワローズはと、星野JAPANはをつけてみると、その全てが当てはまってしまうo(`ω´*)o

 はあ〜一体どうなっているのだむかっ(怒り)

 
 クライマックスシリーズ進出なんて、夢の様な話だ!

 星野JAPANが金メダル?

 今のままじゃ、スワローズがクライマックスシリーズ進出同様夢のまた夢ですよ

 いや、メダルすら獲れないよ

 もっと厳しい言い方をすれば、メダルを獲得するのでさえ夢のまた夢だむかっ(怒り)

 バッターは何も考えずに、ただバットを振り回すだけむかっ(怒り)

 タイブレークの場面。

 ノーアウト1,2塁から始ったあの場面で、初球から何故ストライクを取りに行ったのか?

 送りバントをするにせよ、打ってくるにせよ

 あのど真ん中は、絶対に無い!


 あの場面で、仮に送りバントをさせるにしても、初球にあんなど真ん中を投げさせてしまったら、簡単に成功させてしまうし、打ちにきたらヒット或いは長打を喰らってしまう球・・・。

 配球ミス・捕手のリードを断罪されてもやむなしだね。


 あ〜スワローズと星野JAPANがダブって見えてしまう

 こりゃダメだな

 星野JAPANは

 金メダルなんて言う事事体おこがましいむかっ(怒り)

 メダルまで逃して帰ってきたら

 どえらい騒ぎになりそうだ!

 もし獲れなかったら(メダルを) 

 思いっきり批判しちゃうぞ!

 はあ〜スワローズと星野JAPANにガックシ(*´д`)=з
[Web全体に公開]
| この記事のURL
 ふ〜カナダ相手に1−0かあ〜

 それは昨日の星野JAPANの試合の事です。

 スコアだけ見ると大苦戦の様に思えますが、見た感じではワンサイドでしたね。

 日本の・・・

 でも、8回裏ノーアウト3塁で無得点とは頂けないね。

 まるでスワローズの試合を見ている様で・・・

 あの回の攻撃は・・・

 昨日の試合は、成瀬投手の出来・ピッチングに尽きますね。

 あれだけコントロール良く・ストレートの走り、変化球のキレが良ければ、好投して当然。

 しかも相手のカナダ打線は左バッターが9人中8人もいる打線であれば・・・

 7イニングを投げ被安打2、無四球、奪三振10、無失点という結果は当然?

 いやいや、国際試合・オリンピックという事を考慮すれば、凄い事ですよexclamation×2

 4回1アウト2,3塁という唯一のピンチを切り抜けた直後の5回表に飛び出した稲葉選手のHRは、大きかったね。

 色々な意味でね。

 ピンチを切り抜けた直後でもあるし、待望の先取得点でもあるし・・・。

 だけど、打線の繋がりの無さは気になりますね。

 大いに気になりますよむかっ(怒り)

 見た感じ、バットをただ振り回しているだけで、どういう意図があって打ちにいっているのかが見えてこない。

 チーム全体で、球種を絞るとか打つ方向を決めるとかが無い。

 だから、打てない。

 打てそうな気配が無いというか、ここぞと言う場面で打つ事が出来ないでいる。

 その原因は、確かに国際大会・オリンピックという大舞台で硬くなっている、慎重になり過ぎているという事もあると思いますが、相手投手のリサーチ不足・資料の分析が不十分或いは、資料が膨大すぎてまとめ切れていないのでは?と思います。

 相手投手が投げている球は大した事無さそうなのに、打ち損じたり・見逃してしまったりしている。

 困ったものだ!

 それと星野監督の采配も・・・

 攻撃面においては、消極的過ぎるというか・慎重過ぎると言う感が否めないと思います。

 その象徴的なのが、対韓国戦の8回1アウト1塁バッター荒木選手の場面での作戦。

 この場面で星野監督は、荒木選手に送りバントをさせました。

 でもね。

 私は、1塁走者が足の速い青木選手なのだし、盗塁・ヒットエンドランでもと、思いましたが・・・。

 これは結果論ですがね。

 兎に角、現状の貧打・得点力不足を解消するには、盗塁やヒットエンドランを多用した方が良いのでは?

 と、思うのは私だけでしょうか?

 ところで、今日神宮球場で行われるスワローズ対ジャイアンツ戦を観に行きますが・・・。


 なんと、チケットが1枚残っています。

 席は、1塁側ネット裏の近くというか・・・左バッターを背中越しに見る席です。

 もし、私と観戦されたい方は神宮球場で一声かけて下さい。

 私と一緒に観戦出来るのは1人だけです。

 早い者勝ちです。

 私がどんな格好しているかだって?

 それは後程・・・。

 このブログで発表します。

 合言葉は・・・

 あわてんぼーのブログ見ました。

 です。

 あ〜でも雨が心配だな〜

 どうか降りませんように・・・
[Web全体に公開]
| この記事のURL

11件中 1~5件目を表示


1 2 3 >>