東京は北区



19:00startの某興行にて



【パワフルタッグトーナメント決勝戦】



☆田村和宏&アミーゴ鈴木 vs 新井健一郎&那須晃太郎



今年に入ってから、あちらこちらで



タッグで、い〜結果を出しているので


当然明日のこのタッグでも、い〜結果を出してみせましょう



晃太郎ちゃんとのタッグなら、全然余裕なんでね



てことで、皆様乞うご期待



















42年間生きてきたというのに



オレには好きな言葉とか座右の銘とか



そういうの一個もないんだよなぁ



あるとしたら



「でたらめ」



かな?



あと、こんな四字熟語は好きだけどね



「丸目二灯」



ね?



字面見ただけで、ワクワクするでしょ?



そうそう、字面でワクワクっつったら



下の言葉なんか、マジでたまんないんだよなぁ



「SDR」



「GSX-R250」



「VFR400Z」



「DJ-1RR」



「XV400Virago」



は〜



みんな痺れるほど、かっこいい言葉だよねぇ










あ、そうだ



「イカ天とはイカす天龍のことでありますっ!」



これって座右の銘になるの?



てか、そもそも座右の銘ってなんだろね?



そう思って調べてみたら



【座右の銘:常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉】



ほ〜!



じゃ〜もう「イカ天とはイカす天龍のことでありますっ!」で決まりだね



もうこれ以外、この人生で他に座右の銘になりそうなのなんて見つかりそうにありませんわ



いつも心に【天龍源一郎 vs ランディー・サベージ】を!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
前々から興味はあったし



そんなの、ないわけないし



いつか、どこかの団体で闘うこともあるだろうと思ってたけど



意外と早くに実現したねぇ



いや、なにがって



このゴールデンウィーク中に



あの力道山三世こと、力選手と二回試合することになったわ



最初は5月1日に某団体の6人ダッグで対戦して



で、次は5月5日に別の某団体でシングルマッチをやるんだけど



今日の現場で、そのシングルマッチを客前で発表したら



結構、食い付きが良かったんで



それなら、ひとつ煽っておこうかと



まぁ、オレみたいなメキシコのナウカルパンていう



ガイドブックにも載せられないようなスラム街で産声を上げたレスラーからしてみたら



力選手の血筋は、羨ましい以外のなにものでもないよ



だけど、それにしたって



みんな腫れ物に触るような扱いしてないかい?



それも仕方なしかね?



まぁ、とりあえずこの二番



おじいちゃんの七光り、八光り、九光り、十光り



光るだけ光ってくださいよ



だけど、その光り



ぜ〜んぶ消してあげますから



つ〜ことで



あ〜



楽しみっ!



早く来い来い、ゴールデンウィークってか!




















↑↑↑



生意気いって、すみませんでした



当日会ったら、控え室で土下座します!?
[Web全体に公開]
| この記事のURL
埼玉県は蕨市



19:30startの某興行にて



☆中里哲弥&ウルフ智也&鈴木心 vs 篠瀬三十七&本田アユム&新井健一郎










↑↑↑



ここは最近、上がり始めた団体なんで



まだ品定め中な感じが続いているんだけど



明日のこの試合は、篠瀬以外は



組んだこともなければ、闘ったこともない



そんでまた比較的にキャリアの浅いレスラーばかりなので



奴らがオレを利用するのか?



それとも



奴らがオレに利用されるのか?



さぁ、ど〜っちだ?



確かに彼らは、プロレス業界の中でも



闘龍門世代以上に無名だろうよ



だからこそ



違う表現があるんじゃないの?



例えば、序盤で脚攻めを散々されて奴が



一旦、反撃しだしたら



「それまでの脚攻めって、なんだったの?」



て、くらい



ロープに普通にじゃんじゃか走れるようなプロレスは禁止でお願いいたします



オレが今、一般のプロレスファンだったら



そんな試合が観たいんでね



空き家は探せばあります



これぞオレなりの西調布イズムってか?



プロレスは技の出し合いっこじゃないんだぜ
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ドラゴンゲート所属で、ただ一人
 
 
 
西調布格闘技アリーナで、いろいろと経験させてもらったことに感謝しないとだね
 
 
 
まぁ、すべての試合が印象に残ってるけど
 
 
 
2012年11月の、こんなんとか
 
 
 
↓↓↓
 
 
 
【ファッ○ン!ハゲタカ!!アイアムパーフェクト!】
 
30分1本勝負 
 
○新井健一郎(ドラゴンゲート) [12:53 DDTからの体固め] 福田洋(ユニオン)×
 
 
 
2012年12月の、こんなんとか
 
 
 
↓↓↓
 
 
 
【STYLE-E無差別級選手権試合】
 
60分1本勝負 
 
【王者】×新井健一郎(ドラゴンゲート) [34:24 ミノルスペシャル] 田村和宏○【挑戦者】
 
 
 
よ〜覚えてるわ
 
 
 
そういや、こないだのドラゲーの後楽園のあと
 
 
 
某酒場でドラゲーの某後輩に会ったんだけど
 
 
 
そいつにさ
 
 
 
「お前、西調布格闘技アリーナみたいな雪崩式も飛び技も場外ダイブも出来ない会場で試合できる?」
 
 
 
て、質問したら
 
 
 
「ムリっすね!」
 
 
 
て、即答してたっけなぁ(苦笑)
 
 
 
まぁ、だいぶ酒も入ってたみたいなんで
 
 
 
質問の意味や真意が伝わってなかっただけなんだろうけど
 
 
 
でもそんな現場だったからこそ、ドラゲーの興行を西調布でやって
 
 
 
すべての所属選手に西調布ならではの、派手な技に頼らないプロレスを経験して欲しかったけどね
 
 
 
それをふまえて上記の試合を、もう一度読み返してみてくださいよ
 
 
 
上の試合では、オレ
 
 
 
トリッキーなのでもなんでもない、普通のDDTで勝ってるでしょ
 
 
 
相手がアメリカンプロレスをやらせたら天下一品の福田選手ってのもあったんだけど
 
 
 
これ、勝った瞬間もお客さんが
 
 
 
「え〜!?」
 
 
 
て、ならなかったんだよね
 
 
 
下の試合は35分近くも闘ったのに、ロープにほとんど走らなかったしさ
 
 
 
まぁ、そういうことなんだよなぁ
 
 
 
まぁでも、ドラゲーの選手はみんな器用だからさ
 
 
 
西調布でやったらやったで、すぐに良い試合すると思うけどね
 
 
 
で、オレがまた一番しょっぱくなって、そこでも干されると
 
 
 
て、言わせるんじゃないよ!
 
 
 
やめさしてもらうわ
 
 
 
て、ことで
 
 
 
西調布格闘技アリーナ
 
 
 
本当に、ありがとうございました
 
 
 
[Web全体に公開]
| この記事のURL
「西調布格闘技アリーナ」



言わずと知れたインディープロレスの聖地で



オレも今まで、何度通ったことか



地下にあるからか、いつ行っても汗の匂いが多少なりともこもってるんだけど



でもそれは、誰かが歯ぁ食い縛って流してきた汗なわけだから



そう思うと逆にそれが心地良いし、身も引き締まるしでね



そんな聖地にオレが初めて足を踏み入れたのは、今から3年前の2012年の2月



当時、この西調布格闘技アリーナを拠点に月イチペースで活動していたSTYLE-E(現在消滅)という団体に、活動の照準を定めたオレは



初参戦に向かう、その行きの道中



その頃もうすでに、ドラゲーの巡業メンバーからは外れていたこともあり



ここはなんとしてでもインパクトを残して継続参戦を勝ち取らなければと、あれこれ思案するも



「さて、どうすりゃい〜のかね?」と



だってはっきりいってSTYLE-Eなんて、団体名を聞いたことがあるくらいの予備知識しかなかったからね



それまでにも数名の所属選手とは、他のリングで多少の接点があったのはあったんだけど



いったいSTYLE-Eが、どんなノリの団体で



どういう興行をやっているのか?



で、どんな客層なのかも一切わからないってんで、本当にすごく不安で



かなり考え込んだのを覚えてますわ



で、西調布格闘技アリーナに着いて、初めてその全景を目の当たりにしたんだけど



そしたら予想もしなかった角度からの無理難題が、いきなり降って湧いてきたんだよなぁ










だって天井がね



今どきのプロレスをするには、あり得ねぇ低さなんですよ



しかも通常は腰くらいの高さにあるリングのマット部分も



会場の床から10cmくらいの高さしかないときたもんだ



だから立ち見のお客さんと、リング上に立っているレスラーの目線がほぼ一緒というね









これでは雪崩式の技も飛び技も、一切不可能ってことが



それはもう一目見ただけで分かるほどの天井の低さだし



場外とリングの高低差もないから



場外にいる相手にトペを出したところで、トペとして成立しないし







まぁ第一印象から、そんな会場だったから



入って2分もしないうちに



「あの〜・・・オレ、ドラゲーから来たんですけど・・・(汗)」



て、頭抱えたんだっけなぁ



でもオレはこれからこの会場で、生き残っていかなければならないわけだったから



すぐに気持ちを切り替えて



じゃ〜彼らはなぜ、こんな派手な技が使えない会場で、興行を続けられるのか



自分の出番がくるまで、とにかくなんでもいいから、探ってやろうじゃないかと



で、前半戦を控え室のカーテンの隙間から覗いていると










あ〜、そういうことかと










まぁそんなこんなで、オレはなんとかこの日の試合でインパクトを残せたようで



無事にSTYLE-Eの継続参戦を勝ち取り



ここから西調布格闘技アリーナの常連になっていくわけだけど



本当にこの会場には鍛えられたというか



技の使い方を、今更ながら勉強出来たのは、本当に大きかったですなぁ



まぁでも、なんにでもデメリットってのはあるもんで



ここ数年、西調布格闘技アリーナを筆頭に、小規模会場ばかりで試合してきたせいで



ただでさえ苦手だった大会場での試合が、もっと苦手になってしまったんじゃないかと



これからもし怪我とかで欠員が出て、ドラゲーのビッグマッチに呼ばれでもしたら



たぶん入場の時点で泡吹いて失神するんじゃない?



まぁそんなんでも西調布格闘技アリーナには、マジで感謝しかありませんわな



さぁさぁ、そんな思い出も思い入れもある西調布格闘技アリーナなんですが



諸般の事情により明日(4月19日)で、同会場で行われるプロレス興行は最後になるんですよ



しかもその最後の大会のメインがね



今から告知する、この試合でして・・・





↓↓↓





東京は調布市



18:00startの某興行にて



【ハッとして!Good vs トンパチマシンガンズ 2対3ハンディキャップマッチ】



☆翔太&新井健一郎 vs 折原昌夫&マスクドミステリー&梁和平










あ〜



これはいったい、なんという巡り合わせなんだろうか



オレ以上に西調布を知り尽くしている翔太選手と組んで



聖地最後のリングに立てるだなんて



それもピッカピカのGWCタッグ王者として



現在進行形の抗争相手のトンパチマシンガンズと闘えるんだから



まったくプロレスの神様に感謝しないとですな



ま、西調布のリングがなくなるのは、確かに寂しいけど



明日は「ハッとして!Good」なタッグこと



第8代GWCタッグ王者の翔太&新井健一郎で



最後の西調布格闘技アリーナのリングを



「ハッとして!Good」にシメてやろうじゃないか



てことで、皆様乞うご期待
[Web全体に公開]
| この記事のURL

3028件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>