埼玉県は蕨市
 
 
 
19:30startの某興行にて
 
 
 
【ASUKA PROJECT選手権】
 
 
 
☆新井健一郎<王者> vs 木藤裕次<挑戦者>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【チャンピオン、しかとされる!?】
 
 
 
こんなオレでもね
 
 
 
かつて2つのインディー団体で
 
 
 
そこのトップのベルトを巻いたことがあるんですけどね
 
 
 
外敵のオレにベルトを持ってかれたわけだから
 
 
 
そりゃもう、オレが挑戦者からチャンピオンに変わった瞬間からね
 
 
 
リング上は、大騒ぎになってだね
 
 
 
特にそこの団体の若手なんか
 
 
 
とにかく、も〜いきり立っていきり立って
 
 
 
「あ〜こいつら、どうおちょくったらおもしろくなるかなぁ!」
 
 
 
なんて、ワクワクが止まらなかったもんですよ
 
 
 
で、明日ベルトの防衛戦をやる某団体の話なんですが〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回の大会で、オレがチャンピオンになりましたと
 
 
 
これが自身3度目の外敵王者ですよと
 
 
 
その試合後、勝ち名乗りを受けてベルトを掲げ
 
 
 
「さ〜、どんなやつが視界に飛び込んでくんだろねぇ!」
 
 
 
と思って、リングに一人残りワクワク気分で身構えていたら
 
 
 
誰もアピールしに来ることもなく
 
 
 
仕方がないんで、オレが適当に一人でマイクで締めて、興行が終わったんですが・・・
 
 
 
 
 
で、後日
 
 
 
 
 
ネット上のコメントでアピールしたことにより、初防衛戦の相手が木藤裕次になりましたと
 
 
 
いや、木藤さんにはなんの恨みもないし
 
 
 
むしろドラゲーには完全にいない、昔気質な職人気質のレスラーなんで、この防衛戦
 
 
 
オレには相当高いハードルで、やり甲斐は確実にあるんですが
 
 
 
今回、唯一アピールしてきた木藤さん曰く
 
 
 
「チャンピオンじゃないからグッズが売れないんだ!だからベルトに挑戦させろ!」
 
 
 
みたいな感じでね(苦笑)
 
 
 
流石に、これじゃ〜若手も黙っていないだろうと思って注目していたら
 
 
 
やっぱり誰も何もいってこないどころか
 
 
 
チャンピオンのオレを無視して、他のベルト(インディペンデントワールド)に挑戦し出すやつがいたではないか!(怒)
 
 
 
 
 
ま、木藤さんにはチャンピオンでなくても、がんばってグッズを売ってくださいとしか言い様がないんだけど
 
 
 
あんなにまだまだ無名とはいえ、将来性を感じさせるのびしろだらけの若手が大勢いるというのに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「いったいこの団体は、なにがしたいんだろうねぇ?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことを思いながら、ベルトを眺めていたら・・・
 
 
 
 
 
 
「PRO‐WRESTLING」でなく
 
 
 
 
 
 
「PRO‐WESTLING」だってさ(笑)
 
 
 
どうやらオレは知らぬ間に
 
 
 
プロ-レスリングの、ではなく
 
 
 
プロ-ウエストリングのチャンピオンになっていたらしい・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうか
 
 
 
これですべて合点がいきましたよ
 
 
 
オレは一人でここでプロレスをやろうとしたけど、そうじゃなかったんだね
 
 
 
ここはプロレスじゃなくて、ウエストリングをやる団体なんですよ
 
 
 
まぁ今もってウエストリングってのが、どんな競技なのかさっぱりわかりませんけど
 
 
 
若手が完全に、自分たちの団体のベルトに対してスルーしているところをみると
 
 
 
ウエストリングってのは、ベルトの有無はあまり関係がない競技なんですなぁ
 
 
 
いや〜、まだまだオレも勉強が足りない足りない(笑)
 
 
 
まぁとにかくどんなんでもいいので所属の、特に若手はリアクションお願いいたします
 
 
 
じゃないとドラゲー干されたオレみたいになっちゃうぜって〜の!
 
 
 
うるせ〜!バカヤロ(泣)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
明日、対戦予定だったマンモス佐々木選手が膝を負傷したため、カードが変更になります
 
 
 
ですが、まだ誰と闘うのかは未定です
 
 
 
ということで、あらためて
 
 
 
↓↓↓
 
 
 
東京は江東区
 
 
 
19:00startの某興行にて
 
 
 
☆新井健一郎 vs ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
達人(左)と初心者(右)
 
 
 
↓↓↓
 
 
 
 
 
 
鏡を見つけたら、まず自撮り
 
 
 
これ
 
 
 
基本中の基本だそうです
 
 
 
覚えておきましょう
 
 
 
本日、ラジオ番組の収録でお世話になったFMヨコハマさんの男子便所にて
[Web全体に公開]
| この記事のURL
東京は江東区



19:00startの某興行にて



☆マンモス佐々木 vs 新井健一郎










↑↑↑



この対戦



実に身長差



12cm・・・



体重差に至っては



50kg・・・



当然、こっちが全部下回ってるわけでして



せめてチンポコのサイズでも勝っていれば、胸張ってリングに上がれるのですが



オレのって















そんなにデカくないしなぁ・・・



(いや、粗チンでもないですよ!たぶんだけどね!)



てことで、明日は涙袋を注射でパンパンに膨らませたアイドルのごとく



先っちょを注射でパンパンにカリ高仕様にして



自信をつけてリングに向かいたいと思います!




















って、バカ!










健一郎のバカ!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
8年ほど前に整体の先生から、筋肉の質を誉められたばっかりに



それからというもの、見た目に関しては一切こだわらなくなりまして



あとは如何に、この柔らかい筋肉を維持してやっていこうかと



ただそれだけを意識しながら



第二の人生も一切考えないまま、今日までやってきましたが



まぁそんなズレた感覚のやつが評価されるはずもなく



見た目が練習してんだかしてないんだか、よ〜わからない上に



ドラゲーの売りであるジェットコースターバトルが



「そりゃも〜目も当てられないくらい下っっっ・・・手くそ!」



と、なればね



んなもん、干されて当然ですわ!(笑)



でも、それでも辞めずに続けていれば



いつかこういう夢のようなカードが組まれる日も来るのだよ!



↓↓↓



てことで東京は江東区



19:00startの某興行にて



☆天龍源一郎&火野裕士&新井健一郎 vs 藤原喜明&真霜拳號&田村和宏










まぁ明日のこの現場に限らず



出る団体によってカラーも違うし



役割も違うし



客層も違うしで



「毎試合、それはもう刺激的っす!」



ともいえるし



「いやいやいや、いつ切られるかわからないんで危機感しかありませんわ!」



ともいえるしで



毎日、ひりひりしながら生き長らえてますわ



まぁ、なんにせよ



若いやつは、オレみたいになっちゃダ〜メよ



真似しないように!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
Wikipediaによると



「コミカル面が強く、彼らを笑い物にしているとして、一部の人権団体から非難があり〜」



と、小人プロレスに対する記述がありますが



今の世の中



街中や駅の構内を歩いていると、本当に



現代人のながら歩き(スマホやゲーム)の技術力の高さに驚かされますなぁ



あのバカども



なんだかんだで、すいすい進んでいくし



足腰の弱いお年寄りの方が、前から来ることもあるかもしれない



車椅子に乗られている方が、前から来ることもあるかもしれない



眼が不自由で杖をついて歩いている方が、前から来ることもあるかもしれない



盲導犬を連れて歩いている方が、前から来ることもあるかもしれない



脚を大怪我して松葉杖で歩いている方が、前から来ることもあるかもしれない



で、実際



ながら歩きしながら、それらの方と



すれ違ったり、追い抜いたりしたこともあります



でも、全部引っくるめて



「そんなの知ったこっちゃないですね」



ていう、世間のあのメンタルの強さ



他に活かせないものでしょうか?



善良な市民のふりして、そりゃないぜ


[Web全体に公開]
| この記事のURL

3054件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>