HEAT-UP



枇杷島スポーツセンター(名古屋市西区)にて



14:30open/15:00start



【悪党の宴〜善よりも悪に傾く者達〜】



☆ヒデ久保田&ヤス久保田&新井健一郎 vs PSYCHO&CHANGO&影山道雄










東京のインディー団体をさ迷い出したころに





西調布と北千住の会場で目撃したあるレスラーの、その佇まいは





「あ、これはもうオレには真似出来んわ」





と、白眼むいて匙を投げさせるには、充分すぎるほどの佇まいでさ





もう、なんつったらい〜の?





初めてプロレスを観に来た人にも





自分たちのリング上での性格だったり、立ち位置だったりを





その佇まいのみで、問答無用で伝えきって





リング上はもちろん、会場全体をも支配してたっつ〜か





ほんとにそれこそ表情ひとつで、自由自在なんだよ





だからもう、あ〜・・・なんて巧いんだと





それも双子で巧いんだからさ





ありゃ、もうお手上げだよね





というわけで、明日はそんな"憧れ"の久保田ブラザースと念願の初タッグなので、いささか緊張気味なのだが





なんかこう最近見ていて久保田ブラザースに限らず、名古屋で活動されているレスラーの方って





関東の団体にも関西の団体にも、都合よく使われてる気がすんだよね





言い方悪いけど





「東京(大阪)のレスラーばっかだとマンネリになるから、名古屋から誰か呼んどくか」





「大阪(東京)から呼ぶより近いし」





みたいな





で、前半戦のな〜んのテーマもないタッグマッチあたりに組み込まれて





「はい、お疲れ様でした〜」





「では、またお願いしま〜す」





みたいな





もしそんな不満を彼らが持っているならば、ちょっとピ〜ンと来ちゃうかもな





まぁ、その話は置いといて





今年を振り返るには、まだち〜と早いですが





とりあえず今のところの予定では





私、新井健一郎の年内の地方遠征は、明日の枇杷島スポーツセンターが最後になるので





旦那が隠し持っていたTENGAを見つけてしまい





ちょいと複雑な気持ちで、悶々と日曜の午後を過ごすことになりそうな奥さんも





金も女も思いのまま的なブレスレットを買ってはみたものの





今週も童貞を捨てられず、がっくり肩を落としているお兄さんも





全員まとめてプロレスが面倒見ますんで、ご来場お待ちしております!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ガッツワールド



新木場1stRING大会



19:00start



【Remember the 7・19】



☆マスクドミステリー&吉野達彦 vs 翔太&新井健一郎










いや〜それにしても、まさかあんな初物だらけのマッチメークで





あんな化学反応が起きるだなんてねぇ





本当に驚いたわ





それもあの化学反応は、経験豊富なオレとか進祐哉選手が起こしたのではなく





ほんとにまだペーペーの若手4人が起こしたんだから





いや〜本当に、こんなことってあるんだねぇ





だってこれを書いている今も、ちょっとまだオレ高揚しているからね、マジで





なんのことかって、今回参戦したプロレスリングACEさんの旗揚げ戦でのことなんだけどな





↓↓↓





11月12日、プロレスリングACE旗揚げ戦



WRESTLE-1道場にて



立花誠吾&○頓所隼&進祐哉 (19分53秒、ドラゴンスープレックス) デニス篠原&習田紘昌●&新井健一郎





↑↑↑





この試合、オレと進選手を除けば全員、今年デビューしたての選手でさ





特にオレと組んだ二人なんて、共に2か月前にデビューしたばっかりで、まだ2〜3試合しかやってないときたもんだ





当然、オレは2人のことをまったく知らないまま会場入りすると、早速彼らとご対面





ほほ〜、2人ともかなりヤンチャなタイプじゃないの(笑)





てことは、じゃ〜今日はそういう試合をしたがっているのかなぁと思って、彼らに確認すると





「はい、自分たちもそういう試合がしたいです」と





うんうん、そうでしょ〜ね!そうでしょ〜ね!





じゃ〜、おじさんに任せなさい!と(笑)





で、いざ試合が始まり、なんとな〜く導いてみたら





これがちゃんと着いてきてくれるんだわ、まだ2〜3試合しかやったことがない彼らがさぁ!





当然まだ地に足が着いてない部分だらけだったけれども





それを差し引いても、もうおじさんお口あんぐりでしたわ





ほんとマジでね、この試合ちょっとでも気ぃ抜いたら、彼らに全部持ってかれるわって





コーナーに控えているときでも一切、ダラッと出来なかったわ





18年選手のこのオレが、昨日今日デビューしたやつらに引っ張られるて(苦笑)





で、また対戦相手の若いのも、まぁいじめ甲斐のあるやつでさぁ!





何回も反撃されかけたけど、その都度3人でズルく止めてペースを持ってかれないようにして





「こんなの勝てっこないじゃないか!」





てとこまで心を折ってやろうとしたけど、折りきれんかったもんなぁ





で、「この若造が!」って癪に障ってたら





いつの間にか負けてたと(笑)





でも、この試合の途中で気づいちゃったのよ





「あれ?ここ、オレの居場所じゃね?」てね





だってもう完全にドラゲーのリングから干され始めた当初の





STYLE-Eとかガッツワールドに、外敵として単身乗り込んで行ったときと同じなんだもんな





こっちの状況だったり、あっちの境遇だったりってのがさ





あのときもインディープロレス界に多少の波風を立たせたつもりだし、だったらここも単発で終わらせてなるものかってね





なので試合直後にマイクを持って、次回の大会がいつやるのかまったく知らないまま





で、その日が空いてるかどうかもわからないまま、旗揚げの祝辞と挑発を織り交ぜながら継続参戦を勝手にアピールしたら





その場で即答で代表からOKもらえましたわ





で、控え室で確認したらその日空いてたんで、次の仕事をこの日参戦してた他団体のレスラーを出し抜いて、まんまとゲットしてやりましたわ





いや〜あとだしじゃんけんも、有効な場合ってあるんですね(笑)





まぁでも今回は旗揚げ戦てことで、御祝儀的な部分もあっただろうし





オレが出た6人タッグも、あの日行われた全5試合中唯一のタッグマッチだったりで





まぁそりゃ沸くのは沸くわなってなもんでね





だから次の大会からが本当のスタートだと思って、ぜひともがんばってもらいたいもんですな





そして一日も早く、一人前のプロレスラーになってみろと





そのヒントは、もう手に入れたも同然だしな





なんたって君らの目の前には、こうなったらお仕舞いよ的な





典型的なダメレスラーの新井健一郎がいるんだからよ(笑)





というわけで、プロレス界へようこそ





まぁでもこれからしばらくはオレのオモチャになってもらうんで、今後ともよ・ろ・し・く・ね
[Web全体に公開]
| この記事のURL
プロレスリングACE旗揚げ戦



WRESTLE-1道場(新宿区百人町)



17:30start



☆立花誠吾&頓所隼&進祐哉 vs デニス篠原&習田紘昌&新井健一郎










明日はWRESTLE-1さんが運営されているプロレス総合学院の卒業生による新団体



「プロレスリングACE」の旗揚げ戦に参戦いたします!







オレも彼らと同じように、プロレスを教える専門学校(闘龍門メキシコ)出身のレスラーなので



なにか同じ匂いを感じるというか



昔のオレを見ているかのような気持ちになるのではないかと







なので明日、一緒にリングに立つ彼らには



ぜがひとも、君らの先輩(?)であるこのオレに



なにかしらの爪痕を残してもらいたいもんですな







ま、こちとらメキシコ修行時代には



「なじみの屋台のが、そうとは知らずに・・・」



という訳だったとはいえ



●の肉のタコスを食い続けて、2年半しのいできたし



某街角では、ドスシエントスで話がついてたはずなのに



終わったら、唐突にキニエントスだから言われるしでよ







「おいおい、話が違うじゃね〜か!」と







お前、はっきりとドスシエントスゆ〜てたじゃねぇか!



それなのに、ぬぁ〜にがキニエントスだぁ!?



いくらなんでも、そこまでスペイン語がわからないわけがね〜じゃねぇか、こんなとこ来てんだからよぉ!



あぁ!?





ドスシエントスがキニエントスて!?










ドスシエントスがキニエントスて!?!?















ド・ス・シ・エ・ン・ト・スがキ・ニ・エ・ン・ト・スて!!(泣)




















と、まぁこんな感じでな



メキシコでも、オレは普通にボラれてたんだぜ







メキシコに渡る前のまだ日本にいたころには、男のデビュー戦(ひとつ前のブログ参照)で散々な目に遭うし



それでなくても2回に1回はボラれるか、とんでもないおばはんが出てくるわでよぉ



はるばるメキシコまでやって来て、まさかそんな目には遭うまいに思てたら、このザマて・・・







あぁ!?







オレはどうしてこうも、地球規模で風俗運がないんだよっ!?







あ、風俗って書いちゃった(泣)







て、こんな惨めな思い出、思い出させやがって!



貴様ら、先輩にいったいなんてこと書かせるんだ!



え〜!



もう絶対に許さん!



明日は覚悟しとくんだな!



というわけで、皆様乞うご期待
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ヒートアップ



川崎市・とどろきアリーナ大会



18:30start



【井土徹也デビュー戦★かわさき総力戦開幕!〜とどろきアリーナ21年ぶりのプロレス再会!〜】



☆新井健一郎&高梨将弘&LEONA vs 阿部史典&飯塚優&井土徹也










明日は6人タッグではあるけれど、井土っちゅうあんちゃんのデビュー戦の相手をするわけだが





ヒートアップの現場に行くと、知らない顔のあんちゃんがここんとこず〜っといて





あまりにも顔があどけなさ過ぎるからスタッフかと思ってたんだが





どうやらそいつが、明日デビューする井土っていうやつらしい





愛用のガラ携でちょいと調べて、あらためてまじまじと面構えを見てみたら





ほんとにあどけなさ過ぎて、やつの年齢すら調べずに携帯閉じたわ





たぶん、ありゃ両親がオレより年下っていうパターンなんだろうな





いや〜、こういう場面に遭遇すると





オレもそこそこ業界に居座っちゃったんだなぁって、あらためて実感するわ(笑)





まぁ逆に井土のあんちゃんからしてみたら、オレなんてさ





人生で初めて風俗行ったら、いきなり出てきたのがベテラン風俗嬢だった





みたいな感じなんじゃね〜の?





とにかくデビューしたくて、ノープランで飛び込みで入って





お金も余裕なかったんで指名料をケチって、店側に全部任せたら





まったくタイプではない、ガリッ・・・ガリ!のおばはん出てきて





強面のボーイさんの出前、後退りしようにも逃げるに逃げられず





連行されるかのように個室に連れてかれて





結局、あれよあれよという間に・・・・・んあっ!





え?





秒殺?





みたいな(泣)





て、それ、19んときのオレじゃね〜か!





やめさしてもらうわ




















いや、まぁこういうほろ苦いデビュー戦だとね





まだ若いと、なかったことにしたがるというか





メキシコに渡りたてのときも





部屋で同期と、そういう話になって





「デビュー戦?あ〜、高校んときに彼女とね」





なんて、あまりツッコミが入らないようにありきたりな体で誤魔化して、かっこつけてたわ





いや〜、若いといちいちダサいよねぇ(泣)





いやいや、だいたい男のデビュー戦なんてものはだなぁ





あとで芸人と呑んだときに、話芸という武器になるくらいの方がちょうどい〜んじゃ、ボケェ!(号泣)





なんならこのときのことの顛末、全部書いたろか!?




















いや、まぁ書きたいのは山々ですが





オレも一応ね





アイドルレスラーなんでね





セクシャルバイオレット系のな




















で、そのデビュー戦を終えた6年後に、オレはメキシコに渡ったんだけど





その、オレがまだ練習生当時だった合宿所には





某先輩(おそらく相撲出身の方)が、日本からメキシコに持ち込んだ風俗情報誌があって





そこにはなんと





ナース服を着たそのガリッ・・・ガリのおばはんが紹介されてたのよね





時空を越えて





海を越えて





メキシコの合宿所で、デビュー戦の相手と再会するだなんて





ロマンテックが止まりませんでしたわ




















せめて、オレんときもナース服着てくれてたら良かったのに!(泣)





まぁあまりにもガリッ・・・ガリだから、まったく似合ってなかったけれども





なんの話だ、これ?





まぁなんにせよ、デビュー戦というのは





一生忘れないもんですな〜




















つ〜かマジで、なんの話だよ!?(怒)





それよりか、い〜か、てめぇら!





オレのこんなみっともないデビュー戦の話はな





絶対に、誰にも言うんじゃね〜ぞ!





これを読んだ、あんたとオレだけの秘密だからな!





わかったか!




















え〜、というわけでございまして





次回から、当ブログは





無難に、その日食べたものを紹介するブログにする予定です





皆様、乞うご期待





では、また
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ドラディション
 
 
 
後楽園ホール大会
 
 
 
17:00start
 
 
 
☆田村和宏&藤田峰雄 vs 新井健一郎&CHANGO
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この度、私
 
 
 
新井健一郎は
 
 
 
あの!藤波辰爾さんが運営されている団体
 
 
 
「ドラディション」さんの後楽園ホール大会に
 
 
 
出させていただくことになりました〜!(泣)
 
 
 
↓↓↓
 
 
 
 
 
 
ドラディションさんの大会には、今年の7月にも出させていただいたんだけど
 
 
 
そのときは、北海道の江別にある牧場内での興行でさ
 
 
 
試合開始前には、牧場で飼育している馬とレスラーの綱引き大会があったりっちゅう
 
 
 
(ま、オレはヒールサイドに組み込まれていたんで、綱引きにはまともには参加しなかったけど)
 
 
 
どちらかというとそんなイベント色の強い大会でね
 
 
 
 
 
 
 
でも、今回は後楽園ホール大会に呼ばれたときたもんだ
 
 
 
いや〜、これは緊張するねぇ
 
 
 
 
 
 
 
で、オレの予想ではね
 
 
 
ドラディションさんを観に来られるお客様と
 
 
 
ドラゴンゲートを観に来られるお客様って
 
 
 
まったくかぶってないと思うんだわ
 
 
 
てことはな
 
 
 
明日は初めてドラゴンゲートの選手を観るお客様が大半なわけだ
 
 
 
ならば、オレはこの試合で
 
 
 
 
 
 
 
「へ〜!ドラゴンゲートの選手って初めて観たけど、噂通りスピードが半端なくってすっげ〜!」
 
 
 
 
 
 
 
「え!?え!?なんなの?今の飛び技は??は〜・・・これからドラゲー観に行っちゃおうかしら?」
 
 
 
 
 
 
 
と、思わせなければいけないわけよ
 
 
 
で、あらためてポスターを眺めて確認してみると
 
 
 
どうやらそんなに飛んだり跳ねたり系の選手は見当たらない模様
 
 
 
 
 
 
 
ということで、明日のオレは
 
 
 
久々に、飛んだり跳ねたりしちゃうかもしれません
 
 
 
いや、しちゃうかも?ではなく
 
 
 
きっと飛んで跳ていることでしょう
 
 
 
 
 
 
 
いやいや、そもそも今でも出来んのかよ?っちゅう話だけど
 
 
 
久々に学ランでも着たら出来んじゃね〜の?(笑)
 
 
 
 
 
 
 
ま、こんなこと書いといて、実際は着る気なんてさらさらないから
 
 
 
これは完全なる「着る着る詐欺」ってなもんだけどさ
 
 
 
 
 
 
 
ていうか、なんかこういうシチュエーションて前にもあったよな〜って思って思い返してみたら
 
 
 
去年の11月に天龍さんの引退興行に出させていただときが、そうだったんだよな
 
 
 
あのときは、ほんとに文句のつけようのないチケット完売、超満員札止めの両国国技館大会でさ
 
 
 
当然、ドラゴンゲートを観たことがないお客様も大勢いらっしゃったわけで
 
 
 
ドラゲーからただ一人、あの大会に出場していたオレにとっては、まさに
 
 
 
普段ドラゲーを観ないプロレスファンの方に、ドラゲーをアピールする絶好のチャンスだったんだ
 
 
 
 
 
 
 
で、オレはいったいあの日、どんなことをやってたんかなぁと気になったんで
 
 
 
あらためて天龍さん引退興行のときのオレの試合を観てみると
 
 
 
オレが超満員札止めの両国国技館でやった技は、以下の通りだったわ
 
 
 
 
 
 
 
↓↓↓
 
 
 
 
 
 
 
☆殴る
 
 
 
☆蹴る
 
 
 
☆水平チョップ一発(避けられたので未遂)
 
 
 
☆テレビカメラのコードで相手の首を絞める
 
 
 
☆リストロック
 
 
 
☆ブレーンバスター(逆に投げられたので未遂)
 
 
 
☆スクールボーイ
 
 
 
 
 
 
 
以上
 
 
 
 
 
 
 
↑↑↑
 
 
 
 
 
 
 
てめぇ、この野郎!
 
 
 
なんにもやってね〜じゃねぇか!(怒)
 
 
 
このギャラ泥棒が!
 
 
 
は〜〜〜、しょっぱいねぇ(泣)
 
 
 
ダメだ、こりゃ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや〜、こうしてふりかえってみると
 
 
 
40才前後でも、未だにドラゲーでバリバリやっている方たちのスゴさが身に染みてわかるっつ〜か
 
 
 
みんな化け物だよ
 
 
 
そりゃ〜客入るわ!
 
 
 
 
 
 
 
てね、なんだかもう完全に東京どインディーレスラー目線になっとるわけですが
 
 
 
まぁそんな感じで、オレはこれからも
 
 
 
ドラゲー関係者&ファンの眼の届かないところで、ひっそりと
 
 
 
ギャラ泥棒レスラーとして生きていこうではありませんか
 
 
 
 
 
 
 
ただし!
 
 
 
 
 
 
 
ギャラ泥棒するときも全身全霊!全力で!
 
 
 
 
 
 
 
今回も読んでいただき、ありがとうございました
[Web全体に公開]
| この記事のURL

3161件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>