サヨナラ負けが決まった瞬間、テレビを消し、悔しさで何もする気が起きなかった。由伸に6回表中村悠平がタイムリーヒットで0-0の均衡を破る先制点を上げ、この回100球を超える球数を投げさせマウンドから降ろしながら、7回裏奥川が代打モヤに一発を浴び、まさかの同点に追いつかれてしまった。

しかし8回表ヒットの哲人を置いて村上が3番手ヒギンスからバックスクリーンに逆転2ラン。終盤のこの一発はまさに勝利のパターンのはずだった。ところがセリーグのチームとオリックスは違った。1番福田、6番安達、9番若月のように小柄の選手が洗練されている。2回の若月のライトへの超飛球を宮本がフェンスに激突、しばらく起き上がれなかったが好捕。サンタナだったら先制点を許していただろう。厳しいコースは執拗にファールで粘り、ボールは振らない。球をバットの真芯でとらえるのに長けている。8回登板の清水は3,4番の主力を討ち取りながら2死から2人のランナーを出したがどうにか0で抑えた。

2点差で1イニング残すのみ。クローザーマクガフなら大丈夫だろう、という期待ももろくも崩れ去った。マクガフの場合、先頭打者を討ち取った試合と、出した場合で失点率が大きく違う。代打ジョーンズへの四球で無死1,2塁。さらに安達のバント処理をマクガフがサードへフィルダーチョイス。これで流れは完全にオリックスに行ってしまった。無死満塁で曲者宗。こうなると無失点で抑える方が稀である。ワンバウンドするくらいバットに当てるのが難しいボール球スプリットをゴロでセンター前に持って行かれ同点。さらに3番吉田正には高めの甘いストレート。この失投を好打者吉田が見逃すはずはない。前進守備のセンターの頭上を越えランナーは悠々ホームイン。このゲーム吉田は5打席目で初ヒットだったが、4打席目以外は全てバットの真芯でとらえたヒット性の当たり、特に第3打席のセンターフライはあわやホームランという当たり、とにかく三振しないし、奥川のフォークにもバットの芯で球を捉えるコツを心得ているので今後も要注意打者である。勝てる試合を落としたショックは大きすぎる。

しかし冷静になって考えれば大方の見方は山本由伸にヤクルト打線は手も足も出ず、完敗というものだった。ところがフタを開けてみれば予想に反して先取点を取り、6回で100球以上の球数を投げさせ、奥川より先にマウンドから引きずり下ろした。第一打席で三球三振に倒れた悠平の由伸からの先制点を含む2安打は流石に優れたキャッチャーの読みを感じさせるものだった。負けはしたが、十分善戦した試合だった。ただ今日の試合が大事。今日のゲームで勝たなかったら相手の勢いにのみ込まれてしまう可能性もある。その意味で絶対今日は負けられないゲームになる。怪我が心配の宮本だが、支障がなければガッツあふれる宮本を今日も使ってほしい。全員野球で必勝を願う。


[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・先発がゲームをつくれれば勝機あり!
2021年11月23日  [Web全体に公開]
【閲覧中】由伸から先制しながらマクガフが打たれ、悔しいサヨナラ負け!
2021年11月21日  [Web全体に公開]
・日本シリーズ初戦奥川先発の是非
2021年11月17日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。