ヤクルトにとって首位をかけての巨人との非常に大事な3連戦の初戦、コロナからの復帰と戦列離脱による試合勘という面で小川には先発は荷が重かった。ただヤクルト打線もいったん逆転されながらすぐに2回表にベンツを攻めすぐに逆転したあたりは打線に勢いがあったし、意気込みが感じられた。

中盤4回裏ウィーラーや丸に打たれたストレートは142キロ。やはり球威がないストレートでは抑えられない。その回2点を入れられ逆転を許したところで大下に交代。代わった大下は小川が出した2,3塁のランナーを釘付けにし難なく巨人打線を討ち取りさらに5回を三者凡退に討ち取った。変化球の精度がいいときの大下は安定感が抜群。

このゲームの投手交代ミスが勝敗を分けたとすれば、6回だと思う。巨人打線を完璧に抑えていた大下を6回表の攻撃で坂口に代えた。先頭打者元山がアウトになった時点で代える必要はなかった。大下を打たせて6回裏まで引っ張り、7回から今野か大西という勝ちパターンの繋げてほしかった。

結果論かもしれないが、6回裏の坂本の4失点は避けられたはずだ。5回表に巨人はベンツが4-4の同点に追いつかれて満塁になった時点で交代させた。ところがヤクルトは6回裏1死、1,2塁で中島の2塁打で4-5とリードされても坂本を続投させ、満塁にされ吉川の3塁打で走者一掃この回だけで4点失った。この投手交代のミスが響いた。また土のグランドならではのイレギュラーで山田、村上に守備のむづかしいゴロがあったが。


8回表ヤクルトは打線の驚異的な粘りで無死満塁から川端がデラロサに14球粘って根性の2塁打2点をたたき出した。さらに塩見の連打でこの回3点を返し10-8と追い上げた。結果的には最終回一人ランナーを出すもビエイラに抑えられ2点差で惜敗した。2点差まで食下がりながらも負けたのは事実。05差まで迫りながら、再び1.5差に。よくやったではいつまでたっても首位には立てない。この3連戦に勝ち越さねば意味がない。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】投手交代のミスが勝敗を分ける!
2021年08月31日  [Web全体に公開]
・投手陣が踏ん張るも決定打が出ずドロー!
2021年08月28日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。