巨人戦の連続打線爆発はいつのことだったか忘れてしまうくらい決め手に欠く試合が続いている。初回、幸先よく村上の2ランで先制するも、得点はその2点だけ、5回、7回にDeNAの宮崎、佐野の一発攻勢によって追いつかれゲームは2-2のドローに終わった。ちなみにヤクルトの安打数10,DeNAわずか4と安打数では圧倒しながらタイムリー欠乏症に泣いたゲームだった。特に5番オスナ、1番塩見のところでチャンスが回ってくることが多かったが、ボール球に手を出し凡打することが少なくなかった。積極的に打ちに行くのはいいのだが、すぐに追い込まれて誘い球に手を出し空振り、凡打が多くなっている。


一方、先発サイスニードは天候の影響を受けないドームは投げやすかったのか、球威もあり、コントロールもまとまっていて6回被安打3,失点2,9奪三振は十分合格である。このゲームでも宮崎の一発を喰らったが、あの独特なバッティングフォームでタイミングを取り、巨人の戸郷のような打ちづらい投手を攻略する打撃センスは他の打者には真似ができない。奥川は次回の対戦までに攻略法を考えてもらいたい。

今日も上位3チームは全て勝ちはなく巨人、ヤクルトがドロー、阪神が負けている。しかも巨人、ヤクルトはヒット数で相手を圧倒しているのに得点に結びつかず引き分け、阪神も相手よりヒット数で4本優るも1点差で負けている。

DeNAの明日の先発が今永、ヤクルトが原。投手力でやや不利な分、打線に頑張ってもらいたい。前回、新潟シリーズでは奥川が今永に投げ勝ち勝利をおさめたが、原がどこまでやれるかである。巨人も投打のバランスが今一つ、巨人との差がわずか0.5、中日に頑張ってもらい勝って2位の座を。感染から復帰した小川はいつから投げられるのだろう。大事な時期にエース不在は厳しい。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・投手交代のミスが勝敗を分ける!
2021年08月31日  [Web全体に公開]
【閲覧中】投手陣が踏ん張るも決定打が出ずドロー!
2021年08月28日  [Web全体に公開]
・好投奥川 悔しい連続3被弾!
2021年08月28日  [Web全体に公開]
・明日のDeNA戦、奥川に期待!
2021年08月26日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。