昨年に続き日本シリーズで巨人はソフトバンクに1勝もできず4連敗で日本一をのがしている。しかも投打共に完敗である。リーグ優勝を決めたのも夏場までの快進撃の貯金があったためで、最下位のヤクルト戦でやっと優勝が決まったという感じだった。

一方、ソフトバンクの方はロッテ、西武、楽天の2位争いが続く中、ロッテが直接対決で負けて差を詰めることができないまま、あっという間に14ゲーム差でソフトバンクが悠々優勝を決めた。さらにCSでロッテに1勝もさせずに日本シリーズに突入。そのままの勢いで日本シリーズで巨人と激突、昨年の雪辱を手ぐすねを引いて待ってたはずの巨人がフタを開けてみたら投打とも圧倒され、まるで首位チームと最下位チーム戦いを見るような戦いぶりだった。

私の予想では4勝1敗でソフトバンクの優勝と思っていたら、巨人は1勝すらできずに終わってしまった。ソフトバンクが4連覇を成し遂げた足跡を見てみよう。2017年4勝2敗対DeNA 2018年4勝1敗1分け対広島、2019年4勝0敗対巨人 2020年4勝0敗対巨人。ちなみに2015年4勝1敗対ヤクルト。わがヤクルトが1勝しているのに2年続けて1勝できなかった巨人、セリーグ代表として情けなかった。DeNAは2017年2勝しているのを考えるとDeNAが勝ち上がっていたらもっと善戦していただろいうに・・・。

投打ともにソフトバンクが巨人を圧倒した感じだった。バンクが千賀、石川、ムーアという3本柱がしっかり役割を果たしたのに対し、大黒柱の菅野でさえ栗原に4失点しているくらいだ。特に打線に差がありすぎた。巨人の坂本、岡本、丸のクリンナップがそれぞれ214,077、133厘に対し、バンクの柳田429、グラシアル357、栗原500厘という違い、これでは相手にならない。特に巨人の4番岡本が全く機能しなかった。バンクは初対戦の投手でも容赦なく結果を出しているのに対し、巨人は昨年対戦した投手でも打てなかった。バンク打線は基礎ができているから、応用問題でも結果をしっかり出したと言ってもいいだろう。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・田口の好投報われずドロー
2021年04月03日  [Web全体に公開]
【閲覧中】ソフトバンク4連覇!巨人1勝もできず!
2020年11月25日  [Web全体に公開]
・日本シリーズ第二戦 ソフトバンク大勝!
2020年11月22日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。