2020年セリーグペナントレース全日程が終了した。
村上が最高出塁率、清水が中日祖父江、福と共に最優秀中継ぎのタイトルを獲得。村上はホームランと打点で岡本と争ったが、この二つのタイトルを岡本に持って行かれたのは非常に残念だ。それでもいずれも岡本に次ぐ2位だったのはよく頑張ったと思う。前後を打つ打者を最後まで固定できず、強打者がいなかったため、徹底的にマークされ、研究された中でのこの成績は健闘した方だと思うが、前のゲームで2ホーマーだったのに次のゲームでノーヒットということも多く、昨年と比べ打率は格段合アップしたが、内野ゴロも多く打球が伸びなかった印象を受けた。

最終試合に投げた期待の新人奥川については四死球0ということからも攻めのピッチングができていたことは評価すべきだ。それにコントロールで自滅するようなピッチャーでない証だろうが、プロは甘くない。ストライクでは簡単には討ち取れない。いかにストライクからボールになるきわどい球で討ち取るか、それができるピッチャーになってもらいたい。カープの森下のように一年目で2桁勝利、1点台の防御率、即戦力投手は稀だが、無名の選手が大学4年間でここまで育ったのだ。プロは4年間も待ってはくれないが、韓国で行われたU-18代表で見せたあの変化球の切れを磨けばプロ野球でも2年以内には絶対結果を出せるはず。期待したい。

打率1位は佐野(DeNA)、最多安打は大島(中日)
投手部門で最多勝利は14勝の菅野(巨人)、最優秀防御率は大野(中日)最多奪三振も大野、最多セーブはスワレス(阪神)がそれぞれのタイトルを獲得。ヤクルトのストッパー石山は20セーブで3位だったが防御率2.01はスワレスの2.24に勝っていた。

体調不良で欠場が多かった山田の不完全燃焼はヤクルトの夏場以降の最下位陥落の一つの要因になった。またノーヒットノーランを記録した小川がチーム唯一の2桁勝利を上げるも、それに続く先発投手が不在だったこともチームの成績不振につながった。さらに主力捕手が相次ぐ負傷で戦線離脱、盗塁阻止率、打撃面の弱さが課題となった。

山田、小川、石山という投打の中心選手がFA権取得ということで球団側としては破格の条件を出してもこれらの選手を留めたいこともあってか今季の投打共に戦力外通告選手が他の球団とは比較にならないほど多い。非情な現実がそこにある。

ただ3,4億の年棒をもらっている選手が体調不良やけがで成績が残せなかったらその分来季は大幅に削減されてとうぜんだが、FA権行使されては困るので減棒できないのでは、ある程度貢献しながら戦力外になる選手は気の毒だ。その辺は当人への説明を球団側はしっかりしていただきたい。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・日本シリーズ初戦 ソフトバンクが快勝!
2020年11月22日  [Web全体に公開]
・日本シリーズ
2020年11月21日  [Web全体に公開]
【閲覧中】セリーグ全日程終了  村上、清水がタイトル獲得!
2020年11月15日  [Web全体に公開]
・奥川厳しいデビュー
2020年11月10日  [Web全体に公開]
・チーム一丸となって奥川に初勝利を!
2020年11月09日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。