DeNAの平良、大貫に次ぐまた勝野という新たな苦手投手をつくってしまった。前回の阪神戦でも6回被安打4、失点0に抑えたのだから手ごわい相手であることは間違いない。150キロの速球があり、変化球でもカウントを取れるし、コントロールが安定しているのが強みだ。

初回の中日の先取点はサードエラーによるもの、いつも中日のポイントゲッターである周平とビシエドを完全に封じ7回まで中日打線を3安打に抑えた小川の力投にやっと4回表村上のタイムリーで1点を取り、同点にするのがやっと。その中で山田の代わりに2番に入った宮本が勝野から打ったチームの全安打のうち半分の2安打、それも2二塁打と一人気を吐いた宮本にあとが続かなかったのが悔やまれる。

中日でバットコントロールの上手さでは一番の大島がチームの全安打のうち一人で3安打、悪い流れは往々にしてそんなもんだが、8回拙い守備もあり無死満塁の最悪の場面でその大島に打順が回ってきたことが結果的にこのゲームを左右したと言える。ここまで抑えてくれた小川を誰も責めることはできない。相手投手がよかったとはいえ、あまりにも打てなさ過ぎた。

明日はまたまた苦手の梅津が先発、ヤクルトは上がってきたばかりの山中、苦戦を強いられることになるだろうが、同一カード、しかもBクラスの下位球団に三タテは許されないし、負けたらずるずる落ちるだけだ。とにかく勝利を目指して総力戦でぶつかるしかない。健闘を祈る。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・小川 DeNA打線につかまり5勝目ならず!
2020年08月09日  [Web全体に公開]
・大喜プロ初勝利おめでとう!
2020年08月08日  [Web全体に公開]
【閲覧中】小川の好投に打線が振るわず初黒星!
2020年08月01日  [Web全体に公開]
・高橋快投 今季初勝利!
2020年07月30日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。