下位球団とのゲームをしっかり勝って行かないと首位巨人との差が再び3.5に離されてしまった。先発大喜は3回ま無安打、味方が4回表村上の2ランで3-0となり、ほっと油断したのかすぐその裏、先頭打者にこのゲーム初の四球を与え1死、1,2塁から4番ビシエドに長打され2点を返され、1点差とされた。むしろ初回の1点のみだったら緊張感から持ちこたえたかもしれない。大喜は5回勝ち投手の権利を得て、わずか1点リードした形でマウンドを降りた。

ところが中継ぎがピリッとせず同点にされた後、さらに勝ち越しを許し巨人戦に次ぎ、大喜の勝利も再びお預けとなってしまった。それにしても6回マウンドに上がった2番手ピッチャー中澤、3番手の星いずれも期待を裏切る内容だった。どちらもコントロールに難があり、カウントを悪くして打たれる悪いパターンだ。中澤が一死も取れず無死1,2塁で登板した星にチーム一番の得点力のあるビシエド相手という不運もあったが、阪神戦で1点差1死満塁で無失点に抑えた長谷川に比べたら厳しい場面ではなかったので抑えてほしかった。

7回裏上がった久保、一死大島に死球を与えた後2盗を許し、3番高橋にタイムリーを打たれ結果的にダメ押しとなる5点目を与えた。左腕ピッチャーで盗塁を許すのはいただけない。この回から代わった捕手井野の盗塁阻止率を頭に入れた大島の隙のない盗塁だった。甲斐や梅野の捕球からスローイングの速さ、的確さを比較したら一目瞭然。盗塁阻止率が高い捕手は2塁ベースのランナーが滑り込んでくる足元近くに送球している。ヤクルト捕手陣の阻止率の現状は厳しい。よかったのはカープ戦で走塁を刺した古賀の送球くらいしか見ていない。

高橋周平は復帰後初のタイムリーだと言うが、ヤクルト投手陣はこの周平とビシエド二人にこれまで何度タイムリーを打たれているか、私の記憶では相当な確率で打たれているはずだが、全く手の打ちようがないのだろうか。このゲームでも5失点のうちビシエド3、周平1、つまり4失点をしている。とにかく弱点を探し徹底的にマークしないと同じことの繰り返しだ。

ベテランに適度な休養も必要だが今一つ打線につながりが悪い。このゲームでも塩見、村上の2発のホームランがあったが得点はそれだけ。大野も好投手ということもありそうは打てないのは致し方ないが、完投を許したのは詰めの甘さや工夫が今一つ足りなかった感が否めない。今日は打線の奮起で小川のハーラートップ5勝目を!
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・大喜プロ初勝利おめでとう!
2020年08月08日  [Web全体に公開]
・小川の好投に打線が振るわず初黒星!
2020年08月01日  [Web全体に公開]
【閲覧中】大喜 好投しながら中継ぎが打たれまたもや初勝利お預け!
2020年08月01日  [Web全体に公開]
・高橋快投 今季初勝利!
2020年07月30日  [Web全体に公開]
・先発原の好投と村上の逆転2ランで勝利!
2020年07月29日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。