今日の勝因は高橋の好投に尽きる。いかに先発投手の好投が大事かということを改めて感じさせたゲームではなかったか。このカード初戦18安打、20失点を奪われた相手に8回をわずか3安打に抑えた高橋、6回までわずかに1点リードではこころもとない気持ちだったが、それを払拭するようなナイスピッチングで終わってみれば大下と二人で阪神打線を零封していた。

これまで高橋は前回の阪神戦でも5.2回で106球を投げているよにほぼ5回で100球に届いていたが、今日は8回投げ終わった時点で108球、いかにコントロールがまとまり無駄球がすくなかったかという証である。

高橋が投げたゲームは5回までほぼ2,3点で抑えている。これは 4勝している小川より防御率はいい。ところが運に見放され、打線の援護に恵まれなかった。今日も6回までチャンスになかなか味方の援護がなく心配したが、7回裏やっと相手のエラーをうまく得点につなげ4-0としてこれが勝利を確実なものにした。このカード初戦ホームで3エラーがあったのが傷口を大きく広げる結果になった。やはりエラーは攻撃に水を差すことにもなる。

いっぽう阪神先発藤浪、久しぶり見る彼は大分以前のイメージとは異なり、フォークやカットボールを多投し、コントロールがまとまっていたのが意外だった。以前の藤浪は四死球が多く、自滅することがままあったが、今日の藤浪はフルカウントから落ちる球で三振を大分奪っていた。ストライクゾーンから急激に落ちるのかヤクルト打線の三振が非常に多かった。チャンスで村上が三球三振を喰らうなど低めのボール球のフォークやカットボールに手を出す昨年の雑なバッティングに戻った感じを受けたくらい酷かった。

8回満塁から川端のタイムリー、坂口の四球による2点追加がダメ押しとなった。最終回はファームから戻った大下が好投、見事3人をパーフェクトに抑えて高橋の今季初勝利に花を添えた。巨人がDeNAに負けたため再び巨人との差が2.5に迫った。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・小川の好投に打線が振るわず初黒星!
2020年08月01日  [Web全体に公開]
【閲覧中】高橋快投 今季初勝利!
2020年07月30日  [Web全体に公開]
・先発原の好投と村上の逆転2ランで勝利!
2020年07月29日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。