時間がないのに手短に。大瀬良、レグナルトから7点を奪いながら8回まで勝ちパターンの理想的な投手リレーで4点差で最終回の9回、梅野がこの4点を守り切れず7-7のタイで延長に突入。この時点でヤクルトには勝ちパターンの投手はおらず、風張と中尾だけ。乗っているカープ打線を1イニング0に抑えるのは難しい。延長に入った時点で負けが濃厚だった。忘れもしないドームの巨人戦で火祭りに遭った中尾、決勝ホーマーでサヨナラを喰らった鈴木に3-2からフォークがど真ん中に、3打席目からホームランを含む連続3ヒットを打っているバッターに、まさにおあつらえ向きのコースに球がくれば逃すわけはあるまい。四球の方が結果的にはよかったなどの問題ではない。歩かせたとしても、1死、1,2塁。おそらく他のバッターが打つなどしてサヨナラとなっただろう。要するに9回同点にされた時点で勝負はあったようなもの。完全に勝ちゲームを落としてカープに2位に並ばれたのは悔しい。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・最下位DeNAに4連敗 しっかりしろ!
2019年05月19日  [Web全体に公開]
・坂口、バレ復帰も今永を打ち崩せず!
2019年05月17日  [Web全体に公開]
【閲覧中】梅野4点リードを守れず、延長10回サヨナラ負け!
2019年05月15日  [Web全体に公開]
・勝てそうなゲームを落とす!
2019年05月14日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。