両チーム1点を争う死力の投手戦、8回被安打4、残塁5の小川に対し、7回被安打5、残塁7の床田、どちらかといえば小川の方が好投していたが、6回菊池のヒットと長野の2塁打、数少ないチャンスで1点を先制したカープ、その最小得点を床田が7回まで守り、フランスア、中崎の継投でヤクルト打線を0に抑えて先発床田はハーラートップの4勝目を上げた。

今日の小川は初回から気合の入り方が違っていた。まさにこれぞエースというピッチング内容だった。それだけに打線の援護で初勝利をプレゼントしてもらいたかった。天性の守備にも言えることだが、菊池の意外性のバッティングセンスに長野が長打で繋げた1点だった。

小川の気迫は投だけでなく打の方にも表れていた。第一打席の投ライナー打球、そして第三打席の四球。野手が三振、内野ゴロなどなかなか出塁できない中での強い気迫を感じた。

それにしても昨年までファームにいた3年目ドラフト3位の中部大卒の無名投手が、すい星のごとく今季いきなり一軍で月刊MVP候補の4勝とは。一昨日巨人のエース菅野から3連発を放ったヤクルト打線を7回まで0に抑えたのだから、敵ながらあっぱれというべきだろう。

ただ唯一1敗しているのが巨人戦だ。巨人に床田は5.1回被安打6、4失点している。ヤクルト打線が7回0封された床田から初対戦で4点を奪っているところに巨人スコアラーの優秀さと選手の対応力の高さを感じる。

巨人が勝ったため、是が非でも勝ちたかったゲームだった。カープはこれで8連勝で借金完済。チーム打率目下セ界最下位の227厘ながら、このゲームで見せたように少ないチャンスをモノにできるチームのまとまりを感じさせる。それとセ界2位の防御率だろう。

ヤクルトはこれ以上巨人に離されるわけにはいかないし、昨年痛い目に遭っているのでカープにこれ以上連勝を続けさせるわけにはいかない。とにかくカープの連勝を止めたい。高梨の復調を期待したい。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】好投小川を見殺し、初勝利ならず!
2019年04月28日  [Web全体に公開]
・カープの連勝を阻止、小川に初勝利を!
2019年04月27日  [Web全体に公開]

1件のコメント


  1. by on 2019年4月28日 @6時56分

    床田投手は2軍でくすぶっていたのではなく元々期待値の高い選手だったと思います。1年目の春に肘を痛め手術を乗り越え今年出てきてこの成績は素晴らしく羨ましいですね
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。