最後の最後に劇的な山田の3ランによるサヨナラになるとは思ってもみなかっただけに興奮がいまだに覚めないという感じだ。

先発石川が中日打線に2回1点先制され、3回にも追加点を奪われ0-2にされたが、その裏好調西浦、青木の2塁打で1点、さらに山田の2塁打で同点にしてゲームを振り出しに戻すまでは逆転も時間の問題と思った。

ところが4回から7回まで無安打、中日の方はコンスタントにヒットを重ね7安打、さらに8回には両外人を塁に出し、平田などのタイムリーで3点勝ち越し。交流戦大活躍の近藤がG戦に続き今日も3失点、平田には苦手の内角でなく外角を攻めタイムリーを打たれる。中村のリードにも疑問。まあこの3点でほぼダメ押しと見た。

9回抑えの田島に対し無死満塁で好調西浦に打席が回ってきたのもナイス。珍しくこれまで3三振を喫してはいるが、勝負強さは証明済み。追い込まれながらもきっちりタイムリーを放ち土壇場で同点に追いついた。期待された青木は外野フライ。ランナーが3塁だったら犠打になったのだが、仕方ない。

一死で山田、今日2塁打を一本放ってはいるがまだ完全に復調したとは言い難い。その山田がランナー二人を置いて値千金の3ランホーマー。自身初のサヨナラホームランを決めた。昨日と同じように中盤以降は中日の一方的なゲーム展開だっただけに劇的な幕切れになるとは。これでいよいよ借金1とした。

明日から、DeNAに3連勝して神宮に乗り込んでくる阪神、交流戦では楽天に次ぐワースト2だった阪神がリーグ戦でDeNAに3連勝。昨日は16点と今季最多得点を挙げて、深刻な打線不調を復活させた横浜が憎い。好調阪神にここで負けてはあと借金1と迫った勝ち数に水を差すことになる。相手は秋山なので厳しい戦いになるだろうが、明日勝って念願の借金を完済したい。この勢いを明日のゲームにつなげたい。がんばれ、ヤクルト!
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・乱打戦を制し、借金完済、5連勝!
2018年06月30日  [Web全体に公開]
【閲覧中】山田の劇的3ランで神宮劇場に幕!
2018年06月28日  [Web全体に公開]
・ヤクルトの主役は1,2番コンビ
2018年06月27日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。