昨年先発として大車輪で活躍した今永、濱口、石田が今シーズン故障や調整不足からか投手力が今一つのDeNAだが、新人の東や19歳の京山の活躍もあり、目下防御率リーグ一だ。打線がまだ本調子でないため4位にいるが投打のバランスさえ整えばいつでもAクラスに上がる力はある。

ヤクルトは今季のDeNAとはこれまで一番相性がよく5勝2敗と大きく勝ち越している。中日戦とは対照的に昨日、一昨日と先制点がよく入る。ただ中盤の追加点がなかなか入らずこの2試合とも苦戦している。それでも中継ぎ投手陣の粘りで勝利に繋がっている。

昨日のゲームは仕事で見られず、帰宅してからダイジェストで見たがいったんは逆転されながらも延長の末、青木の四球が決勝点となった。久々に見る青木の複数安打だ。フォームが低すぎるという指摘もあるが。そのためか長打が少なくなった気がする。

昨日もソトに2安打されている。長打力もありランナーがいるときは特に要注意打者だ。ラミレス監督がベネズエラ出身ということもあり、中南米ドミニカやプエルトリコ(ソトの出身国)などの大リーグ傘下の優秀な選手の獲得が非常に上手くいっている。それは中日にも言えることだが。白人選手よりハングリー精神が旺盛で野球への取り組みも熱心だし、契約金も安い。

今日は午後から雨になるというので心配だが、試合終了まで本降りにならないことを祈りたい。DeNAはすでに4勝している若手成長株の京山、わがヤクルトはやっと復帰した小川が先発。前回抑えられた点を検証し、対策を十分練って試合に臨んでもらいたい。小川の今季初勝利を!中日の試合結果によっては最下位脱出のチャンスもあるので絶対勝ちたい。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・ファンの応援を力に換えてタカを倒せ!
2018年06月04日  [Web全体に公開]
【閲覧中】小川に今季初勝利を!
2018年05月13日  [Web全体に公開]
・厳しいゲームを制す!
2018年05月12日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。