7回ソトにタイムリーを打たれ、4-3と1点差になったときはどっちに転んでもおかしくないゲームだった。5回まで完全にヤクルトペースだったのが、6回ソトの一発と追加点が入らないいやな流れの中での2点タイムリーだった。

しかしブキャナンは全打点3点をソト一人にやられたわけで、これまでの打線なら完投できていたかもしれない。やはりソト対策を今後しっかりしてゆかねばならないだろう。

1点差と迫られた9回2死満塁で雄平の久々のタイムリーが勝負を決めた。その前に3塁塁審の振ってないのにバットを振ったという判定のハンデを超えてのタイムリーはよくやったと思う。

エスコバー、パットン、砂田という横浜の勝ちパターンの投手陣を出させての勝利は大きな意味がある。特にパットンには昨年全然打ててなかったのだから。この勝利を今日につなげよう。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・小川に今季初勝利を!
2018年05月13日  [Web全体に公開]
【閲覧中】厳しいゲームを制す!
2018年05月12日  [Web全体に公開]
・シーソーゲームを制したのはヤクルト!
2018年05月08日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。