ゴールデンウィーク最終日のカープ戦延長11回シーソーゲームの末サヨナラで勝利を収めた。この日のニッポン放送解説者若松さんがおっしゃっていたが、このゲームを落として対戦成績を2-7敗とするのと勝って3勝6敗にしたのでは大分違う。今季カープに初の勝ち越しを決めたのは大きい。

ヤクルトで今一番当たっている坂口の打順を3番に入れたのが最後に結果を残したのではないかと思う。3回裏0-02死満塁で坂口という場面があった。ここで先制打を期待したが、残念ながら左飛に終わった。九里の好投もあったが、坂口の力みも多少あったのだろう。

まさにチャンスの次にピンチあり、4回表に菊池の2塁打、バティスタの一発で石川が2点の先制を許した。またもや菊池に先制点の口火を切られた。10回にも石山から当てただけという解説者の弁だが、2塁打を放っている。広島のバッターの怖さは決して大振りしてない割にスタンドまでボールをとばす力がある選手が多い。丸が典型だ。彼のスィングが合わせるという感じだが、バットの真芯で球をとらえているから飛距離がすごい。これも高い技術の一つだ。

このゲームのヒーローに3人選ばれた。土壇場9回に同点ソロを放った大引、2割にもみたない打率、不振に悩む川端の同点打を含むこのゲーム初ヒット、そして延長11回見事にサヨナラ2塁打を放ち長い試合にピリオドを打ってくれた坂口。野手を全員使い切りピッチャーの風張まで使っての全員野球の勝利だ。死球でベンチをウォーマーを余儀なくされた青木はベンチに腰を下ろさず味方の攻撃時には立ち上がって声援を送り、野手を使い切った際には自らヘルメットをかぶり代打で出ようとしていたという。その熱い姿勢はありがたいことだ。

今日は福井で中日戦、天気が心配だ。直接対決で勝って最下位を脱出したい。前回KOしながら勝ち試合に持っていけなかった柳が先発、今度こそKOして勝利を。今最下位にいる要因がまさしく5位球団に1勝5敗という成績が物語っている。この北陸シリーズは何が何でも連勝を願う。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・厳しいゲームを制す!
2018年05月12日  [Web全体に公開]
【閲覧中】シーソーゲームを制したのはヤクルト!
2018年05月08日  [Web全体に公開]
・ベストの翌日はワーストゲーム
2018年05月06日  [Web全体に公開]
・ブキャナン好投とのびのび野球の勝利!
2018年05月05日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。