昨日は仕事で帰宅してからゲームの結果を知った。ネットで8-0という試合結果をみたとき、この点差からして勝ったのは広島の方だと思った。しかしよく見ると勝ったのはヤクルトだったのだ。強打線が看板のカープ相手に8-0のワンサイドで勝利とは驚きと同時に大きな喜びが込み上げてきた。

ヤクルト投手陣の中で今季最初の完封を果たしたのは開幕投手のブキャナンだ。首脳陣の信頼も厚く、昨年バレが退場事件を起こしたときもバレを制止したブキャナンを見て彼の人間性を見て感心した。

やはり投手の安定がいかに大切かをこのゲームは改めて感じさせる。先発陣の早い回のKOはリリーフ陣の継投に頼る形になり負け試合に繋がりやすい。せめて7回くらいまで先発が持ちこたえてくれれば・・・。連敗していたときのヤクルトは投手交代が目まぐるしかった。

先発が左のエースジョンソンということで厳しい投手戦が予想された。しかしブキャナンの安定した投球内容と味方の序盤の3点先制は大きな力となった。巨人、中日戦の重ぐるしいゲーム展開と打って代わり、バスターを見事に決めるなど思い切りのいい動きが目立った。まさに久々に見たヤクルトののびのび野球だ。

巨人の連勝をあっさり止めてしまう逆転劇を看板にする強力打線が売り物の広島打線、3点をひっくり返すくらいワンチャンスなので油断は禁物。その強力打線を0に封じたのだからいかにブキャナンが好投したかがわかる。しかも四死球0で。

勝利を確実なものに変えたのが8回の代打荒木だった。前夜中日のストッパー田島から内角の厳しいコースを腕をたたんで掬いあがるようにしてレフト前に運んだ技ありの荒木の掬サヨナラ打に続き、このゲームでも8回裏に代打で登場し、試合を決定づける満塁弾を放ち連夜のヒーローとなった。

今日の先発は梅野と大瀬良。前回登板の巨人戦ではワンアウトを取れず四球とヒットで6失点献上するという散々の出来だったが、首脳陣がファームに落とさなかったのは期待感の表れだろう。問題は制球力、前回の反省を生かし、首脳陣にアピールするチャンス到来と思い、硬くならず打者一人一人に丁寧に向かっていってもらいたい。それには打線の早い回の援護が不可欠だ。昨夜のようにホームらしくエラー0でのびのび野球を心掛けカープにぶつかっていってほしい。攻守に対応力に優れた、手ごわい菊池にかき回されないよう要注意!

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・シーソーゲームを制したのはヤクルト!
2018年05月08日  [Web全体に公開]
・ベストの翌日はワーストゲーム
2018年05月06日  [Web全体に公開]
【閲覧中】ブキャナン好投とのびのび野球の勝利!
2018年05月05日  [Web全体に公開]
・残塁の山、5位球団に開幕5連敗!
2018年05月02日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。