これだけチャンスをつぶしていれば、勝利の女神にそっぽを向かれ相手に流れはいってしまうのも無理もない。先頭打者を出しながらも得点に結びつけられないつながりの悪い打線、最悪効率の悪いゲームの見本である。

しかも肝心なところでのエラーが敗戦に結びついているのは毎度のこと、雨でグランドの条件が悪いのは相手も同じ、しかも中日はドームがホーム球場、屋外がホームのヤクルトよりずっとハンデはあったはずなのにヤクルトの選手はホームでこけている。これでは勝てるわけがないだろう。

5位球団に開幕から5連敗するようでは勝てるチームを探すのが難しい。四月のことは忘れ、5月から心機一転ホームで新たな気持ちで開幕ゲームのつもりで頑張ってほしい、と思っていたが、そんな生易しいチーム状態ではなさそうだ。

日本人監督が代わる度に投手陣の整理を課題にしたが、うまくゆかず例年Bクラスに甘んじていたDeNAを覚醒させたのがなんと選手とのコミュニケーションに課題があるといわれたラミレス監督だった。

昨年、ぶっちぎりの強さで優勝した広島に唯一勝ち越したDeNA、そして3位からCSに出場しペナントを制した広島を倒して日本シリーズに出場、ソフトバンクには敗れ日本一にはなれなかったが3位から日本シリーズに出たのは初であり、素晴らしいとしか言いよういがない。例年課題だった投手陣をスカウト陣の協力で優秀な新人を次々育て上げ、定評のある打線が投手陣をバックアップし投打のバランスが抜群のチームを作り上げたのが成功の要因だろう。

真似をしろというのではなく参考にすべき点は今のヤクルトにたくさんあると思う。時間がかかるだろうが、とにかく投打のバランスががっちり噛み合った強力チームを作ることだ。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・ベストの翌日はワーストゲーム
2018年05月06日  [Web全体に公開]
・ブキャナン好投とのびのび野球の勝利!
2018年05月05日  [Web全体に公開]
【閲覧中】残塁の山、5位球団に開幕5連敗!
2018年05月02日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。