ここまで6連勝しているチームと1勝を上げるのに四苦八苦しているチームの勢いの差といえばわかりやすいかもしれないが、5回表で4点差あっても勝てない、ヤクルトの今の守りと投手陣、がっかりだ。

1回表のバレの3ラン、そして5回表の荒木のタイムリーと山田の3ラン、これで7-3の4点差。これでも勝てないのだ。7回裏の6点献上はひどい。守備固めなのかなぜあそこで病み上がりの決して守備に定評があるわけでない大引きをサードに入れたのか???なぜ近藤をあれだけ引っ張ったわけ???結果論とはいえない疑問がわいてくる。

廣岡に対する死球を「故意に肘を出した」と判定した主審もひどい。怪我の危険を冒してまで故意に当たろうとするはずはないだろうし、映像をみれば明らか。

ストレートに自信があるからとはいえ、ストレートに強いゲレーロとマギーに真っ向からストレート勝負の風張、「押す」だけでなく「引く」ことも学習しないと。

自宅でテレビ観戦していてもヤクルトファンにはショックの大きいゲーム、観戦に出かかた人は帰路の足は鉛のように重たかったに違いない。とにかく今日こそ巨人の連勝を何が何でもストップさせなくては。健闘を祈る。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】中盤4点リードでも守り切れない投手陣!
2018年04月30日  [Web全体に公開]
・菅野に完敗!
2018年04月29日  [Web全体に公開]
・敵地東京ドームで巨人3連戦!
2018年04月27日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。