昨日のデーゲーム先発石川が中盤5回に阪神打線に連打を浴び、0-7となった時点でこのゲーム勝負は決まった。打線が好調ならまだ回は浅いので期待が持てるが今の連打が望めない打線ではせめて先発が4点で抑えてもらわないとこういうゲームになってしまう。石川の生命線であるタマのキレ、コースの投げ分けが甘くなると相手の餌食である。

ナイタ―ならまだしもデーゲームでこういう一方的なビハインドゲームを球場で見せられるのは辛いもの、球場に足を運んだヤクルトファンの人たちにはお疲れさま、と言いたい。

ということで完敗ゲームを細かく振りかえって見ても仕方ないのでこのゲーム藤浪の打たれた4安打中3安打を打ち、孤軍奮闘した雄平と藤浪のデビュー戦について触れてみたい。

2013年3月31日藤浪は神宮球場の対ヤクルト3戦目にプロ初登板している。ハタケのタイムリーで先制を許し、6回には雄平のソロホーマーで2点目を与え、6回被安打3、失点2で負け投手になっている。

昨日の試合前、藤浪のデビュー戦かははっきり覚えていないが、以前雄平が藤浪からホームランを打った記憶が頭の片隅に残っていた。昨日の藤浪に3打数3安打というのは決してまぐれではなかったわけで、おそらく雄平にも藤浪に対する自信のようなものがあったはずだ。そうでなくてはどこに投げてくるかわからない荒れ球投手の藤浪からこれだけの結果を残せるはずはないだろう。

ホーム球場でワンサイドゲームで負けるのは屈辱だ。唯一、唯一その悔しさを軽減してくれたのは雄平の藤浪に対する孤軍奮闘のバッティングだった。

他球場では3試合とも先制をしながらカープ打線の勢いを止められず
最下位中日が3連敗したため、どうにか最下位転落を免れているが、中日打線はヤクルトよりはるかに勢いがある。今日から始まるDeNA
戦に負け越すようなことがあれば、すぐに最下位転落も有りうる。今日は由規の復帰戦を打線の最大限の援護で飾ってやって欲しい。


[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・小川4勝、小柄コンビの活躍で4連勝!
2017年05月21日  [Web全体に公開]
・樹里今季初勝利おめでとう!
2017年05月19日  [Web全体に公開]
【閲覧中】雄平 藤浪に孤軍奮闘!
2017年05月05日  [Web全体に公開]
・天の女神も味方した小川の完封勝ち!
2017年04月22日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。