昨夜は仕事帰りに神宮へ応援に行ってきた。前回の広島戦に次ぐ神宮二度目の観戦でいずれも勝ち試合を見られたのは幸いだ。しかも目下セリーグ1,2位のチームに。しかし、昨日までの11勝のうち神宮で勝ったのが9勝、如何に内弁慶かということが分かる。ホームで強くないと客を呼べないというが、ビジターでもう少し頑張ってもらわないと。一昨年優勝したときの打率、打点タイトルを獲った川端、ハタケが今故障ちゅうだというのもその要因だ。川端やハタケがいたら完封負けはもっと少なかっただろうというゲームもあった気がする。

初回、阪神1番の高山に2球目をいきなりバックスクリーンに叩き込まれて先制されたときは防御率もよく、安定感のあるブキャナンが、と唖然としたが、その後はよく粘りのピッチングで7回をその1点によく抑えてくれた。

しかし、昨夜のブキャナンは今一つコントロールに苦しんだ。ピッチャーの秋山にストレートの四球を与えたりフルカウントにする場面も少なくなかった。ただ3,4,5番の中で一番振れている糸井以外は、特に福留を完璧に抑えたのが勝利の要因の一つだ。3回1死満塁の場面で福留をショートゴロ併殺に抑えたのが勝敗の一つの分かれ目だったのでは。そのくらい秋山のコントロールは安定していたし、ブキャナンよりまとまっていた。

このゲームの打のヒーローは谷内だが、いずれも得点のお膳立てをしてくれたのは中村悠平だった。2回谷内のタイムリーで同点の足がかりをつくった2塁打、7回勝ち越しとなる要因をつくった3塁打、そして8回の追加点2点を上げるチャンスをつくった絶妙なバント、それが谷地の3打点に結びついている。

ブキャナンが試合が終わった後、中村にしばらく抱きついていたのはリードもさることながら、7回表でマウンドを降りた時点ではまだ自身の2勝目は決まっていなかった。決勝点となる3塁打をノーアウトで叩き出した好守の女房に依るところがそれだけ大きかったということだ。

山田の方は今日も会心の当たりは見られなかった。3打席目の内野フライは阪神の内野手のお見合いによるラッキーなヒットとなったがあれは完全に譲り合いエラーである。ゴロが2つ、ポップフライが2つ、ライナー性の打球は全くなし。巨人戦でBSフジの解説者が言うには、バットのヘッドが下がっているため軌道が最短でバットに球が当たってない、と。王貞治氏などは荒川コーチの日本刀を使ったトレーニングでダウンスゥイングの方がボールが飛ぶし、ポップフライになることが少ない、と言っている。今の山田はバットのヘッドが下からややアッパー気味に出ているからああいうポップフライが多くなるのでしょう。メンバーから外さなくとも、クリンナップに置いておくのはゲームの勝敗を左右するだけに再考の余地があるのでは。下位打線を打たせ楽な気持ちで復調させるべきだと思う。

今日も連勝を願う!
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・樹里今季初勝利おめでとう!
2017年05月19日  [Web全体に公開]
・雄平 藤浪に孤軍奮闘!
2017年05月05日  [Web全体に公開]
【閲覧中】影のヒーローは間違いなく好守に活躍の中村悠平
2017年05月03日  [Web全体に公開]
・天の女神も味方した小川の完封勝ち!
2017年04月22日  [Web全体に公開]
・投手陣の盤石リレーでカープに勝利!
2017年04月22日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。