今日のゲームは嘆いたり、大喜びしたり、ハラハラさせられたり、とにかく最後まで大波乱のゲーム展開だった。それにしても7回まで11-1と楽勝ムードが8,9回で7点返され、バーネットまでつぎ込む羽目になろうとは・・・。野球は下駄をはくまで分らない。最後まで油断してはいけないという教訓をヤクルトナインは今回身を以って体験したことだろう。

コントロールに苦しみ、塁上を賑わしながらもタイムリーは許さない粘りのピッチングの館山、いっぽうコントロールはいいのだがことごとくヒットされ、塁を埋めてはタイムリーを打たれる古野、どっちいいかといえば当然前者だが、守る方の野手としては攻撃のテンポは悪くなるのは間違いない。

ところが今日の館山はピッチャーとしてより打者としての働きの方がはるかに評価されたはずだ。野手陣が3回までボール球に手を出したり、早打ちで一人も塁にでることができない中で3回表チーム初ヒットを自ら放ち、さらに4回表前の打者中村が敬遠されると、岩崎の内角低め難しい球をスタンドまで放り込む3ランホーマーを放ち、この回だけでビッグイニングとなる7点を奪った。

無死満塁で雄平、ミレッジが凡退し、絶好の得点チャンスで1点も入れることができなかったら、ますます岩崎のペースになっていたところだったが、大引が2死から走者一掃の3塁打を放ち久々の大仕事をしてくれた。ピッチャーが右腕だったら断然今代打として一番頼りになる今浪をスタメンに使って欲しいと思っていただけに、大引のこの活躍は互いのレベルアップになるという意味でよかったと思う。

7回まで11-1と10点差があれば、負けている方はほぼ諦めるのが普通だし、勝っている方も楽勝と思うだろう。この点差からベンチが出したのが先発から中継ぎに転向した古野、コントロールはいいがランナーをためてはタイムリーを打たれ、1イニングも持たずに3点を献上、さらに9回に登板した久古も同じパターンで1イニングも持たずに4点を献上し、気づいたら10点差がわず3点差の11-8、結局最後は守護神バーネットの力を借りてやっとゲームに終止符を打った。

明後日から北陸に移動して大事な巨人との2連戦がある。そのためにずっと一人でマスクをかぶり続けてきた中村を大差がついた今日くらい早目に休ませようとのベンチの考えで8回から代わった田中雅との駆け引きが巧く合わなかったのもあるだろうが、8,9回の7点はあまりにも情けなさ過ぎる。阪神との大事なゲームに勝ち越せたのは大きいが手放しでは喜べない後味の悪いゲームだった。



[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・負けられない戦いが続く!
2015年09月05日  [Web全体に公開]
・ボレダ同様しっかりジョンソン対策を!
2015年09月03日  [Web全体に公開]
【閲覧中】楽勝ムードが・・・
2015年08月30日  [Web全体に公開]
・藤浪に完敗、しかし絶対諦めるな!
2015年08月29日  [Web全体に公開]

1件のコメント


  1. by若虎大好き on 2015年8月31日 @22時12分

    古野だべ?
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。