初回、ヤクルトが幸先良く1点を先制するも、その裏阪神にあっさり追いつかれ、その後はランナーさえほとんど出ず阪神に押され気味のまさに今日の天気のような重苦しい展開、それでも5回まで失点1に抑えてきた石山が、6回裏2死ランナー1,3塁で伏兵藤井に粘られた末9球目をレフト前に運ばれ、1-2と勝ち越された。石山は6回7安打を浴びたが、阪神のクリンナップを福留のヒット1本に抑えたのが大きい。

7回ヤクルトの攻撃があっさり3者凡退に終わったときは、僅少差の1点ながら返せる雰囲気ではなかった。8回表その重いムードを破る口火を切ったのが、昨日のゲームで一人複数安打を放って気を吐いた代打今浪のこの回の先頭打者ヒットだった。ピッチャーに向かって半身のスタンスから腰の回転でスゥイングする。真芯でボールをとらえれば飛距離は伸びる。

なぜ今浪を先発で使わなかったのか理解に苦しむ。今浪は3ボールのあと、2ストライクまで平然と見逃している。この余裕と自信はどこからくるのかと思うくらいだ。メッセにしたらこういうバッターが一番厄介なバッターだと思う。逆に雄平にようにボールでも何でも初球から振ってくるバッターはすぐに追い込めるので大助かりだろう。先発メンバーがヒット1本打つのに四苦八苦しているのに代打で出てきて好投手からあっさりヒットを打ってしまうのだから凄い。このゲームの影のヒーローはまさしく今浪だ。

メッセにしてみればこのまま完投ペースで来たのが、ここにきて焦りを感じただろう。比屋根の犠打で得点圏にランナー置いて川端が2塁打を放ちまず同点、さらに山田の3塁打でついにヤクルトが3-2と勝ち越しを決めた。3ゲームヒットなしだった山田が3打席目のヒットでふっきれたのか、9回にも2ランを放ち一気にスランプから脱出。ここで福原にピッチャー交代したが、ヤクルト打線の勢いは止まらず、雄平の犠打、代打ユウイチのタイムリーなどでこの回5点を入れ6-2と大逆転。

9回表にも今浪が2打席連続ヒットを放ち、そのあと山田の2ランがとびだし8-2とゲームをほぼ決定づけた。その裏徳山が上本に2ランを浴び8-4とされたが、4点差をつけて逃げ切った。序盤から予想もできないゲーム展開となったが、ヤクルトの劣勢を覆しての1勝は大きい。連敗で4ゲーム差になるのと、勝って2ゲーム差に戻すのでは雲泥の差である。この勝利をぜひ明日につなげ、どうにかゲーム差1にしたい。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・ボレダ同様しっかりジョンソン対策を!
2015年09月03日  [Web全体に公開]
・楽勝ムードが・・・
2015年08月30日  [Web全体に公開]
【閲覧中】逆転の口火を切った今浪、川端の同点打、山田の決勝打、見事な逆転勝利!
2015年08月29日  [Web全体に公開]
・藤浪に完敗、しかし絶対諦めるな!
2015年08月29日  [Web全体に公開]

2件のコメント


  1. by若虎大好き on 2015年8月30日 @10時28分

    凄い試合でしたね(^-^;
    今日は岩崎と館山。
    名前だけだったらヤクルト有利ですけど岩崎、最近のってますし館山は涼しくなってきたナイターでどうでるか注目ですね。
    怪我は大丈夫なんですよね?

  2. by白つばめ on 2015年8月30日 @13時18分

    一週間前の中日戦館山はコントロールが不安定で3回で降板、今回はどれだけ修正出来ているかがカギでしょう。

    岩崎は前回神宮で負けているので、今回はしっかりお返ししたいところ。いずれにせよいいゲームを期待したいですナ。
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。